人感センサーとは何?人感センサーの基本情報と魅力

LINEで送る
Pocket

eb51af62c7f02a228b02a514a743a4c0_s

人感センサーとはどのような構造になっているのでしょうか?また、設置することでの魅力・メリットにはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、「人感センサーとは何?人感センサーの基本情報と魅力」について紹介いたします。

これから、人感センサーを導入予定の方は、ぜひ参考にご覧ください!

スポンサーリンク

人感センサーの基本情報と魅力

ここでは、人感センサーの内容や基本情報、センサーを付けることでのメリットについて紹介しています。

人感センサーとは

人感センサーとは、人や動物など温度を持つ生物から放たれている赤外線による温度変化を検知するセンサーのことです。そのため、急激な温度変化のある場所や、温度の高い場所では検知範囲が制限される場合があります。温度変化を検知する人感センサー以外にも、超音波や可視光などを用いた人感センサーもあります。

玄関、トイレ、クローゼット、など、消し忘れが多い場所の照明などに使われていることが多く、人が近付くことで自動的に点灯、時間がたてば消灯するので、とても便利で電気代の節約にもなります。また、屋外に設置することにより、防犯対策としても活用されています。

ペットにも反応する

人感センサーは、人だけでなく動物の温度変化にも反応しますので、ペットを検知して照明が点灯することもあります。ペットが通ることで点灯するため、人だけでなくペットも安心して生活することができます。

さまざまなタイプがあり多くのシーンで使用できる

人感センサーは、スイッチプレートに内蔵されているタイプや、照明器具に内蔵されているタイプ、ランプに内蔵されているタイプ、別置タイプなど、さまざまなタイプがあります。使用用途や設置場所によって、最適なものを選ぶことができます。

都度スイッチを押す手間が省けるため快適

人感センサーを設置することで、都度スイッチのON・OFFを入れる手間が省けますので、手が荷物などで塞がっているときでも便利です。毎日のことなので、より快適に生活をしてくことができます。スイッチの高さまで届かない子どもにも、センサーが反応し照明が点灯しますので安心です。

付けすぎ・消し忘れを防ぎ、省電力で電気代の節約になる

玄関や洗面所、階段、トイレ、ウォークインクローゼットなど、常に人がいる空間ではないですが、定期的に使う場所に人感センサーを設置することで、照明の付けっ放しや消し忘れを防ぐことができます。

居間やキッチン、寝室など人がいる時間が長い場所では常に反応してしまうため、不適切ですが、定期的にしか使用しない場所で使うと効果的です。省電力で電気代を抑えることができます。

玄関を開けるときも便利

玄関先に人感センサーを設置していれば、夜帰ってきた際も、玄関が明るくなり鍵穴を探したりする必要がありません。玄関が点灯するだけで夜でも安心感があります。

防犯対策にもなる

人感センサーは、屋内用と屋外用があり、特に屋外用の方は防犯対策にも用いることができます。空き巣犯や不審者が家に近付いてきた際や、侵入を試みようとした際に、玄関や窓に設置した人感センサーが反応し、明るく点灯したり、点滅点灯したりし、空き巣犯を威嚇します。明るく照らされた空き巣犯は、見つかってしまうリスクを考え、犯行を諦めます。

また、明るく点灯することにより、不在時でも近所の方が異常に気付いてくれる可能性があります。防犯対策として、屋外に人感センサーを設置する場合は、玄関、窓、ベランダには設置するようにしましょう。特に、空き巣犯の侵入経路の7割近くを占める窓には、優先的に設置した方が良いでしょう。

タイマー設定や調光設定できるものも

人感センサーによっては、タイマー設定や調光設定をすることができます。タイマー設置をすることで、点灯時間を好みや状況に応じて変更することができます。また、調光設定することで、明るさや、暗いときに消灯ではなく、ほんのりと点灯させたりなどのコントロールも可能です。

おすすめの人感センサー

ここでは、おすすめの人感センサーについて紹介いたします。

LEPOWER ガーデンライト ソーラー充電式LEDライト

LEPOWERのガーデンライト ソーラー充電式LEDライトは、屋外用の人感センサーライトです。ソーラーパネルにより、太陽光充電をおこなうため電気代を節約することができます。配線もないため配線工事も不要ですし、防水機能も備わっっていますので、雨の日でも心配いりません。120度調整も可能で、満充電状態で8〜10時間充電が持ちます。

ELPA 屋外用LEDセンサーライトESL-102BT

ELPAの屋外用LEDセンサーライトESL-102BTは、乾電池式なので、コンセントがない場所でにも設置することができます。ネジ止め、クランプ、ステンレスバンドの3種類の取り付け方法に対応しているので、さまざまなところに取り付けが可能です。防雨構造で点灯開始照度調整も可能で、点灯保持時間は約10秒となっています。

OPTEX LEDセンサーライト LA-11LED

OPTEX のLEDセンサーライト LA-11LEDは、コンパクトサイズで軽量のセンサーライトです。高照度LEDを用いているため、明るく長期間使っていくことができます。ライト部とセンサー部が個別に角度調整でき、検知範囲が最長7mあるので、空き巣犯や不審者を逃さず威嚇します。

Lighting EVER 人感センサーライト

Lighting EVERの人感センサーライトは、配線やコンセントが不要で、両面テープとネジでの取り付けに対応しているので、どこにでも設置することができます。ソーラーパネル式のため電気代もかからず経済的です。探知角度は120度あり、防水設計となっています。

PIXON センサーライト PZ-820

PIXONのセンサーライトPZ-820は、ハロゲン電球を使用した2灯式タイプのセンサーライトです。2灯式のライトは個別で方向を変えることができるのでき、2箇所を照らすことができます。

自動点灯・消灯の「探知点灯モード」や、探知後、5秒ライトが点滅する「点滅フラッシングモード」など、状況や設置場所によって点灯モードを使い分けることができます。最大180度、距離12mで探知することができ広範囲です。消灯時も本体LEDが常時点滅しているので、「防犯意識の高い家」と空き巣犯に認識させることができます。

GOODGOODS 20WセンサーライトGDGDS-GY20W

GOODGOODSの20WセンサーライトGDGDS-GY20Wは、人の動きを検知すると、20Wの強力なLEDで照らすセンサーライトです通常のライトの数倍もの明るさで照らすため、防犯対策としても効果が期待できます。高い防水性も備えているため、大雨や台風のときでも安心です。防犯対策の一環として屋外用人感センサーを取り入れる場合におすすめの製品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、人感センサーとは何?人感センサーの基本情報と魅力について紹介いたしました。人感センサーを設置することで、日々の生活が便利で快適になるだけでなく、防犯対策として使っていくこともできます。価格も高くないものが多いですので、快適な生活のためにも、防犯対策のためにも気になる人感センサーがあれば、どんどん取り入れていってみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です