Home / ソフトウェア / エクセル / ワードの差し込み印刷機能でExcelのデータを活用する方法

ワードの差し込み印刷機能でExcelのデータを活用する方法

Pocket

パソコンOL

Excelと連動できるのはWordの特徴の1つです。「Excel」と「Word」を連動することで、「Excel」と「Word」それぞれで出来ることが数倍にも広がります。Excelで作ったデータをWordに差し込むことができ、印刷することも可能です。1からWord文書に入力していかなくても、Excelのデータを活かすことができます。

今回は、「Excelのデータをワードで差し込み印刷する方法」について紹介いたします。WordとExcel両方使う機会が多い方は、ぜひ活用してみてください!

*本記事の操作はWord2016では対象外です。細かい部分での違いはありますが、基本的な操作方法は同じなので、是非ご活用ください。

スポンサーリンク

1.ワードで差し込み印刷する方法

1.Excelで使ったデータをWord文書に反映させ差し込み印刷する場合

Excelで作成したデータをWordで差し込み印刷する方法は、次のとおりです。最もスタンダードな差し込み印刷の利用法になります。

  1. Excelで差し込みしたいデータを作成します。
  2. WordでExcelデータを差し込むためのフォーマットを作成します。
  3. Wordの「ツール」から「はがきと差し込み印刷」を選択し「差し込み印刷」をクリックします。
  4. 画面の右側に作業ウインドウが表示されますので、「文書の種類の選択」は「レター」にチェックし、次へ進めます。
  5. 「ひな形の選択」では「現在の文書を使用」を選び、次へ進めます。
  6. 「宛先の選択」では、「既存のリストを使用」にチェックを入れ、「参照」をクリックします。
  7. 「参照」をクリックすると「データファイルの選択」画面が表示されますので、Excelで作成したデータを開き、シートを選択して次へ進みます。
  8. Wordの差し込みたい場所をクリックし、「差し込みフィールドの挿入」を選択します。
  9. 「差し込みフィールドの挿入」画面が表示されますので、該当項目を選び、「閉じる」をクリックすると、該当項目が差し込みされています。
  10. すべての差し込みが完了したら、「レターのプレビュー表示」をクリックすると、印刷プレビューが見れ確認できます。該当項目はExcelのデータの項目と連動しており、「A」という項目を選択すれば、Excelのデータ「A」がWordに差し込まれます。
  11. プレビューを確認し問題がなければ、ウインドウ内の「印刷」をクリックすると印刷することができます。

これにより、ExcelのデータをWordに差し込み、印刷することが可能です。

2.Excelで作ったデータをWordに差し込み印刷し宛名ラベルを作る場合

Excelで作成した住所録などをWordに差し込み印刷を行い、宛名ラベルを作ることができます。方法は下記のとおりです。

  1. Excelで住所録など宛名ラベルに載せたい情報を作成します。
  2. Excelデータの作成が完了したら、Wordの新規文書を開きます。
  3. 「差し込み文書」の「差し込み印刷の開始」を選択し、表示されるメニューから「差し込み印刷ウィザード」を選びます。
  4. Wordの文書の右側に「差し込み印刷」ウィンドウが表示されます。
  5. 「文書の種類を選択」でラベルにチェックを入れ次へ進みます。
  6. 「ひな形の選択」で文書レイアウトにチェックをし、「ラベルオプション」をクリックします。
  7. ラベルシールのメーカーを用意します。「ラベルオプション」画面が表示されますので、「ラベルの製造元」でラベルシールのメーカーを選択し、「製造番号」ではシールの型番を選びます。
  8. OKを選択して画面を閉じると、Word文書に枠線が表示されます。
  9. 作業ウインドウを次へ進め、「宛先の選択」で既存のリストを使用にチェックを入れ「参照」をクリックします。
  10. 宛名ラベルにしたいExcelのデータを選択し、作業ウインドウを次へ進めます。
  11. 文書内の先頭の枠線内にラベルの体裁を指定します。
  12. 郵便番号の「〒」マークを入力します。〒の右にカーソルを合わせ、ウインドウ内の「差し込みフィールドの挿入」を選択します。
  13. 「差し込みフィールドの挿入」画面が表示されますので、項目から郵便番号を選択します。項目一覧にはExcelのデータの項目が反映され表示されています。
  14. 次に、「住所1」「住所2」「氏名」などを同様に入力します。「氏名」の右には「様」と入力しておきます。
  15. 文字の配置のバランスやフォントなどを調整します。
  16. 先頭の枠内の状態が問題なければ、ウィンドウ内にある「すべてのラベルの更新」をクリックすると、先頭の体裁が他の枠内にも反映されます。
  17. ウィンドウを次に進め、宛名ラベルのプレビューを確認し、問題なければ次へ進めます。
  18. 「差し込み印刷の完了」ウィンドウになりすので、「印刷」をクリックすれば印刷できます。

この方法で、顧客データなどを元にした大量のラベルシールを簡単に作成できます。オフィスワークでは利用する場面も多いのではないでしょうか。

次ページ:ワードの差し込み印刷で出来ること

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

初心者必見!エクセルのデータベース作成マニュアル

エクセルにデータベース機能が搭 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です