Home / Apple / iPhone / iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法

iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法

①パソコンからiTunesを起動させます。iTunesをインストールしていない場合は、Appleのホームページを通してiTunesをインストールします。
②iTunesの画面の【Store】メニューから【Apple IDを作成】を選択して、【続ける】をクリックします。
③利用条件及びプライバシーポリシーを確認し、問題なければ同意します。
④入力フォームに必要事項を入力します。入力したメールアドレスが、新しいAppleIDになりますので、普段使うアドレスを入力しましょう。また、セキュリティ質問などの項目もありますので、本人確認のために指定しましょう。フォームの入力が完了したら、【続ける】をクリックします。
⑤次に、決済に使うクレジットカードと請求先情報を入力します。これらのクレジットカードなどに関しては、商品を購入して始めて課金されます。【続ける】をクリックします。
⑥アドレスの確認をします。入力したメールアドレスにAppleからメールが届いていますので、そのメールを開き、手順に沿ってアドレスの確認作業を行います。この確認作業が終われば、入力したApple IDが利用できるようになります。

Apple IDを忘れた場合の対処法

「別のメールアドレスを試す」
多い人だと1人で3〜4つものメールアカウントを持っており、Apple IDに登録したアドレスではないものを入力しているかもしれません。まずは、自身の持っているメールアカウントを1つずつ試してみましょう。

「Apple製デバイスで確認する」
既にサインインしているデバイスがあれば、AppleIDを表示することができます。iPhoneの場合だと、【設定】アイコンを開き、【App&iTunes Store】をタップします。もしくは、【設定】を開き、【iCloud】や【FaceTime】などを開いても、サインインしている場合は、Apple IDが表示されます。

「以前の購入履歴を確認する」
以前にiTunesStoreで何か購入したことがある場合は、購入の際に使用したアカウントを調べることができます。方法としては、iTunesを起動し、以前購入経験のあるコンテンツをクリックします。次に【ファイル】→【情報を見る】を選択し、【ファイル】タブをクリックします。【購入者】に、該当コンテンツを購入時に使用したApple IDが表示されていますので、確認します。

「Apple IDアカウントページで確認する」
Appleのホームページに、Apple IDのアカウントページがあるので開き、下部にある【Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?】部分をクリックします。次に、Apple ID入力画面になりますので、【Apple IDをお忘れですか?】をクリックします。名前、メールアドレスを入力すると、別のアドレスを入力できるようになります。

まとめ

今回は、iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法について紹介しました。Apple IDがあるだけで、各Appleデバイスを最大限活用することができます。ただ、1度サインインすると、しばらくは再度入力する必要がありませんので、AppleIDやパスワードを忘れてしまうこともあります。必ずAppleIDとパスワードは別のものに忘れないように留めておきましょう。また、他のサービスと同じパスワードや、生年月日などの分かりやすいパスワードは極力避けるようにしましょう。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhone SIMなし警告 対処方法

iPhoneにSIMなし警告が表示されるようになった場合の対処方法

iPhoneを使用中にメールが …

Facebookでのご購読が便利です。