WindowsVistaのサポート期間とサポート終了したPCの危険性と対策

LINEで送る
Pocket

WindowsVistaのサポート期間終了が迫ってきています。何のことか良く分からない!なんて方もいらしゃるのではないでしょうか。

そもそも、皆さんはご自分パソコンのOSのバージョンについて、きちんと把握していますか?日々新しいIT技術やシステムが開発されている中で、パソコンもバージョンアップを繰り返しています。古いバージョンのOSは、メーカーのサポート期限が切れていってしまうのです。

サポート期限が切れたパソコンを使っているのは、大変危険なことです。ソフトウェアの不具合や、セキュリティに関するアップデートが受けられなくなってしまうため、悪質なウイルスで知らず知らずのうちに個人情報を全て抜き取られてしまうなんてこともあるかもしれません。

パソコンをお持ちの方で、OSのサポート期限が過ぎていても気づかずに使っている方、または気づいていても、気にせずに使い続けてしまっている方は、一刻も早く対策を取られることをおすすめします。

スポンサーリンク

WindowsVistaのサポート時期

なんでWindowsVistaのサポート時期のサポートが切れてしまうの?と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。WindowsVistaというOSは、2007年にリリースされたものなので、もう10年程近く前のバージョンなのです。以降、Windows 7、Windows 8、最近ではWindows 10などの新しいOSがリリースされています。

これだけ古いバージョンなら、サポートも切れて当然かもしれませんね。他のOSを使っている方も、自分のバージョンがいつサポートが切れるのか、気にしておいたほうが良いかもしれません。私は絶対大丈夫!なんて楽観視していると痛い目にあうかもしれません。

それでは、間近に迫ってきている、WindowsVistaのサポート時期とは具体的にいつまでなのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

2017年4月にサポート終了

WindowsVistaのサポート終了時期は、2017年4月11日(日本時間で4月12日)とされています。もうすぐですね!パソコンを買い換えるにも、それなりに時間が掛かります。どのメーカーのどの機種が良いのか?価格帯や保証の充実など、考えるべき項目はたくさんあり、迷ってしまって時間だけが過ぎていくなんてことも。

早めに対策をしておかないと、すぐにサポート期限がやってきてしまいます。自分の家のパソコンのバージョンがWindowsVistaという方は、今からきちんと対応法を学んでおきましょう。また、家以外でも、会社で使っているパソコンにも気を配っておいて損はありません。

あなたの家族やお友達でも、パソコンに詳しく無いという方はフォローしてあげることをおすすめします。OSのサポートが切れてしまっても、気にせずに使っているという人はあなたの周りにもきっといるはずです。

OS自体は使える

注意が必要なのは、WindowsVistaのサポート期限が過ぎた後でも、OS自体はそのまま使えるということです。サポートが切れるとパソコンが使えなくなってしまうと勘違いしてしまう方もいるようですが、2017年4月以降も、WindowsVistaのパソコンはそのまま使うことが出来ます。

しかし、使えてしまうが故にサポートの期限切れを軽視してしまう人が多いのも現状です。前述したように、サポート切れのOSを使っているパソコンは危険にさらされています。何も気にせずに使っていると、思わぬ被害にあってしまうことが考えられます。

では、WindowsVistaのサポート終了にはどんな問題点と危険があるのでしょうか?

WindowsVistaのサポート終了の問題点

サポート切れOSを使っているパソコンは、ソフトウェアやセキュリティのアップデートを受けることが出来ません。世の中には、悪意を持って他人のパソコンから情報を抜き取ったり、ファイルを破壊したりする人もたくさんいます。そういった被害から守るために、日々パソコンのシステムはアップデートされているのです。

OSのサポートを受けられなくなるということは、新しいウイルスや手口に対応出来なくなってしまうということです。では、具体的にどんな被害が考えられるか見ていきましょう。

セキュリティに問題が起きる

WindowsVistaをサポート終了後も使い続けていることによるリスクとして、まず考えられるのがセキュリティ面のリスクです。私たちが日々使っているパソコンのプログラム、システムも完璧とは限りません。どこかにセキュリティ上の欠陥(脆弱性)がある場合があります。

悪意のあるウイルスには、このセキュリティ中の欠陥を巧みに利用したものが多くあります。そのため、この欠陥を放置しているとパソコンがウイルスに感染しやすくなってしまうのです。

各OSのサポート期間中は、このプログラムの欠陥を修正するために、マイクロソフト社は「更新プログラム」をユーザーに提供します。しかし、サポートを受けられなくなってしまうと、各プログラムにあるセキュリティ上の欠陥を修正出来ず、野放しの状態となってしまいます。

セキュリティが十分でない場合、場合によっては個人情報を抜き取られてしまったり、あるいは大事な機密情報がネット上に流出してしまったりなんてことになりかねません。

ソフト、アプリケーションが対応しなくなる

OSサポートが切れた場合の、もう一つの大きなリスクとして、ソフトウェア、アプリケーションが対応しなくなってしまう可能性があります。皆さんが日常的に使っている、各ソフトウェアやアプリケーションも、セキュリティやパフォーマンスの向上のためにアップデートを繰り返しています。

