Wordで取り消し線を使う方法と活用方法

LINEで送る
Pocket

07dd79ff8b4486d11ceefd26dc400f8a_s

今回は、「Wordで取り消し線を使う方法と活用方法」について紹介いたします。Wordには、訂正した場所を分かりやすく表示し残すために、取り消し線を引くことができます。

取り消し線を使うことで、複数人で文書をやり取りする場合に修正点を分かりやすく表示できます。また、修正後の表示を強調するために敢えて取り消し線を使うこともできます。非常に便利な機能ですので、Wordを使い始めて間もない方は、活用してみてください。

スポンサーリンク

1.Wordで取り消し線を使う方法と活用方法

1.Wordで取り消し線を引く方法

複数人で文書のやり取りをしていて文書に訂正を入れたい場合や、広告チラシの改定表示のような取り消し線を入れたい場合は、簡単に引くことができます。取り消し線を引きたい文字を選択したうえで、「ホーム」タブの「フォント」の中にある「abc」という「取り消し線」マークをクリックすると、取り消し線を引くことができます。引いた取り消し線を削除したい場合は、同様の方法で、もう1度取り消し線マークをクリックすれば削除できます。

2.二重取り消し線を引く場合

二重取り消しを引くことも可能です。Word2003の場合は、上記の方法で取り消し線を引く際はすべて二重取り消し線でしたが、Word2007以降は、二重取り消し線を引きたい場合は、設定が必要です。設定方法は下記のとおりです。

  1. 右クリックをし表示されるメニューの中から「フォント」を選択します。
  2. 「フォント」画面が表示されますので、「文字飾り」の「二重取り消し線」にチェックします。チェックしたらOKをクリックし完了です。
  3. 「ホーム」タブの「フォント」の「abc」をクリックすることで二重取り消し線が引けます。

文書の訂正を残したい場合や、修正後の文字を強調したい場合に使えます。特に複数人でやり取りしている場合は、使える機能です。

2.Wordですぐに使える役立つショートカット

ここでは、Wordで役に立つショートカットキーを紹介します。普段の作業を素早く行えるようになりますので、ご確認ください。

1.名前を付けて保存

Wordの新規文書を保存する際「名前を付けて保存」を行うことが多いですが、「ファイル」メニューから選択しなくても「F12」キーを押せば、「名前を付けて保存」画面が表示され、すぐに保存することができます。1ボタンでできる簡単操作で、良く使う項目なので把握しておきましょう。

2.新規作成

新しい文書を作成する際は、「ファイル」から新規作成画面を表示しなくても、「Ctrl」+「N」のショートカットキーを使えば、簡単にファイルの新規作成画面を表示できます。

3.印刷プレビュー・印刷

印刷プレビューを表示して確認したい場合もメニューバーから選択してクリックしなくても、「Ctrl」+「F2」のショートカットキーですぐに印刷プレビュー画面を表示できます。すぐに印刷画面を表示したい場合は「Ctrl」+「P」で対応できます。

4.作業中のウィンドウの切り替え

Wordでは、ショートカットキーで作業中のウィンドウの切り替えも行えます。次のウィンドウに切り替えたい場合は「Alt」+「Tab」、前のウィンドウに切り替えたい場合は「Alt」+「Shift」+「Tab」、作業中のウィンドウを閉じたい場合は「Ctrl」+「W」でそれぞれ実行できます。

