Home / Microsoft / Word / Wordの便利な使い方と覚えておきたい機能

Wordの便利な使い方と覚えておきたい機能

Pocket

20981bbb14a81aae253d012d9b0634ef_s

今回は、Wordの便利な使い方と覚えておきたい機能について紹介いたします。趣味で文書作成する場合や、仕事で使うことも多いWordですが、さまざまな便利な使い方や機能があるのはご存知ですか?ここでは、すぐに使うことができる使える便利機能について解説しています。

Wordを使う機会が多い方は、よりスピーディーに文書作成できるようになる機能も多いですので、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

便利な使い方と覚えておきたい機能

ここでは、Wordで使える便利機能の数々を紹介しています。

簡単に文書の文字を一括で修正できる置換機能

人の名前を間違えて入力していたので変更したいけど、文書量が10ページもある。。そんなときは、Wordの置換機能を使うことで、簡単に文書中の中から指定した文字を一括で違う文字へ変更・修正することができます。1箇所ずつ目視で探して変更していくと、とてつもなく時間がかかってしまいますが、置換機能を使うことで1分もかからずに、すべて変更ができるので大変便利です。

置換ボタンは、「ホーム」タブの「編集」の欄にあります。置換ボタンを押すと「検索と置換」という画面が表示されますので、「置換」タブを選択し、「検索する文字列」の欄に間違いのあった文字を入力します。「置換後の文字列」の欄に変更後の文字を入力し、「すべて置換」を選択し、確認画面で「OK」を繰りクリックし閉じます。置換ボタンから使わなくても、「Ctrl」+「H」のショートカットキーで置換機能を開くこともできます。

文書にパスワードロックをかける

Wordの文書にパスワードロックをかけることができます。普段、他人に見られないようにするためにロックもかけれますし、ロックをかけることで添付してメールで送っても安心です。特に大事な文書などは、セキュリティの観点からパスワードロックをかけていた方が良いと言えるでしょう。パスワードロックする場合は、メニューからファイルを選択し、「文書の保護」から「パスワードを使用して暗号化」を選べば文書にパスワードロックを設定することができます。

リボンを非表示にする

Wordを使う場合は、文書作成することがほとんどです。極力、文書作成する際は集中して臨めるように、画面はシンプルにするようにしましょう。リボンを非表示にすることで、入力スペースが広くなり、集中しやすくなります。リボンを非表示にする場合は、「Ctrl」+「F1」を一緒に押します。非表示にしたリボンを再表示させたい場合は、同様に、「Ctrl」+「F1」を押します。

再変換する

Wordでは、間違って変換してしまったものを、再変換することができる便利機能が使えます。再変換の方法は、変換を確定した後に「Ctrl」+「BackSpace」を押すだけです。これにより、変換を間違えた文字を削除して再入力するよりも、再変換機能を使うことでスピーディーに正しい変換にすることができます。

1単語ずつ選択の範囲を広げる

Wordでは、単語を選択したい場合、単語をダブルクリックすれば、その単語のみを選択することができます。単語を選択した後に、選択範囲を広げていきたい場合は、「Ctrl」+「Shift」+「←→などの方向キー」を押すことで、1単語ずつ選択範囲を広げていくことができます。

カーソルの位置から文頭・文末まで選択する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

改行はEnterキーだけじゃない!シーン別ワードの改行法3つ

ワードで改行をするとき「Ent …

Facebookでのご購読が便利です