WindowsOSのインストール方法

LINEで送る
Pocket

パソコン②

今回は、WindowsOSのインストール方法についてご紹介します。

どのOSバージョンの際も細かい手順が変わったとしても、大きくはやることは変わりはありません。今回は、Windows Vistaから、Windows7へ新規インストールする方法についての内容です。マイクロソフト社公表のものがベースとなりますが、1つのインストール方法を身に付けることができれば、他のOSの際もスムーズに進む場合が多いですので、ご興味のある方は、1度ご覧ください。

スポンサーリンク

Windows VistaからWindows7への新規インストール方法(アップグレード)

ハードウェアおよびWindows Vistaの現在のエディションによっては、Windows VistaからWindows7の同等または上位エディションへのアップグレードは、インストールの際に、【アップグレード】(上書きインストール)を利用することができます。

アップグレード(上書きインストール)は、Windows Vistaの現在のファイル、設定、プログラムを維持できるため、コンピュータにWindows7を導入する最も便利な方法です。現在のエディションのWindows Vistaから希望するエディションのWindows7にアップグレードできない場合は、代わりに【カスタム】(新規インストール)を使用してWindows7をインストールできます。

ただし、【カスタム】(新規インストール)ではファイル、プログラムおよび設定は保持されません。

「プログラムおよびデバイスがWindows7で使用できることを確認する」
使用しているコンピュータでWindows Vistaを実行している場合、Windows7のシステム要件を満たしている場合でもWindows7UpgradeAdvisor(無料)をWindows7UpgradeAdvisorダウンロードして実行することをお勧めします。UpgradeAdvisorは、Windows7のインストールに影響する可能性のある、コンピュータのハードウェア、デバイス、またはプログラムの潜在的な問題の検出を支援し、対処方法を提案します。

また、Windows7互換センターにアクセスし、Windows7と互換性がある製品と、ドライバー、アップデートおよびダウンロードへのダイレクトリンクを検索します。

手順1:どのバージョンのWindows7にアップグレードできるか

アップグレード(上書きインストール)は、Windows7のアップグレード版または通常版のいずれも可能です。どちらのバージョンかは、Windows7製品パッケージの前面、またはオンライン販売の領収書に記載されています。

希望のWindows7エディションへのアップグレード(上書きインストール)を使用できない場合でも、【カスタム】(新規インストール)が使えます。

ただし、【カスタム】(新規インストール)では、ファイル、プログラム、および設定は保持されません。
●【Windows Vistaホームベーシック】は、Windows7ホームプレミアムへのアップグレードと、Windows7アルティメイトへのアップグレードが可能です。

●【Windows Vistaホームプレミアム】は、Windows7ホームプレミアムへのアップグレードと、Windows7アルティメイトへのアップグレードが可能です。

●【Windows Vistaビジネス】は、Windows7プロフェッショナルへのアップグレードと、Windows7アルティメイトへのアップグレードが可能です。

●【Windows Vistaアルティメイト】は、Windows7アルティメイトへのアップグレードが可能です。

「アップグレード(上書きインストール)を選択できない場合は」
いくつかのバージョンのWindowsでは、使用するインストールディスクによって、アップグレードができない場合があります。例えば、32ビット版のWindowsを64ビット版にアップグレードしたり、Windows Vistaアルティメイトなどの上位エディションのWindowsから、Windows7ホームプレミアムなどの下位エディションにアップグレードすることはできません。

このような場合は、【カスタム】(新規インストール)でインストールする必要があります。しかし、【アップグレード】(上書きインストール)とは異なり、【カスタム】(新規インストールでは、ファイル、設定、またはプログラムは保持はされません。Windows7をインストールする前にファイルおよび設定をバックアップし、インストールの完了後にそれらを復元する必要があります。

また、アプリケーションプログラムを再インストールするために、元のインストールディスクやファイルが必要になる可能性もあります。 ※WindowsXPより前のオペレーティングシステムをアップグレードするには、Windows7のフルバージョンを購入し、新規インストール(カスタム)を実行する必要があります。

「32ビット、64ビット、どのバージョンのWindows7をインストールするか」
32ビット版のWindows Vistaを実行している場合は、32ビット版のWindows7にしかアップグレードできません。

同様に64ビット版のWindows Vistaを実行している場合は、64ビット版のWindows7にしかアップグレードすることはできません。それ以外の場合は、【カスタム】(新規インストール)を使用してWindows7をインストールする必要があります。

手順2:Windows7のインストール方法

「インストール前の注意事項」
【アップグレード】(上書きインストール)でWindows7のインストールを行うと、Windows Vistaのファイル、設定、およびプログラムを保持できます。

まずはじめに、●コンピュータにWindows Vistaのサービスパック1またはサービスパック2のいずれかが適用済であることを確認します。●インストール中にインストール更新プログラムを取得できるようにパソコンをインターネットに接続しておきます。

●ウイルス対策プログラムを更新して実行し、オフにしておきます。Windows7のインストール後、必ずウイルス対策プログラムを再びオンにするか、Windows7上で動作する新しいウイルス対策ソフトウェアをインストールしてください。

●Windows7の32ビット版または、64ビット版のいずれかのWindows7インストールディスクを選択します。コンピュータが64ビット版のWindows Vistaを実行している場合は、64ビットインストールディスクを使用できます。

●25文字のWindowsプロダクトキーを見つけます。プロダクトキーは、Windowsパッケージ内のインストールディスクケースに貼ってあるか、オンラインで購入している場合は、確認メールに記載されています。

●コンピュータへのログオンに指紋リーダーもしくは生体認証デバイスを使用している場合は、アップグレードを実行する前にパスワードを書き留めておきます。

インストールの実行方法

①パソコンを起動します。 
②Windows Vistaが起動したら、次の操作を実行します。

●Windows7をオンラインで購入してダウンロードした場合は、そのインストールファイルを開きます。Windows7をネットブックにインストールする場合は、Windows7をオンラインで購入してダウンロードする方法が最も簡単です。

●Windows7インストールディスクがある場合、そのディスクをコンピュータに挿入します。セットアップが自動的に開始します。開始されない場合は、【スタート】ボタンをクリックし、【コンピュータ】をクリックしてDVDドライブをダブルクリックするとWindows7インストールディスクが開きます。そこで【setup.exe】をダブルクリックします。 

③【Windowsのインストール】画面で、【今すぐインストール】をクリックします。 

④【インストールの重要な更新プログラムの取得】画面で、インストールを成功させ、セキュリティの脅威からコンピュータを保護するのに役立つ、最新の更新プログラムを入手することをお勧めします。更新プログラムを入手するには、Windows7のインストール中にインターネットに接続している必要があります。 

⑤【ライセンス条項をお読みください】画面で、ライセンス条項に問題がない場合は【条項に同意します】をクリックして【次へ】をクリックします。 

⑥【インストールの種類】画面で、【アップグレード】をクリックします。 

⑦Windows7のインストール終了します。

まとめ

今回は、Windows VistaからWindows7への新規インストール方法についてご紹介しました。

WindowsOSのインストール方法であれば、バージョンが変わってもやり方はそこまで大きく変わりませんので、1度覚えてみることをお勧めします。Windowsから他のOSに変わったとしても、根本的な手順、流れは大差ありませんので、今後の知識として身に付けても良いと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です