5.最大化したウィンドウを元のサイズに戻す

ウィンドウを元のサイズに戻す場合はマウスで操作しなくても、「Alt」+「F5」のショートカットキーで素早く戻すことができます。

6.テキストの位置を揃える

テキストの位置を揃える場合も、メニューから選択しなくても簡単にショートカットキーを使って中央揃えや左揃えなどの操作ができます。

  1. テキストを中央揃え・・・「Ctrl」+「E」
  2. テキストを左揃え・・・「Ctrl」+「L」
  3. テキストを右揃え・・・「Ctrl」+「R」

7.文字の装飾

「フォント」メニューからクリックしなくても、各ショートカットキーを使えば、簡単に文字の装飾をすることが可能です。

  1. 文字を太字にする・・・「Ctrl」+「B」
  2. 文字を斜体にする・・・「Ctrl」+「I」
  3. 文字に下線を引く・・・「Ctrl」+「U」
  4. フォントサイズを大きくする・・・「Ctrl」+「Shift」+「>」
  5. フォントサイズを小さくする・・・「Ctrl」+「Shift」+「<」
  6. 文字の書式を解除する・・・「Ctrl」+「Space」

8.ドキュメント内を検索する

Wordに限らずサイトなどでも活用できますが、ドキュメント内から特定の文字を簡単に検索することができます。「Ctrl」+「F」を押すことで、検索窓が表示され、探したい文字を入力すればすぐに見つけることができます。

9.校閲する

校閲の際に使う、コメント挿入や変更履歴のオン・オフ切り替えなどもショートカットキーを使えば素早く操作することが可能です。

  1. コメントを挿入・・・「Alt」+「Ctrl」+「M」
  2. 変更履歴のオン・オフ切り替え・・・「Ctrl」+「Shift」+「E」
  3. 変更履歴のウィンドウを閉じる・・・「Alt」+「Shift」+「C」
  4. スペルチェック・・・「Alt」+「R」

10.画面移動

ページ数が膨大なWord文書の際に役に立つショートカットキーです。使うことで、素早く画面移動が行えます。

  1. ドキュメントの先頭に移動したい場合・・・「Ctrl」+「Home」
  2. ドキュメントの最後に移動したい場合・・・「Ctrl」+「End」
  3. 次ページの先頭へ移動したい場合・・・「Ctrl」+「PageDown」
  4. 前ページの先頭へ移動したい場合・・・「Ctrl」+「PageUp」
  5. 1画面上へ移動したい場合・・・「PageUp」
  6. 1画面下へ移動したい場合・・・「PageDown」

11.文書の分割

文書ウィンドウの分割や分割解除も下記ショートカットキーを使って行えます。

  1. 文書ウィンドウの分割・・・「Alt」+「Ctrl」+「S」
  2. 文書ウィンドウの分割解除・・・「Alt」+「Shift」+「C」
  3. 文書を閉じる・・・「Ctrl」+「W」

12.文字選択

文字選択はマウスだけで行うものではありません。下記ショートカットキーを使うことで、マウスよりも素早く希望の範囲を選択することができます。

  1. 右へ1文字選択範囲を広げる・・・「Shift」+「→」
  2. 左へ1文字選択範囲を広げる・・・「Shift」+「←」
  3. 単語の先頭まで選択範囲を広げる・・・「Ctrl」+「Shift」+「←」
  4. 単語の最後まで選択範囲を広げる・・・「Ctrl」+「Shift」+「→」
  5. 行の先頭まで選択範囲を広げる・・・「Shift」+「Home」
  6. 行の最後まで選択範囲を広げる・・・「Shift」+「End」
  7. 段落の先頭まで選択範囲を広げる・・・「Ctrl」+「Shift」+「↑」
  8. 段落の最後まで選択範囲を広げる・・・「Ctrl」+「Shift」+「↓」
  9. 文書の先頭まで選択範囲を広げる・・・「Ctrl」+「Shift」+「Home」
  10. 文書の最後まで選択範囲を広げる・・・「Ctrl」+「Shift」+「End」

まとめ

いかがでしたでしょうか?「Wordで取り消し線を使う方法と活用方法」について紹介いたしました。Wordでは、簡単に取り消し線が引けるため、どの文言が間違っていたか、残したうえで修正をかけることができます。特に、文書のチェックを行うことが多い人や、Wordを使い始めて間もない人は、試しに使ってみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です