Wordで縦書きの文章を記述する方法と縦書きにするべき時

LINEで送る
Pocket

062bb10d41a7329f098a3b6565fdc58f_s

Wordで文書作成をしていると、縦書きにしたい時や、縦書きにしなければならない時があります。通常は横書きですが、簡単な操作で縦書きに変更が可能です。今回は、「Wordで縦書きの文章を記述する方法と縦書きにするべき時」について紹介いたします。縦書きにしたくて困っている方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1.縦書きの文章を記述する方法と縦書きにするべき時

1.横書きの文書を縦書きに変更する方法

09011aa588925650f2bb29794a7db084_s

既に縦書きで作成したWord文書を、横書きに変更することができます。縦書きから横書きへ変更する方法は次のとおりです。

  1. 縦書きから横書きへ変更したい文書を開きます。
  2. 「ページレイアウト」の「文字列の方向」を選択します。
  3. 文字列の一覧が表示されますので「縦書き」をクリックします。

この操作により、横書きの文書を縦書きに変更できます。Word2003の場合は、ツールバーの「文字列の変更」をクリックすれば、縦書きへ変更できます。縦書きへの変更に伴い、横書きでは問題なかった文字が、キレイに表示されないことがあります。

1つ目が半角数字です。横書きの際は何ら問題ありませんが、縦書きに変更すると数字が寝た状態で表示されてしまいます。縦書きに合うように表示するには、半角数字から全角に変更する必要があります。

2つ目は、2桁以上の数字です。縦書きになると1文字の横幅が限られるため、2桁以上の数字は非常に見づらくなってしまいます。そこて、Wordの「縦中横」機能を使います。縦中横機能を使えば、2桁以上の数字でもまとめて表示するため見やすくなります。

縦中横機能の使い方は下記のとおりです。

  1. 縦中横を設定したい2桁以上の数字を選択します。
  2. 「ホーム」の「段落」の「拡張書式」を選択し「縦中横」をクリックします。
  3. 「縦中横」画面が表示されますので、「行の幅に合わせる」にチェックを入れてOKをクリックします。

これにより、2桁以上の数字も縦書きでも見やすいように表示されます。Word2003の場合は、「書式」から「拡張書式」を選び「縦中横」を選択します。

2.縦書きに変更するべき時

必ずというわけではありませんが、縦書きの方が適していると思われる文書は、縦書きへ変更した方が良いでしょう。台本や賞状、町内会などの新聞、小説などさまざまです。一般的に縦書きの方が多いものを作る際は、縦書きへ変更しバランスを整えるようにしましょう。

3.図形内の文字を縦書きにする場合

5da3271efd3ab45a5234345b7a10c31f_s

図形内に入力している文字を縦書きにしたい場合は、下記のとおりです。(Word2013の場合)

  1. 縦書きにしたい図形を選択します。
  2. 図形を選択したら右クリックをしメニューを表示します。
  3. 表示されたメニューから「図形の書式設定」をクリックします。
  4. 画面の右側にウインドウが表示されます。
  5. ウインドウの中の「文字オプション」を選択し、「テキストボックス」欄の「文字列の方向」を縦書きに変更します。
  6. ウインドウを閉じると選択した図形内の文字が縦書きに変更されています。

Word2010の場合は下記のとおりです。

  1. 縦書きにしたい図形を選択します。
  2. 図形を選択したら右クリックをしメニューを表示します。
  3. 表示されたメニューから「図形の書式設定」をクリックします。
  4. 図形の書式設定画面が表示されますので、「テキストボックス」を選択します。
  5. 「文字列の方向」を縦書きに変更して画面を閉じれば完了です。

Word2007の場合下記のとおりです。

  1. 縦書きにしたい図形を選択します。
  2. 「テキストボックスツール」の「書式」から、「文字列の方向」を選択し縦書きに設定します。

これらの方法で、図形内の文字も縦書きに変更できます。

2.文書作成時に使える便利技

ここでは、Word作業中に使える便利技について紹介いたします。

1.いくつも開いたWord文書を一気に閉じる方法

1a5596808b9ec0858a0a00409639f21f_s

作業中、Wordファイルをいくつも開く時があると思います。一つひとつのファイルを閉じていってもいいですが、一気に閉じることが可能です。方法は下記のとおりです。

  1. クイックアクセスツールバーの「クイックアクセスツールバーのユーザーの設定」を選択します。
  2. 表示されるメニューの中から「その他のコマンド」をクリックします。
  3. 「コマンドの選択」欄で「リボンにないコマンド」を選び、「すべて閉じる」を選択し「追加」を選びます。
  4. 「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」に「すべて閉じる」が追加されたことを確認し、OKをクリックし完了です。

これにより、Wordファイルが複数開いた状態でも、クイックアクセスツールバーの「すべて閉じる」を選択することで、一気に全部を閉じることができます。

2.使用履歴からよく使うファイルを使用する

普段よく使うファイルであれば、大量のファイルから探し出して使わなくても、使用履歴から簡単に開けます。使用履歴からファイルを開く方法は下記のとおりです。

  1. 「ファイル」から「最近使用したファイル」をクリックします。
  2. すると、最近開いたファイル一覧が表示されますので、開きたいファイルを選択します。
  3. 各ファイル名の右側にあるピンをクリックすれば、常に「最近使用したファイル」一覧に表示することができます。

この方法を使えば、いつも使うファイルに簡単にアクセスすることが可能です。

3.わずかに2ページ目に入った文章を1ページに収める

2f2eb1c8d37d5a4a277d508c704090c9_s

文書を作成していて、1行や2行だけ次のページに入ってしまい、見た目が悪い時があります。しかし、少しはみ出た文章を1ページにまとめることが可能です。方法は下記のとおりです。

  1. 「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」を選択し「その他のコマンド」をクリックします。
  2. 「コマンドの選択」欄で「印刷プレビュー」を選び、「1ページ分圧縮」を選択して追加します。

この方法により、2ページ目に少しだけはみ出ていた文章が、1ページにキレイに収まります。

4.自動で箇条書きになる設定を解除する

Wordは「・」などの記号を先頭に入力して文章を入力すると、自動で箇条書きになることがあります。箇条書きで文書を作る場合や便利な機能ですが、そうでない場合は作成する際に邪魔な機能です。自動で箇条書きになる設定解除の方法は次のとおりです。

  1. 「ファイル」から「オプション」を開き、「文章校正」を選択します。
  2. 表示されるメニューから「オートコレクトのオプション」をクリックします。
  3. 「入力オートフォーマット」タブを選び、「箇条書き(行頭文字)」と「箇条書き(段落番号)」からチェックを外します。
  4. 「OK」をクリックすれば設定完了です。自動で箇条書きになることはありません。

5.文字の下に線が引かれる設定を解除する

Wordの便利機能の1つでもありますが、文字のスペルが間違っている時に、自動で下線が引かれるようになっています。しかし、作業に集中できない要因になることもありますので、不要な場合は、下線が出ないよう設定変更をしましょう。方法は簡単です。「ファイル」から「オプション」を選択し「文章構成」をクリックします。「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを外せば、下線が表示されることはありません。

まとめ

今回は、「Wordで縦書きの文章を記述する方法と縦書きにするべき時」について紹介しました。横書きの文書も簡単に縦書きへの変更が可能です。今後Wordで文書作成する際は、必要に応じて縦書きも使っていくようにしましょう。雰囲気もまったく変わるので、作成する側も見る側も新鮮な気持ちになります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です