WindowsXPをサポート終了後にも使い続ける危険性

LINEで送る
Pocket

win5-1
出典:マイクロソフト windowsXPページ

パソコンでの作業はwebブラウザでインターネットのサイトを閲覧して、メールを送受信して、wordで文章を書いて、excelで表を作って、デジカメ写真を整理して、年賀状を書いて・・・。Windows XPの時と変わっていません。いえ。Windows95を使っていた時と大きくは変わっていないのです。

それに対して新しいWindowsは、どんどん能力の高い、値段の高いハードウェアを要求してきます。メモリーを例にとると、Windows XPのシステム要件では64MB以上となっていました。それがWindows Vistaでは512MB、Windows 7~Windows10では32bitで1GB、64bitでは2GB以上となっています。そしてご存知のように、システム要件ぎりぎりではOSとウィルス対策ソフトを動かすと、もう他のソフトはまともに動きません。もちろんメモリー以外のシステム要件もあります。古いパソコンに新しいWindowsをインストールしても、まともには動かないのです。

そこでマイクロソフトからサポート終了と言われたら、まだまだ使えるパソコンを買い替えるのももったいないし、WindowsをあきらめてPC-unixを使うのも面倒だし、「そのまま」使い続けられないかと考えてしまうのも無理がありません。ところが、この「そのまま」使い続けるというのは危険が伴いますし、決して良い選択とは言えません。本記事ではWindowsXPをサポート終了後も使い続ける危険性についてご紹介していきます。

再度サポート終了の意味を確認し、お使いの環境に問題がないかチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

1.アプリケーションが対応しなくなる

コンピュータはアプリケーションを使うためのものです。このアプリケーションがサポート終了後のOSに対応しなくなってきます。

例えば、ウィルス対策ソフトはそれぞれの最新のwindows updateが実行されているという前提で作られています。OSにセキュリティー上の不具合が見つかった時には、ウィルス対策ソフトでは対応しきれないこともあります。仮に「今」対応していたとしても、いつ対応できなくなるかわかりません。

win5-2
出典;トレンドマイクロ社 ウィルスバスターサポートページ

win5-3
出典:シマンテック ノートンサポートページ

バージョンアップしなければいいと思っても、ネットにつながっていると自動でバージョンアップしたりします。

2.Windows updateが行われない

Windowsは残念ながら完成されたバージョンはありません。どのバージョンも、常にセキュリティーホールが見つかったり、バグが見つかったりしてwindows updateで対応してきています。

そして、windows XPは今後windows updateが行われることはありません。それどころか、マイクロソフトではサポートを終了しているのですから、きっと検証作業すら行われないと考えられます。

Windows XPのサポートが終わった状態でネットワークにつながったwindows XPマシンがあれば、ネットワークに攻撃を仕掛けようとする悪意を持った人間のターゲットとされる可能性があります。

新しいセキュリティーホールを見つければ攻撃し放題なのです。1台攻撃できれば、そのマシンを踏み台にして他のマシンを攻撃することも可能です。過去の事例を見ても、ネット犯罪で逮捕された人が、マシンを乗っ取られた一般人だったこともあります。

古いソフトを使うためにネットワークから切り離して使用する場合も、ネットにつながったマシンとデータのやり取りをする場合は十分に注意が必要です。Windowsには互換モードもありますので、早いうちに新しいマシンで使えるように検討することをお勧めします。

3.問題が起こった時に誰も対応してくれない

コンピュータはハードウェアとOSとソフトウェアで構成されています。マイクロソフトはサポートを終了しています。ソフトウェアも公式には対応してくれなくなると思います。頼みのハードウェアも、windows XPとなると、サポートしきれないでしょう。

もしも不具合が発生しても、どこも対応してくれなくなることが考えられます。新しいハードウェアを購入しようにも、デバイスドライバーが対応しなくなることも考えられます。今後発売されるソフトウェアは、最初からwindows XPでは動作確認もしていなでしょう。

まだまだ使えるwindows XPマシンを買い替えたり、PC-unixに入れ替えたりするのはなかなか納得しにくいのですが、インターネットに接続して使うのであれば、ある程度のお約束を守る必要があると考えます。Windows XPを使い続けるのなら、ネットに繋がないなど、自分でセキュリティーホールをふさぐ必要があるのかもしれません。

まとめ

Windows XPなど、サポートが終了したバージョンを使用し続けると、特にセキュリティの面で危険な状態になります。サポートが終了した場合には、そのまま使い続けるのではなく、新しいバージョンのものを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です