Home / ソフトウェア / ワード / ワードの基本的な使い方と覚えておくと便利な基本技

ワードの基本的な使い方と覚えておくと便利な基本技

Pocket

手帳

始めてワードを使う場合、機能が多すぎて、どのような使い方をしたら良いのか分かりませんよね?今回は、始めてワードを使う場合に抑えておきたい基本的な使い方と、覚えておくと役立つ便利な基本技について紹介いたします。ワードを始めて使う方や、使い始めて間もない方は、ぜひ、参考にご覧ください!

スポンサーリンク

ワードの基本的な使い方

ここでは、最初に把握しておきたいワードの基本的な使い方について紹介いたします。

文書の保存

作成した文書は定期的に保存するようにしましょう。保存していない状態で、万一閉じてしまった場合は、それまでの文章がすべて削除されてしまいます。保存の方法には「上書き保存」と「名前を付けて保存」があり、どちらも「ファイル」から選択することができます。

ファイルから保存する方法以外にもショートカットキーで保存することもでき、使い方を覚えればショートカットを使った方が素早く保存していくことができます。上書き保存をしたい場合は、「Ctrl」+「S」、名前を付けて保存したい場合は、「F12」を押すだけです。ことあるごとに細めに保存をしてくようにしましょう。

表や図形の挿入

ワードには、文章を入力するだけでなく表やグラフ、図形などを、挿入することができます。挿入する方法は簡単で、「挿入」を選択して、「表」や「図形」を選択します。選択した後は、該当する図形を選んだり、表を指定するだけで、ワードのなかに取り入れることができます。エクセルで作成した表をワードで表示することもできますので、より分かりやすい文書を作成することができます。同様の方法で、写真なども挿入が可能です。

フォントやサイズの変更

ワードでは、文字のフォントやサイズを多くの種類から選択し変更することができます。フォントを変更したい場合は、「ホーム」のなかから現在のフォントが表示してある欄の横の▼を押せば、フォント一覧が表示されます。文書内容に合ったものや好みのものを選択して変更してみましょう。

文字サイズも変更することができ、フォント同様サイズが表示してある横の▼を押すことで一覧が表示されますので、希望のサイズを選択しましょう。サイズ変更の場合は、ショートカットキーを使っても変更することができます。文字サイズを大きくしたい場合は「Ctrl」+「<」、小さくしたい場合は「Ctrl」+「>」を押すだけで簡単に変更できます。

文字の装飾

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

スマホでwordができる!アプリをインストールする3つのメリット

ビジネスシーンで大活躍するOf …

Facebookでのご購読が便利です