Home / Microsoft / Windows / WindowsOSのPCを初期化する手順と注意点

WindowsOSのPCを初期化する手順と注意点

Pocket

win37-1
Windows OSは、どうしても使っているとゴミがたまって、動きがおかしくなったり、遅くなったり、不安定になったりします。

そんな状態になったら初期化するのが一番の解決策です。でも、慣れていないと大切なデータを消してしまったり、場合によっては初期状態に戻せなくなって、最悪の場合は高額な費用がかかることになりかねません。

ここではWindowsOSのPCを初期化する手順と注意点を確認します。

スポンサーリンク

1.Windows初期化前の準備

初期化の失敗例を見ると、失敗する原因は、ほとんどが初期化を始める前の準備が不十分だったことに起因します。

まずはバックアップが重要です。自分で作成したデータ、重要なメールや知り合いのメールアドレスなどのメール周りのデータ、ブラウザのお気に入りやアプリケーションの設定などバックアップが必要なものを忘れずにバックアップしておくことが必要です。

次に、Windowsのプロダクトキーやアプリケーションのライセンスキー、インターネットサービスプロバイダなどの、再セットアップに必要な情報を確認します。購入時の箱や、メディアケースなどに記載されている場合もありますし、ソフト的に保存されている場合や、メールで通知されている場合もあります。

最後に、再インストールするためのメディアなどを準備します。

メーカー製のWindowsマシンでは、リカバリメディアが付属せずに、HDDなどのストレージのリカバリ領域に保存してある場合も多いです。その場合はリカバリメディア作成のための手順が用意されていると思いますので、手順に従ってリカバリメディアを作成しておくことをお勧めします。

Windowsを初期化すると、付属しているハードウェアを駆動するためのデバイスドライバもすべてインストールし直しになります。メーカー製のPCでリカバリができないとややこしいことになります。リカバリの準備は非常に重要です。

その他のアプリケーションも再インストールの手順を確認して必要なものを準備しておくと安心です。

部品をくみ上げたいわゆる「自作パソコン」や、メーカーのWebで仕様を選択して購入する「BTOパソコン」などの場合は、ハードウェアを駆動するためのデバイスドライバをインストールするまで動かないハードウェアがあるかもしれません。例えば普段ワイアレスキーボードやワイヤレスマウスを利用している場合は、一時的にでも有線キーボードやマウスを準備する必要があります。また、特殊なネットワーク機器を利用している場合は、機器のWebサイトなどで最新のデバイスドライバー適用方法を確認して、必要ならダウンロードするなどして準備します。

2.Windows初期化の実行

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Windowsタスクマネージャーの機能とは?起動方法と活用法

Windowsには非常に多くの …

Facebookでのご購読が便利です