Home / ネットワーク・IT / パソコン スマホ 周辺機器 / 圧縮ファイルとは?パソコンでの圧縮/解凍方法と代表的な形式4つ

圧縮ファイルとは?パソコンでの圧縮/解凍方法と代表的な形式4つ

代表的な圧縮ファイル形式

ファイル圧縮の形式にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

基本的にはファイルサイズをオリジナルサイズから縮小して、ファイル格納時の利用領域を少なくする事やメール添付時の通信容量制限に対応させるといった事に利用されますので、以下によく利用されるファイル圧縮形式をご紹介致します。

zip形式

一般的に広く利用されているファイル圧縮形式となり、Windowsの標準圧縮機能で提供されるファイル形式です。

UnixやLinux等でも利用可能となっていますので汎用性に優れたものと言えますが、開発されてから時間も経っており圧縮効率という観点からは他の形式にはやや劣ります。

lha/lzh形式

日本人が開発したファイル圧縮形式となり、zipファイルでの圧縮がまだ有償提供だった時期に開発された事もあり日本国内では幅広く利用されました。

zip形式の圧縮ファイルが汎用的に利用されてからは次第に利用されなくなり、一部のアンチウィルスソフトではこのファイル形式に対応していないという事も判明した為、開発者側から利用しない現在はほぼ利用されていないのではないでしょうか。

rar形式

MS-DOS環境をベースに開発された圧縮形式となります。

zip形式の圧縮ファイルと比較した場合にこちらの方が高圧縮効率という利点がありますので、画像や動画といったサイズの大きなファイルを圧縮するのに適しています。

なお、他の圧縮ファイルには無い特徴となる、ファイルの一部が破損しても修復可能であるという点も優れた圧縮ファイル形式であると言えます。

exe形式

圧縮ファイル自体をそのまま実行すれば解凍されるという自動解凍型の圧縮形式となります。

但し、このファイルを添付した場合にはアンチウィルスソフトが実行形式のウィルスと誤検知してしまい、自動的に削除してしまうといった事が派生する可能性がありますので、利用はあまりおすすめ出来ないと考えます。

まとめ

圧縮ファイルについてのご説明とパソコンにてどういった場合に利用する事が多いのか、その圧縮ファイルの圧縮方法と展開方法についてご説明させていただきました。

現在の主流となる圧縮形式はzip形式の圧縮ファイルとなりますが、今後は画像や動画の圧縮効率がより高いrar、今回ご説明しておりませんがゲーム関連の大容量ファイルの圧縮によく利用される 7zと呼ばれる高圧縮効率の形式もあります。

Windows環境であれば、標準機能としてzip形式の圧縮ファイルを生成する機能を持ち、Mac環境であってもアーカイブ機能を標準機能として持っていますので、ご利用者の必要なタイミングでファイル圧縮機能を有効にご利用いただければと思います。

1 2

Check Also

パソコンとテレビを接続する方法

パソコン画面をテレビで!パソコンとテレビを接続する方法

最近ではパソコンが一家に一台か …

Facebookでのご購読が便利です。