人感センサースイッチのメカニズムと便利な活用方法

LINEで送る
Pocket

83656cd36575e050542f6d669870106c_s

人感センサースイッチが、なぜ人を感知してライトが点灯したり消灯したりするかご存知ですか?生活を便利にするためや防犯対策のために、人感センサースイッチを設置する家庭が増えています。今回は、人感センサースイッチのメカニズムと便利な活用方法について紹介いたします。

これから、人感センサースイッチの導入を検討している場合は、ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

人感センサースイッチのメカニズム

人感センサースイッチは、周囲が暗い状態で人や動物などを感知して、自動でライトを点灯したり消灯することができます。赤外線などを利用して周囲との温度差のあるものが動いた場合に、温度変化を感知するメカニズムとなっています。人を識別するわけではなく、人や動物から放射される熱量の変化を読み取ります。

人感センサースイッチの便利な活用方法

人感センサースイッチは、毎日の生活でどのような便利な活用方法があるのでしょうか?ここでは、特に活用ケースの多い使い方を紹介いたします。

防犯対策としての活用

人感センサースイッチは防犯対策として活用することができます。玄関や窓、ベランダ、庭などに、人感センサースイッチを設置しておけば、不審者や空き巣犯が近付いてきた際に、動きを感知し光で威嚇することができます。

センサーライトのなかには、防犯効果を高めるために強い光を発するものもあれば、点滅点灯をするものもあります。不審者や空き巣犯に光をあてることにより、「見つかった」という不安や、「防犯意識が高い家」という認識を与えることができ、不審者や空き巣犯による犯行を諦めさせる効果が期待できます。

省エネとしての活用

人感センサースイッチを設置することで省エネ効果が期待できます。トイレや廊下、ウォークインクローゼット、ベランダなど、1日のなかで常に人がいるわけではない場所に、人感センサースイッチを設置することで、ライトが自動で点灯と消灯をおこなうため消し忘れを防ぐことができます。

最小限の点灯時間に抑えることができるため、電気代を節約することができます。リビングや部屋など、常に人がいる場所だと、自動で消灯されたら困りますので、人感センサースイッチにすることは難しいです。しかし、1日のなかでわずかな利用しかしない場所であれば、人感センサースイッチを設置することにより、省エネすることができます。

夜の玄関や廊下の照明としての活用

人感センサースイッチを玄関や廊下などに設置することにより、夜でも安心して生活をすることができます。夜帰宅する際に玄関が暗いと、鍵穴も探しにくいですし、不安になってしまいます。玄関に近付いた際に、センサーが感知し明るく照らしてくれることにより、鍵の解錠もスムーズにできますし、不安に感じることもありません。

夜、起きてトイレやリビングなどに行く際に、真っ暗だと、物に当たって倒したり自身が転倒してしまう可能性もあります。小さい子どもがいる場合は尚更です。人感センサースイッチにすることで、廊下が明るく照らされ安心して歩くことができます。

人感センサースイッチを設置する場合の注意点

人感センサースイッチを設置する場合、設置場所に注意しなければ、誤作動やセンサーの感知不良を起こしてしまう可能性があります。下記、注意点に気を付けたうえで設置するようにしましょう。

エアコンの室外機の吹き出し口付近には設置しない

エアコンの室外機の吹き出し口近くや吹き出した風があたる場所には、人感センサースイッチを設置しないようにしましょう。吹き出し口から出る風により、温度変化を感知し、人が通っていないのにライトが点灯したり消灯したりする誤作動を起こしてしまいます。さらに、風があたり続けることにより、センサー自体も感知不良になる恐れがありますので、室外機近くには設置しないようにしましょう。

カーテンやのれん、植物など揺れるものの近くには設置しない

カーテンやのれん、植物など、風で揺れるものの近くには人感センサースイッチを設置しないようにしましょう。風が吹くたびに揺れてしまい、センサーが誤って感知してしまい点灯や消灯を繰り返してしまう恐れがあります。

あまりにも点灯が連続で続いてしまうと、実際に不審者などが通って点灯したとしても、居住者も怪しまなくなってしまいます。センサーに誤作動を起こさせないためにも、カーテンや外部ののれんなどの近くに設置することは避けるようにしましょう。

反射の強い床材の近くに設置しない

大理石のような光の反射の強い床材が設置してある近くに人感センサースイッチを設置してしまうと、赤外線が反射してセンサーが誤作動を起こしてしまう可能性があります。反射の強い床材の近くへの設置は、よほどの理由がない限りは避けるようにしましょう。大理石以外でも反射の強い場所や、池のような水溜りの近くも光が反射しますので、注意するようにしましょう。

交通量の多い道路の近くに設置しない

人感センサースイッチの感知エリアの範囲が交通量の多い道路も含まれるような場所には、設置しないようにしましょう。多くの車や排気ガスの熱量に反応してしまい、センサーが誤作動や感知不良を起こしてしまう可能性があります。極力、交通量の多い道路の近くは避けるようにしましょう。

不安定な場所に設置しない

人感センサースイッチを設置する際は、風で揺れる場所や振動するような場所には設置しないようにしましょう。設置場所自体が不安定で揺れることにより、センサーが正常に作動しない可能性が出てしまいます。誤作動を防ぐためにも、風が吹いてもビクともしないような安定した場所に設置するようしましょう。

前面に壁などの遮蔽物がある場所に設置しない

人感センサースイッチの前などに、壁などの遮蔽物がある場所では、赤外線が壁で遮られてしまい、人が近付いても感知せずライトが点灯しない場合があります。人感センサースイッチの前に遮蔽物がない場所に設置するようにしましょう。どれだけ感知エリアが広くても、遮蔽物に遮られては効果が期待できません。

夜明るい場所には設置しない

夜でも明るい場所に人感センサースイッチを設置してしまうと、周囲の暗さを感知することができず、センサーライトが正常に機能しなくなってしまいます。街灯やネオンなど、夜でも明るい場所の近くには設置しないようにしましょう。明るい場所に設置しても高い防犯効果は期待できません。

直射日光や強い光があたる場所に設置しない

人感センサースイッチは、直射日光や強い光があたる場所に設置すると、温度変化を上手く感知できずに誤作動を起こしてしまう可能性があります。強い光があたり過ぎる場所や、高温になる場所に設置することは避けるようにしましょう。火などを起こす場所の近くに設置してもいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、人感センサースイッチのメカニズムと便利な活用方法について紹介いたしました。人感センサースイッチを使うことで、防犯対策もでき、暮らしの電気代節約もでき、明るく安心することができます。

設置する際には、センサーの誤作動や感知不良が起きないように、取り付け場所や周囲の環境に注意しなければなりません。取り付けることのデメリットの少ないものでもありますので、省エネや防犯などを目的として、何か導入したい方は、人感センサースイッチも選択肢の1つに入れてみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です