Home / Apple / iPhone / iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法

iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法

PDF閲覧以外に、文書、写真、ウェブページなど、なんでもPDFに変換もすることができるアプリです。

PDFファイルに変換する際は、レイアウトも自由にでき、作ったPDFはクラウドで保存することができるため、スマートフォンの容量を圧迫しません。

日々情報収集などしている中でウェブページなども何でも変換できるのはビジネスマンにとって非常に役立つアプリです。

閲覧だけでなく、変換し印刷などして、インプット・アウトプットしていきたい方向けのPDF Converter:Documents To PDFアプリです。

Adobe Acrobat Reader

容量無制限のクラウド上で本格的な写真加工なども楽しめるアプリです。

PDF閲覧だけでなく、撮った写真や動画をクラウド上で保管・共有することができます。

クラウド上のデータはスマートフォンからでもパソコンからでも保管・共有できます。

通常のクラウドストレージとは異なり、データ保管容量が無制限に利用できる点が最大の魅力です。

容量を気にすることなく、クラウド上でのデータ管理が可能で、容量の大きいデータを扱う方にオススメのアプリです。

ユーザーインターフェースもアンドロイド端末のデザインに対応しており、画面上部のアクションバーから、ファイルの移動や名前の変更、コピーやアップロードなどの操作を行うことができます。

PDF以外のファイルからPDFを作成したりすることも可能です。

Google PDF Viewer

Google PDF Viewerアプリは、ダウンロードするだけで、PDFファイルを開けるようになります。

ネット検索していてPDFなどが出てきても、全て閲覧することができます。

他のPDF閲覧アプリに比べて非常にシンプルで使いやすくなっています。グーグルが作ったアプリなので、アンドロイドスマートフォンとの相性もバッチリです。

シンプルなPDF閲覧アプリを利用したい方は、Google PDF Viewerが良いでしょう。

PDF Viewer

ファイル名から中身が推測できない場合は、サムネイル画像でチェックすることができます。

本棚に本をモチーフとしたサムネイルが表示されるため、分かりやすく、オシャレなデザインです。

アプリを起動すると、最初に本棚が表示され、そこには各PDFの1ページ目がサムネイル化され、本のように並んでいます。

わざわざ中身を確認しなくても、中身の検討をつけることができます。

サムネイルでも中身の判別が出来ない場合は、キーワード検索もできるようになっている、非常に使いやすいデザインのPDF閲覧アプリのPDF Viewer。

OfficeSuite+PDF Editor

マイクロソフトのオフィスソフトにも対応しており、ワード、エクセル、パワーポイント、の閲覧・編集も行うことができ、PDFの閲覧も可能な万能アプリです。

仕事などで、ワードやエクセル、パワーポイントなどを利用されることが多い人は、通勤時間などに資料作成することもできます。

小型キーボードなどがあれば、ノートパソコンさながらの作業ができます。閲覧も作業も行いたい方にオススメのOfficeSuite+PDF Editorアプリです。

PDFリーダー

本棚からPDFを選び、使い心地抜群のPDFリーダー。1ページを本棚にサムネイル表示するため、すぐにどれがどれか分かりやすいデザイン。

明るいところでも見やすいように白黒反転することができるようになっています。

文書内の単語検索機能も付いておりスピーディに探すことができます。他のPDF閲覧アプリとできる内容はほぼ変わりませんが、非常に分かりやすく使いやすいユーザーインターフェースが特徴です。

本棚に1ページ目のサムネイルが表示してあるため、非常に分かりやすく、前に見たファイルをもう1度開きたい場合も簡単です。

白黒反転や検索機能、デザイン性とユーザーインターフェースでは、ピカイチのPDF閲覧アプリ、PDFリーダーです。

PDFなどのファイルをダウンロードする方法

次に、PDfファイルを、iphone内にダウンロードし、保存する方法をウェブサイトから保存する場合と、メールアプリから保存する場合の2点に分けて紹介していきます。

ウェブサイトのPDFファイルをダウンロード・保存する方法

iPhoneのSafariを開き、ウェブサイトなどにあるPDFファイルを表示します。

SafariでPDFを表示している画面をタップします。画面上に表示される【専用アプリで開く】をタップすると、その指定アプリ内に保存したり、閲覧したりすることができます。

別のアプリに保存や閲覧を行いたいような場合は、画面左上の【次の方法で開く】をタップします。すると、対応しているアプリ一覧が表示されますので、希望のアプリを選択します。

メールに添付されたPDFを保存するダウンロード・保存する方法

メールアプリを開き、PDFが添付されたメールを選択します。

PDFが添付されたメールが表示されたら、PDFをタップしてダウンロードを表示します。

画面右上のアクションアイコンをタップし、希望のアプリを選択します。

すると選択したアプリ画面に切り替わり、PDFが表示されます。

既にPDFは指定のアプリ内に保存されていますので、いつでも、閲覧することができます。

別のアプリに保存や閲覧を行いたいような場合は、画面左上の【次の方法で開く】をタップします。

すると、対応しているアプリ一覧が表示されますので、希望のアプリを選択します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法について紹介しました。

頻繁でなくても、PDFファイルのやりとりをおこなったり、気になるウェブサイトの情報がPDFでしかた閲覧などできなかったり、またそのPDFを探す場合に、保存しておかないと面倒に感じたりなどする場面は多々あったと思います。

PDFの閲覧だけであれば、SafariでもGoogle Chromeでも行うことができますが、大事なPDFファイルなどを保存することはできません。

保存することにより、いつでも必要な時にスピーディに閲覧することやプリントすることができるようになります。

専用アプリをインストールしておくだけで、それらが可能になりますので、そこまで普段PDFファイルを扱わない方も、専用アプリ1つはインストールしておいても損はないでしょう。

さらに、アプリによっては(iBooks,easyPDFなど)、PDFの編集や、ウェブサイトの記事からのPDFの作成も行うことができるものもあります。

アプリでiphoneでもPDfを使いこなして、生活やビジネスをより便利なものにしてみてはいかがでしょうか。

iPhoneでPDFファイルを扱えるようになると、スキマ時間でも仕事の書類を確認したり本を読んだりすることができるので、忙しいビジネスマンの方も、本記事を参考にして頂きながら使いこなして行って頂ければと思います。

 

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone 音楽を転送する方法

好みの転送方法はどれ?iPhoneに音楽を転送する方法3つ

パソコンからiPhoneへの音 …

Facebookでのご購読が便利です。