Home / ネットワーク・IT / パソコン スマホ 周辺機器 / パスワードの強度は大丈夫?圧縮ファイルのパスワード設定方法

パスワードの強度は大丈夫?圧縮ファイルのパスワード設定方法

【補足】ファイルとパスワードを先方に送る際の注意点2つ

みなさんはファイルを送るときにどのような形で送信していますか?ファイルを間違えて送信してしまった時も踏まえ、安全に送信することが重要です。

ここでは、ファイルとパスワードを送る際の注意点を紹介します。

ファイルとパスワードを別々のメールで送信する

まず、ファイルとパスワードを別々のメールで送信する方法があります。
これは、圧縮ファイルを送信するときに、パスワード付きのZIPでパスワードを暗号化して送り、それとは別に、送る相手に必要なパスワードを送るというものです。受け取った相手はそのパスワードを使って暗号化された圧縮ファイルを開くことができます。

圧縮ファイルとパスワードを別々のメールで送信することで、安全性は高まります。

メール送信の宛先をチェックする

圧縮ファイルの使い方として多いのが、容量の多い資料などを圧縮ファイルに入れて、メールで送信するということが多いのではないでしょうか。みなさんは、そのような圧縮ファイルメールで送信する際、どのような順番で送信していますか?

メールを送る際には、間違えた相手に送信してしまい、パスワードを見破られて、情報が漏洩することが無いように、基本的なことですが、メールの宛先を必ず最初にチェックしましょう。
誤送信してしまったがために、大事な情報を違った相手に送ってしまったり、資料の行き違いが生じてしまうということが起こりかねません。

必ず圧縮ファイルやパスワードを送る際には、相手先を確認して送るようにしましょう。

まとめ

以上、パスワードの強度や圧縮ファイルのパスワード設定方法について見てきました。メールでの圧縮ファイルのやり取りというのは日常で多くなりましたが、圧縮ファイルを使うという場面では、見破られにくいパスワードを作りましょう。パスワードをつけなくても大丈夫と思っていると大事な情報を漏らしかねません。安全性を確保するためにもできる限りのセキュリティ対策をしましょう。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

USBデバイスを認識しない原因と5つの対処法

USBデバイスを認識しなくなった!認識しない原因と5つの対処法

USB機器はデータを持ち運ぶの …

Facebookでのご購読が便利です。