Home / Windows / WindowsServcerのCALとは

WindowsServcerのCALとは

Pocket

win57-1
出典:Microsoft 中堅中小企業向けビジネスソリューション

WindowsServcerを使うためには2種類のライセンスが必要です。

1つはWindowsServcerに必要なサーバーライセンスです。こちらはわかりやすいのですが、もう一つ、サーバーにアクセスするクライアント側にもライセンスが必要です。この、サーバーにアクセスするクライアント側に必要なライセンスがCALです。

スポンサーリンク

1.CAL(Client Access License クライアント アクセス ライセンス)とは

win57-2
出典:Microsoftライセンス丸ごと早わかりガイド Chapter1

およそサーバーと呼ばれるコンピュータは、クライアントから接続されて初めてサーバーとしての役割を果たします。つまり、サーバーOSは単独で動作するものではないのです。

この、接続するクライアント数が、多くても、少なくてもサーバーはサーバーです。ここで、大企業のすべてのパソコンから接続するサーバーと、中小企業の特定の部署の数台のクライアントから接続するだけのサーバーが、同じ値段でいいのかという疑問が生ませます。

この疑問に答えるのがCALなのです。CALであれば、使う分だけライセンスを購入することで、公平性を実現しようとしています。また、接続するクライアントの増減にも柔軟に対応できます。

さらに、CALを持っていれば、複数のWindowsServcerに接続できますので、サービスによって複数のサーバーを運用している場合には追加で購入する必要もありません。

WindowsServcerのバージョンに合わせてCALが必要です。WindowsServcer2008のCALでWindowsServcer2012を利用することはできません。

ただし、CALもサーバーライセンスも下位互換となっています。例えば、WindowsServcer2012のCALを購入すれば、WindowsServcer2012とWindowsServcer2008が混在している環境でも利用できます。

2.CALが不要となる場合

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macだけじゃない!?Windows機種でiTunesをダウンロードする方法

iTunesは、アップル社が開 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です