しかし、新しい技術が必ずしも古いバージョンのOSに対応するとは限りません。サポートが切れたOSは前述したようなセキュリティのリスクもあるため、各ソフトウェアメーカーは、サポートが切れたOSをどんどん切り捨てていってしまいます。

OSのサポート切れを放置していると、ある日突然、今まで使っていたアプリケーションが使えなくなるなんてこともあるかもしれません。

周辺機器が対応しなくなる

OSサポートが切れることの影響は、パソコン内のソフトウェアだけに留まりません。パソコンの周辺機器も、サポート期間外のOSには対応しなくなっていってしまいます。プリンターや、音楽プレイヤー、ハードディスクなどパソコンにつないで使う機器はたくさんありますが、それらの製品を新しく買っても自宅のパソコンでは使えない!なんてことになってしまいます。

サポート終了したWindowsVistaの対応策

Windows Vistaのサポートが切れた場合に備えて、対応策を見ていきましょう。いくつかの方法がありますが、あなたに合った対応策を見つけて準備を進めていきましょう。今からしっかり準備すれば、サポートが切れた後も安心ですね。

パソコンの買い替え

まず一つ目の対応策は、今使っていパソコンを新しいパソコンに買い換えるということです。これが最もシンプルな方法ですね。WindowsVistaの頃のパソコンと比較して、現在の最新のパソコンはさまざまな点でパフォーマンスが向上しています。ハードディスクも大容量となり、処理速度も速くなっているので、快適にお使いいただけるのではないでしょうか。

しかし、注意が必要なのは一言でパソコンと言っても色んな種類があるということです。当然価格も安いものから高いものまでさまざまです。自分の利用用途に合ったパソコンを選ぶことが大切ですね。

それ程多くの機能を使わないのに、スペックの高いパソコンを買ってしまえば、お金の無駄になってしまいます。決して安い買い物ではありませんので、パソコン選びは慎重に行ったほうが良さそうですね。

OSをアップロードする

パソコンを新しく買わずに、今使っているパソコンをそのまま使い続けたいという方には、OSをアップロードするという方法があります。これが出来れば、今のパソコンをそのまま使い続けることが出来ます。

しかし、この方法はあまり現実的とはいえないかもしれません。まず第一に、WindowsVistaの頃のパソコンのスペックでは、Windowsの最新OSを動作させるだけの環境を整えられない可能性が大きいということです。現在の最新OSはWindows10ですが、当然WindowsVistaの頃よりもハイスペックな仕様となっています。

Windows7などのバージョンに一時的にアップロードするというのも一つの方法かもしれませんが、時期が来ればまたサポート外になってしまう可能性があります。参考までにWindows10の推奨動作環境は、下記のようになっています。

【Windows10の推奨動作環境】
プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは
メモリ:32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
ハード ディスクの空き領域:32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ:800×600

OSアップデートするには

OSアップデートするには、まずWindows10のソフトウェアを購入する必要があります。
その後、購入したソフトウェアを使って自分のパソコンをアップデートします。基本的なアップデート方法は、ソフトウェアの説明書通りに進めて行けば問題ありませんが多少のパソコンの知識は必要になるかもしれません。

アップグレードは有償

OSのアップデートは有償です。Windows10のソフトウェアは、Windows10のマイクロソフトのページから2~3万円程の値段で購入することが出来ます。パソコンを新しく買うよりは安く済むかもしれませんが、アップデートにもそれなりにお金が掛かってしまうんですね。

メインメモリが2~3GB必要

アップデートには、パソコンのメインメモリが2~3GB必要となってきます。古い型のパソコンではメモリが足りない!なんてことになり兼ねないので、注意が必要です。アップデートのソフトウェアを購入する前に、前もってきちんと確認しておきましょう。

【メインメモリの確認方法】
デスクトップ

「スタート」

「マイコンピュータ」を右クリック

「プロパティ」をクリックして出てくるウィンドウの、「コンピュータ」のタブより確認

WindowsVistaから最新OSへアップデートする手順

WindowsVistaから最新OS(Windows10)へアップデートする手順としては、大きく下記のようになります。

【最新OSへアップデート】
1.マイクロソフトのページからソフトウェアを購入
2.購入したソフトウェアの説明書にしたがって、パソコンをアップデート
3.バックアップしておいたデータ等があれば復元

公式サイトよりOSを購入

下記のマイクロソフトの公式ページより購入することが出来ます。
マイクロソフトの公式ページ

クリーンインストール

クリーンインストールとは、皆さんが使っているパソコンのハードディスク内のデータを消去してからOSをインストールすることを意味します。既存のパソコン環境では、新しいOSに対応せずに不具合が起こる可能性があります。そのため、一度データを消去してから新しいOSをインストールするというわけです。

まとめ

WindowsVistaのOSサポートが切れるのは2017年4月です。サポート期限が過ぎた後もWindowsVistaを使い続けることは大きなリスクを伴います。皆さんも早めに対策を進めていきましょう。

また、あなたの周りでWindowsVistaを使っている方がいれば早めに教えてあげましょう。サポート期限が過ぎてからでは遅いのです。日常で使っているパソコンには個人情報がたくさん入っています。悪用されてしまえば被害を受けるのはあなたです。正しい知識を身につけて、快適なパソコンライフを送りましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です