ワードでベージ番号を設定する方法とその他ページの設定

LINEで送る
Pocket

f616418f8aa8449b2ed0a93b355b48f2_s

量の多い文書を作成した場合に、ページ番号がないと内容を追うのが大変になってしまいます。文書にページ番号を設定する方法は非常に簡単です。ここでは、「ワードでベージ番号を設定する方法とその他ページの設定」について解説いたします。仕事やプライベートでワードを使う機会が多い方は、ページ番号を載せるようにし、誰が見ても分かりやすいようにしましょう。

スポンサーリンク

ベージ番号を設定する方法とその他ページの設定

1ページ目からページ番号を設定する方法

1ページ目からページ番号を挿入したい場合は、次の方法で設定します。

  1. 「挿入」を選択し「ページ番号」をクリックします。
  2. 「ページの上部」「ページの下部」「ページの予約」「現在の位置」から、ページ番号を設定したい場所を選択します。
  3. ページ番号を設定したい場所をクリックすると、場所のサンプルが表示されますので、希望のものを選択します。
  4. ヘッダー・フッターが表示されて、ページ番号が設定されます。
  5. メニューの中から「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックして閉じます。

これで、1ページ目からページ番号が設定されます。文書の内容などにより、ページ番号を表示する場所を変えるようにしましょう。

2ページ目からページ番号を設定する方法

1ページ目の表紙にはページ番号は設定せずに、2ページ目からページ番号を設定したい場合は、次の操作を行います。

  1. 「挿入」タブを選択して「ページ番号」をクリックします。
  2. 「ページの上部」「ページの下部」「ページの予約」「現在の位置」から、ページ番号を挿入したい場所を選びます。
  3. ページ番号を表示する場所のサンプルが表示されますので、希望のものを選びます。
  4. ヘッダー・フッターが表示されて、ページ番号が挿入されます。
  5. 「ヘッダー/フッターツール」にある「ページ番号」をクリックして「ページ番号の書式設定」を選択します。
  6. 「ページ番号の書式」画面が表示されますので、「開始番号」にチェックを入れ、数値は0にしOKをクリックします。
  7. すると、1ページ目にはページ番号が表示されなようになります。
  8. 「ヘッダー/フッターツール」の「先頭ページのみ別指定」にチェックをします。
  9. 「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックして閉じます。

これにより、1ページ目の表紙にはページ番号が反映されず、2ページ目から「1、2、3、、、」とページ番号が反映されます。表紙にページ番号を載せたくない場合はこの方法で設定しましょう。

表紙と目次以外にページ番号を設定する方法

1ページ目と2ページ目の表紙と目次にはページ番号を載せたくない場合の方法です。

  1. まず、セクションを区切る必要がありますので、2ページ目の一番最後にカーソルを合わせクリックします。
  2. 「ページレイアウト」タブを選択し、「区切り」をクリックします。メニューが表示されますので、「セクション区切り」の欄にある「次のページから開始」をクリックします。
  3. 「挿入」タブを選択し、「ヘッダーとフッター」の「フッター」をクリックします。メニューが表示されますので、「フッターの編集」を選択します。
  4. 「ヘッダー/フッター」を選択し「ナビゲーション」の「前と同じヘッダー/フッター」を選択します。
  5. 「ヘッダーとフッター」の中にある「ページ番号」を選択して「ページ番号の書式設定」を選択します。
  6. 「ページ番号の書式」画面が表示されますので、「開始番号」にチェックを入れて数値欄には1を入力します。
  7. 「ヘッダーとフッター」の「ページ番号」を選択し、ページ番号を挿入したい希望の場所を選択します。
  8. 「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックして閉じます。

作成した文書に表紙と目次があり、ページ番号を載せたくない場合に使える設定方法です。

●/●と総ページ数も表示する方法

●ページとページ数のみを表示することもできますが、●/●と総ページも表示させることができます。総ページ数を表示させる方法は次のとおりです。

  1. 「挿入」タブから「ヘッダーとフッター」の「ページ番号」をクリックします。
  2. ページ番号を表示させたい場所を選択すると、サンプルが表示されますので、希望のものを選びます。
  3. 「ヘッダーとフッターを閉じる」をクリックして閉じます。

その他のページ設定

ページ設定のには「その他」ページがあります。あまり聞き馴れ合い方も多いかもしれません。その他ページでは、セクションの開始位置やヘッダーとフッターの調節、垂直方向の配置などを設定することができます。頻繁に使うことは多くはありませんが、ヘッダー・フッターの調節などを行いたい場合は、確認するようにしましょう。

すぐに使えるワードのおすすめ小技

明日からでもすぐに使えるワードテクニックを紹介していますので、ページ番号の載せ方と一緒に覚えてみましょう!

複数行にわたるカッコを入れる方法

1行ではなく2〜3行など複数行にわたるカッコを表示することができます。方法は次のとおりです。

  1. 「挿入」タブから「図形」をクリックし、図形一覧を表示させます。
  2. 「基本図形」にあるカッコマークを選択します。
  3. 文書内にカッコが表示されたらマウスでドラッグしてサイズ調整を行います。

オートシェイプ機能を使う方法ですが、簡単に複数行にわたるカッコを表示することができます。

Wordにスクリーンショットの画像を挿入する方法

Word2010以降であれば、スクリーンショットの画像をそのままワードに挿入することができます。方法は簡単で、スクリーンショットを撮影し、メニューの「挿入」から「図」を選択して、「スクリーンショット」を選択すれば完了です。簡単に時間もかけずに挿入することができます。

コメントボックスの追加

ワード文書の内容の確認をする際に、コメントボックスを使うことで、修正箇所などを分かりやすく表示することができます。「校閲」の「コメントの挿入」をクリックするとコメント欄が追加されますので、コメントを入力することができます。複数人でやり取りしている場合などにおすすめです。

単語に下線が表示されるのをなくす方法

ワードでは、間違っているスペルなどには、自動で下線が引かれる機能が搭載されています。便利な機能でもあるのですが、使う人によっては、文書作成の邪魔になることもあります。「ファイル」から「オプション」を選択し「文章校正」をクリックし、「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを外せば下線が引かれることはありません。目障りに感じてしまう方は、非表示にした方が良いでしょう。

先頭の文字が大文字になるのを防ぐ方法

英字で入力すると、先頭の文字が自動で大文字になることがあります。自動で大文字になるのを防ぎたい方は、「ファイル」の「オプション」から「文章校正」を選択し、「オートコレクトのオプション」をクリックします。「文の先頭文字を大文字にする」のチェックを外すと、自動で大文字になることはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、「ワードでベージ番号を設定する方法とその他ページの設定」について紹介いたしました。ワードの文書にページ番号を載せたい場合は、表紙から載せることも、目次の次のページから載せることも自由に設定できます。

1度設定すると覚えれる簡単な操作ですので、長文の文書や資料などをよく作る方は、見る人の見やすさも考え、ページ番号を載せるようにしてみましょう。時間もかかりませんので、早速試しにやってみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です