Home / Windows / WindowsUpdateがエラーを繰り返す時の対応方法

WindowsUpdateがエラーを繰り返す時の対応方法

Pocket

win61-top
Windowsを使っていると、WindowsUpdateは避けて通れません。しかし、このWindowsUpdateが曲者です。OSのアップデートですから、失敗するとOSが壊れます。壊れないまでも、WindowsUpdateで何らかの不具合が発生することは少なくありません。

つまり、WindowsUpdateは慎重に実施される必要があります。ここで、明らかにWindowsが壊れた場合は対処の使用もありますが、WindowsUpdateがエラーを繰り返して、正常に終了しない場合には厄介です。

そんなWindowsUpdateがエラーを繰り返す時の対応方法について確認します。

スポンサーリンク

1.コントロールパネルから対処する

コントロールパネルから「Windows Updateで問題を解決する」を開きます。Windowsのバージョンによってコントロールパネルの構成は多少異なりますが、基本的にはどのバージョンでも利用できます。

以下、Windows10を例に進めます。

「Windows」キーを押しながら「X」キーを押して、表示されたメニューから「コントロールパネル」を選択します。

「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」を選択します。

win61-a

「システムとセキュリティ」ウィンドウで「セキュリティとメンテナンス」を選択します。

win61-b

「セキュリティとメンテナンス」ウィンドウで「トラブルシューティング」を選択します。

win61-c

「トラブルシューティング」ウィンドウの「システムとセキュリティ」にある「Windows Updateで問題を解決する」を選択します。

win61-d

「コンピュータの問題の防止とトラブルシューティング」ウィンドウで「Windows Update」が表示されていることを確認して「次へ」ボタンをクリックします。

win61-e

「更新プログラムのオンライン検索は・・・」と表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

2.Windows Update のトラブルシューティング ツールを利用する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

DVD

自作DVDが作れる!windowsでDVD書き込みする時の3ステップ

あなたはDVDを自作したことが …

Facebookでのご購読が便利です