Wordで切取り線を挿入する方法と活用方法

LINEで送る
Pocket

794078b0cf940cd358303b2b0a2c0525_s

今回は、「Wordで切取り線を挿入する方法と活用方法」について紹介いたします。切取り線を引くことにより、印刷後扱いやすくなりますし、さまざまなものを作れるようになります。特にWordを使って作業をする機会が多い方は、ぜひ、活用してみてください!

スポンサーリンク

1.Wordで切取り線を挿入する方法

1.Wordに切取り線を入れることによる効果

Word文書に切取り線が入ることで、印刷した後に切取る際、非常に便利になります。チケットのようなものを作成する時など、切取り線がないと大きさが異なってしまう可能性があり、分かりやすく記載してあることで、均等に切り分けることができます。

2.直接入力で切取り線を挿入する方法

Wordで切取り線を挿入する方法として、直接入力する方法があります。少しアナログ的な挿入の仕方にはなりますが、特別な操作は何も必要ありません。「切取り線」と入力し、単語の左右を「-」で端まで入力するだけです。1度入力すれば、できあがった「——切取り線——」を単語登録を行い、次回以降は簡単に挿入できるようになります。

単語登録する方法は、次のとおりです。

  1. 「——切取り線——」を選択し、「ツール」から「単語/用例の登録」を選択します。
  2. 「単語/用例の登録」画面が表示されますので「読み」部分に「きり」など入力します。
  3. 入力が完了したら「登録」をクリックし「閉じる」で完了です。

これにより、「きり」と入力し「Space」変換すると、すぐに切取り線が表示されます。直接入力の場合でも、単語登録をすれば簡単に切取り線が引けるようになります。切取り線を使う機会が多い方でも素早く挿入できる方法です。

3.テキストボックスと下線を使う方法

テキストボックスと下線を使っても切取り線が引けます。方法は下記のとおりです。

  1. ツールバーの中から下線マークの横の▼ボタンをクリックします。
  2. 線の種類を選べますので「——-」の点線を選択します。
  3. 下線を選択した後は、「挿入」から「テキストボックス」をクリックします。
  4. 「横書き」を選択し、テキストボックスの中に「切取り線」と入力を行います。
  5. 「——-」の点線の中央に位置しバランスが取れるように調整します。
  6. テキストボックスを選択し、ツールバーにある「線の色」ボタンをクリックします。
  7. 色の一覧が表示されますので「線なし」を選びます。

これにより、「——切取り線——」という切取り線を挿入することができます。点線を入力する方法は、図形描画のツールバーの「直線」を選択して、同じくツールバーの「実線/点線のスタイル」から、点線に変更することもできます。

4.テキストボックスと罫線を使う方法

テキストボックスと罫線を使っても切取り線が引けます。方法は下記のとおりです。

  1. ツールバーの罫線ボタンを選択して罫線ツールバー画面を表示します。
  2. 「罫線を引く」がオンの状態になっていますので、オフにします。
  3. 罫線を引きたい段落をドラッグします。
  4. 再度、「罫線を引く」をオンにして、線の種類の▼マークを選択して一覧を表示します。
  5. 線の一覧から「—-」の点線を選択します。
  6. 「外枠線」横の▼マークをクリックし、一覧を表示し「下罫線」を選びます。

これにより、ドラッグしていた段落部分に「—-」の点線が端まで引かれます。あとは、テキストボックスに「切取り線」と入力し、バランスを調整して、テキストボックスの線を消せば完了です。

5.タブとリーダーを使う方法

タブとリーダーを使って切取り線を引くこともできます。方法は下記のとおりです。

  1. 「Tab」を押して空白を作り「切取り線」と入力し、再度「Tab」を使って空白を作ります。
  2. メニューの「書式」から「タブとリーダー」を選択します。
  3. 「タブとリーダー」画面が表示されますので、「タブ位置」に20、「種類」欄では中央揃えにチェックを入れ、「リーダー」欄では「—-」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

これにより、切取り線と入力した左右に点線が表示され、切取り線が完成します。

2.Wordで使える便利テクニック

ここでは、普段Wordを使う際に、覚えておくことで便利に使えるテクニックを紹介します。

1.文書ファイルにパスワードロックをかける

個人情報や社内情報など、大切な情報が入力されている文書ファイルには、パスワードをかけるようにしましょう。パスワードをかけると、パスワードを知っている人しか、閲覧や編集ができなくなります。文書ファイルにパスワードをかける場合は、メニューの「ファイル」を選択し、「文書の保護」から「パスワードを使用して暗号化」をクリックし、パスワードを設定するだけです。セキュリティのためにもパスワードを徹底することをおすすめします。

2.スクリーンショットを挿入する

Wordでもスクリーンショットを簡単に挿入することができます。メニューの「挿入」から「図」を選択し「スクリーンショット」をクリックするだけです。簡単にスクリーンショット画像を挿入できますので、文書や説明書、案内状などの作成の際も便利です。

3.季節の挨拶の簡単入力

手紙や書類を作成する際に季節の挨拶を入れる場合がありますが、Wordであれば挨拶文を考えなくても、簡単に入力ができます。入力をしたい場合は、「挿入」から「あいさつ文の挿入」を選びクリックします。すると、月のあいさつや、安否のあいさつ、感謝のあいさつ文が一覧表示されますので、選択をすればWord文書に挿入されます。わざわざネットであいさつ文を探さなくても簡単に入力できる方法です。

4.印刷したくない文字を隠す方法

必要な情報なのでメモ代わりに入力していた文章などを、印刷する際には隠すことができます。方法は下記のとおりです。

  1. 印刷時に隠したい文字を選択します。
  2. 「ホーム」の「フォント」を選択し「フォント」画面を表示します。
  3. 「フォント」画面の「文字飾り」部分で「隠し文字」にチェックを入れ、OKをクリックします。
  4. 隠し文字に設定された文章は、点線の下線が引かれます。
  5. 「ファイル」から印刷プレビューで隠し文字が表示されていないことを確認し印刷を行います。
  6. 隠し文字は、「編集記号の表示/非表示」ボタンをクリックすれば、表示・非表示を簡単に切り替えることができます。

5.ヘルプ機能を使う

Wordでは、操作が分からなくなった時に、ヘルプ機能を使うことで解消できる場合があります。ヘルプ機能を使いたい場合は、Wordの画面の右上の「?」をクリックします。すると、ヘルプ画面が表示されますので、質問などを入力し検索をクリックすると、質問に対する検索結果が表示されます。ちょっとした分からない操作が出た時に便利な機能です。

6.同じ操作を繰り返し行う

Wordでは、直前に行った操作を簡単に繰り返し行うことができます。繰り返し操作したい場合は「Ctrl」+「Y」のショートカットキーを使うだけです。同じ操作が立て続けに続く場合は、このショートカットキーを使うことで、素早く入力することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、「Wordで切取り線を挿入する方法と活用方法」について紹介いたしました。切取り線が引けることで、チケットや招待状なども簡単に作成ができます。線を引く操作も簡単ですし、作業の幅が広がりますので、方法を覚えておいて損はないでしょう。ぜひ、1度試しに切取り線を引いてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です