Home / デザイン家電 / 冷蔵庫・冷凍庫 / 一人暮らしに最適な冷蔵庫は?購入時押さえておきたいポイント3つ

一人暮らしに最適な冷蔵庫は?購入時押さえておきたいポイント3つ

タイプ別おすすめの冷蔵庫4選

ここでは、「自炊」と「外食」、二つのタイプからそれぞれおすすめの冷蔵庫をご紹介していきたいと思います。

前述したとおり、どちらのタイプでも、容量についてはできるだけ大きいものを選んでいます。

 

1:自炊型のタイプ

自炊型のポイントとして特に重視したのは、冷凍スペースの容量です。

自炊する人にとって、冷凍スペースは製氷やアイスの保存だけでなく、日々の食材などをストックしておく場所としてなくてはならないところです。

30リットル程度ではすぐに満杯になってしまうので、サイズとしてはそれ以上のものが望ましいといえます。

・自炊初心者におすすめ「AF156-WE アイリスオーヤマ」

価格:36,980円~

容量:156リットル(冷凍:45リットル)

サイズ:48×126.6×59.5(㎝)

電気代:8,100円/年

自炊を始めたばかりの初心者でも困らないよう、基本的な機能は一通り揃っている逸品。

ドアポケットには2リットルペットボトルが3本収納可能。本体のガラス棚や卵ケースなどは取り外し可能で、自分の使いやすいように調整ができます。

耐熱天板、自動霜取り機能を装備。LED庫内灯がついているので、庫内の確認がしやすくなっています。

・本格的に自炊するなら「SJ-D23D-S シャープ」

価格:67,844円~

容量:225リットル(冷凍:61リットル)

サイズ:54.5×156×62.5(㎝)

電気代:8,235円/年

大容量の冷凍スペースに加え、野菜室としても使える2WAYフレッシュルームを冷蔵室に装備。

2リットルペットボトルが4本入る大型ドアポケットは、調味料などもたくさん入れられて整理整頓に便利です。

自動霜取り機能はもちろん、ニオイや雑菌、カビを抑制するナノ低温脱臭触媒、お掃除がしやすいガラストレーなど、日頃のお手入れも楽々こなせる冷蔵庫となっています。

 

2:外食型のタイプ

外食型でも、基本的な機能は自炊型に準じたものとしました。

よく、飲み物程度が入るぐらいの小ぶりなもので十分との話を聞きますが(一応「番外編」としてそれに対応するような機種も入れてありますが)、実際にはそれだけでは足りなくなる可能性は十分あると思います。

それなりの容量(ただし自炊型よりは控えめに)や必要な機能は確保し、ある程度小回りもきくようなタイプのモデルを選びました。

・コンパクトながら霜取り不要、自炊転向にも対応可「UR-FG110J ユーイング」

価格:28,500円~

容量:110リットル(冷凍:40リットル)

サイズ:47.9×108×53.6(㎝)

電気代:9,990円/年

110リットルとコンパクトなサイズながら、冷却に「ファン式」を採用した稀少なモデル。その分電気代が高くなっているところはありますが、自動で霜取りしてくれるので非常に便利です。

大容量冷蔵室もさることながら、2リットルペットボトル2本が入る2段式のドアポケットに40リットルもの冷凍スペースと、後々自炊型に転向せざるを得なくなっても十分に使えるスペックの冷蔵庫になっています。

・番外編:帰って寝るだけ「JR-N47A ハイアール」

価格:10,260円~

容量:47リットル

サイズ:43.9×51.2×47.3(㎝)

電気代:3,726円/年

外食型は前述のUR-FG110で十分だと思いますが、なかには「大きすぎる」「外食のみでほとんど部屋には寝に帰るだけ」といった方もいらっしゃると思います。

本当は冷蔵庫はいらないかも、と思われてる場合も加味して、あっても困らない程度の大きさと限定機能のモノを「番外編」としてあげておきます。

小さいながらもドアポケットがついていて、2リットルのペットボトルが収納できます。また、本体部分の棚を取り外せば、より大型の(一升瓶)も収納することが可能です。

冷凍スペースは製氷できる程度の小さいもので、アイスや冷凍食品の保存などはできません。

また直冷式のため、霜取りの作業は定期的に行う必要があります。

まとめ

今回は一人暮らしで使う冷蔵庫についてご紹介してきました。

購入するうえでチェックしておきたいところは

・自分の生活スタイル(自炊?外食?)

・設置場所

・耐熱天板や霜取りなどがついているか

・電気代

・容量

です。

自分の生活スタイルは必ずしもこの先固定され続けるとは限りません。経済的事情から自炊型に転向、職業的事情から外食型に転向、どちらも現実にあり得る話です。

それらの可能性を踏まえた上での内容となっています。

人によってはオーバースペックでは?と思うかもしれませんが、それでも「大は小を兼ねる」ので、問題ないと思います。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

おすすめ ハイセンス冷凍冷蔵庫

コスパ最強冷蔵庫!ハイセンス冷凍冷蔵庫の比較と4つの評判

「冷蔵庫が欲しいけど高いから躊 …

Facebookでのご購読が便利です。