Home / ネットワーク・IT / パソコン スマホ 周辺機器 / パスワードの強度は大丈夫?圧縮ファイルのパスワード設定方法

パスワードの強度は大丈夫?圧縮ファイルのパスワード設定方法

 

圧縮ファイルのパスワード設定方法

圧縮ファイルは、容量の多い資料や大事な資料を圧縮してファイルにするものです。ここではまず圧縮ファイルへのパスワード設定方法について解説します。圧縮ファイルへのパスワード設定方法windows7以前とwindows8以降では違います

今お使いのパソコンの種類を確認して圧縮ファイルへのパスワード設定方法を習得しましょう。

【windows7以前】圧縮ファイルにパスワードをかける方法

windows7以前のwindowsXPなどの圧縮ファイルにパスワードをかける方法を紹介します。

  • まず、新しいフォルダを作成して圧縮したいファイルを入れます
  • そして、フォルダを右クリックし「送る」と次に出て来る「圧縮フォルダ(zip形式)」をクリック、これで圧縮フォルダが完成です
  • 開いたフォルダを右クリックしてプロパティを見ます
  • 「圧縮オブジェクトのプロパティ」という画面が出てきます
  • この真ん中の方にある「ZIP情報」を右クリックして、「パスワードを追加」を左クリックし、パスワードを2回入力して「OK」をクリックすれば終了です

比較的簡単に圧縮ファイルへのパスワード設定ができますので、大事な資料をメールで送信したいときなどに試してみてください。

【windows8~】圧縮ファイルにパスワードをかける方法

Windows8, 10の初期設定の標準機能では圧縮ファイルにパスワードをかけることができません。そのためwindowsで使える無料ソフトをインストールしてパスワードをかける方法を紹介します。

色々な無料ソフトがありますが、ここではLhaplusという無料ソフトでの圧縮ファイルにパスワードをかける方法を紹介します。
まず、Lhaplusという無料ソフトをインストールします。

ダウンロードできたら、「Lhaplusセットアップウィザードの開始」という表示が出ます。そうしたら、「次へ」をクリックしていき、「完了」と出たらインストール終了です。


そして、本題の圧縮ファイルにパスワードをかけるには、圧縮ファイルに入れるファイル・フォルダーを選択し、右クリックの後「圧縮」と「.zip(pass)」を選択します。

そうするとパスワード設定の画面が出ますので、パスワードを入力して「OK」を選択します。

出来上がるとデスクトップに圧縮ファイルが作られます。

次ページ:【補足】ファイルとパスワードの望ましい送信方法2つ

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

USBデバイスを認識しない原因と5つの対処法

USBデバイスを認識しなくなった!認識しない原因と5つの対処法

USB機器はデータを持ち運ぶの …

Facebookでのご購読が便利です。