Home / Google / Youtube / Youtuberが子供の夢の上位?Youtuberの魅力と収益性、競争環境

Youtuberが子供の夢の上位?Youtuberの魅力と収益性、競争環境

Pocket


小学生の憧れの職業となりつつある「Youtuber」。自己制作動画を動画配信サイトYoutubeにアップロードして広告収入を得ることで生計を立てようとする人達を指します。

Youtubeは動画系サイトとして最も人気が高く利用者も多いこともあり、毎日のように沢山の動画が投稿されています。収益化を目的とした動画以外に趣味動画なども含めると1日の投稿件数は 10万件以上 にものぼると言われています。

本記事では Youtuberの魅力や収益性、そして競争環境 について解説いたします。Youtuberは本当に生計を立てることが出来るのか?子供の将来の夢の筆頭として挙げられることが多いYoutuberの魅力に迫ってみましょう!

スポンサーリンク

Youtuberの魅力とは

好きなことを仕事にできる

Youtuberが増える理由や目指す人達が多い理由として最も大きいのが 「好きなことを仕事にできる」 だと考えます。

好きだからやってみたい、好きだから続けられる。Youtubeは自分のことを好きなようにアピールできる場でもあります。

Youtubeで動画を見ている側としても好きなことを貫いている動画の方が面白いと感じることが多いと思います。しぶしぶ楽しくなさそうな動画をアップロードされても見る気にはなりませんよね。

誰でもYoutuberになれる

Youtuberの定義は様々ありますが、数ある定義の中の一つとして「Youtubeに動画を継続的に公開する者」というものもあります。

小学生でもなれる

動画を制作したりアップロードする熱意さえあれば誰でもなれるということですね。言ってしまえば小学生でもできてしまいます。

将来の夢どころか今すぐにでもYoutuberとして活動することはできてしまうんです。現に小学生Youtuberも多数いますし、最近何かと話題になる「ゆたぽん」さんも小学生Youtuberとして有名ですよね。

副業として活動する人も

大人でも仕事をしつつ、Youtubeへの動画アップロードを日課として活動している人も多くいらっしゃいます。

Youtuberを仕事よりは趣味として捉えているイメージが強いのかなと思います。空いた時間で楽しみつつちょっとした収入を得ているようです。

自由に働く時間を決められる

多くの仕事は就業時間が決められているものばかりです。決められた時間に起床して決められた時間に職場に出勤する必要があります。

一方Youtuberは動画制作からアップロードまで全て自宅で完結します。誰かと共同して行うわけでもありませんから自分で働く時間を決めることができます。

たくさんの人に向けて動画を発信できる

Youtubeにはたくさんの人が集まります。自分が頑張って作った動画を世界中の人に見てもらうことで達成感ややりがいを感じることができ、また頑張ろうという気持ちになれます。

Youtuberは儲かるのか?

人々を魅了するYoutuberの魅力から目指そうとする人が多いなか Youtuberは生計が立てられるほど収入があるのか という疑問も当然でてきます。

Youtuberは外から見ていると華やかな世界のように感じますが、本業として成り立つのでしょうか。

広告によって収益を得ている

Youtuberは動画に広告を埋め込むことで広告収入を得ています。Youtubeで動画を再生していると途中で広告が再生することがありますよね。あの広告が再生された瞬間、動画アップロード者に収益が発生しています。

他にも動画の再生回数や視聴時間などあらゆる要素によって収益が決まりYoutuberの収入となっています。単純に再生回数だけで決まっているわけではないというのはYoutuber自身からもよく聞ける話ですよね。

Youtuberの平均年収

平均年収は800万円!

Youtuberの平均年収は 800万円 と言われております。

平均の高さに驚きを隠せませんが、実は平均年収を算出する際に参照したYoutuberの基準は動画再生数上位100人ということでした。

また、Youtuberが自分の収益を公開することはYoutubeの規約によって禁止されているので、動画再生数を目安に計算した値となっています。そのため正確な平均値とは異なる可能性があります。

実際、全ての動画投稿者の平均値を出すことは不可能に近いですから、ある程度の基準を設ける必要はありますよね。

トップ層は年収1億超えも?

日本のトップYoutuberとして知られる「HIKAKIN」さんは、メインのチャンネル以外にもサブチャンネルを開設しており全ての収益を合計すると 1億円超え を果たしているという計算結果も出ています。

プロ野球選手の年俸にも匹敵するレベルですから、子どもたちが夢を抱くのも無理はありませんよね。

誰でも成功するわけではない

前述した年収はあくまで成功者の例となります。Youtuberとして活動していれば誰でもその高額を手にすることができるわけではありません。

「好きなことで生きていける」華やか世界ではありますが、厳しい現実に直面しているYoutuberの方が圧倒的に多いこともまた事実です。

競争が激化するYoutuber市場

増え続けるYoutuber

Youtubeには毎日のように新しいYoutuberが誕生しています。沢山のYoutuberがなんとか多くの人に動画を見てもらおうと試行錯誤しているわけですね。

中には個人ではなく事務所に所属して活動しているYoutuberも居ます。有名どころであればほとんどが事務所に所属しているのが現実です。

このようなプロ達が増えていく中で、自分のチャンネルに注目を集めるのは大変険しい道のりであることが想定されます…。新規に個人で参入するには大変な労力がかかること、そして成功する保障はないということを覚悟する必要がありそうです。

広がり続けるトップYoutuberとの格差

動画再生数上位100位に入るようなトップYoutuberは高額な収入を得ている一方で下層・中堅と言われるYoutuberは大変厳しい現実に直面していると言えます。

広告が表示されない場合がある

動画に広告を埋め込むことで収益をあげているYoutuberですが 「総再生数1万回未満のチャンネルでは広告が表示されない」 という仕様に変更されました。

既に人気を得ているYoutuberからすれば1万再生くらい軽く達成してしまいますが、新規に始める者にとっては非常に高い壁であることは間違いないでしょう。

チャンネル開設してから継続的に動画をアップロードして収入を得る環境を構築するまで大変な時間がかかることが想定されます。本人の力量や時の運にも影響すると思いますが、1ヶ月以上かかってしまうこともあります。

生活できる程度の月収を得るには

Youtubeでは チャンネル登録者数10万人 を達成すると生活できるほどの収入を得られるとされています。

登録者数何百万というトップ層を見ると10万という数字は低く見えてしまいますが、何年も毎日のように動画を投稿し続けても達成できない人達も多くいます。

しかも10万人が達成できたとしても、収入は大卒初任給程度であることを考えると、その労力と時間を別のことに使ったほうが良いのではないかという考えも浮かんでしまうほどです。

まとめ

子供達から絶大な人気を得るYoutuberでした。動画をアップロードすることで沢山の人達と趣味を共有したり、自分の事をアピールすることができる格好の場でもあります。

激しさを増す競争環境の中で、生計を立てるほどに収益をあげるのは大変な道のりではありますが、成功すれば月収100万超えも夢ではありません。

夢のあるYoutuberから今後も目が離せませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Vtuberって何?Vtuberの基本と最新人気Vtuber

Youtuberと言えばヒカキ …

Facebookでのご購読が便利です