Home / Microsoft / Windows / WindowsLiveムービーメーカーとは?基本的な使い方

WindowsLiveムービーメーカーとは?基本的な使い方

Pocket

win78-1

Windows Vistaまでに標準で付属していたWindowsムービーメーカーはWindows7から付属しなくなりました。その代わりにWindows Vistaまで付属していたアプリケーションをまとめてWindows Essentialsとして一つのパッケージにして無償で公開しています。その中にWindowsLiveムービーメーカーが含まれています。このWindowsLiveムービーメーカーは名前からしてWindowsムービーメーカーの後継かと思いますが、互換性はなく、機能は少し削られています。

Windows Essentials 2012からはWindows ムービーメーカーに改名されました。でも、昔のWindows ムービーメーカーとは別物の、WindowsLiveムービーメーカー2012がWindows ムービーメーカーに改名されたのです。以下、新しいWindows ムービーメーカーも含めて、以前のWindows ムービーメーカーと区別するためにWindowsLiveムービーメーカーと表記します。

スポンサーリンク

1.WindowsLiveムービーメーカーでの基本的な作業の流れ

WindowsLiveムービーメーカーでは、「プロジェクト」と呼ばれる作業ファイルで編集します。拡張子は「.wlmp」です。この「プロジェクト」に動画ファイルや画像ファイルや音声ファイルを読み込みます。

読み込めるファイル形式は
◆動画ファイル
wmv, asf, avi, mpg, vob, mp4, m4v, mp4v, flv, mkv, mov, qt, 3g2, 3gp, 3gp2, 3gpp, k3g, mts, m2t, m2ts, ts, tts, m1v, m2v, mp2v, mpe, mpeg, dvr-ms, mod, mpv2, mqv, wm, wtv, asx, mpa, wmx, wvx, ismv, skm, webm
◆画像ファイル
jpg, png, bmp, dib, rle, gif, ico, icon, jpeg, jpe, jfif, exif, tiff, tif, wdp
◆音声ファイル
wma, mp3, wav
です。

読み込んだファイルを使って「プロジェクト」で編集します。途中の作業ファイルは「プロジェクト」として保存できます。編集が住んで完成したら動画ファイルに出力します。使用するデバイスやアップロードするサイトによって解像度が自動調節されます。出力できる動画ファイルはMPEG-4(.mp4)とWindows Mediaビデオファイル(.wmv)です。

win78-2

2.WindowsLiveムービーメーカーにファイルを取り込む

WindowsLiveムービーメーカーを起動します。Windows10にはインストールされていても「すべてのアプリ」に表示されませんので、「Windows」キーを押して「movie maker」とキー入力して「Movie Maker」をクリックします。

win78-3

画面上にメニューが並んで、左がプレビュー画面で右が作業画面です。ファイルをドラッグして右の作業画面にドロップするか、「ホーム」タブの「ビデオおよび写真の追加」をクリックしてファイルを取り込みます。

win78-4

順番は後で変更できますので、必要なファイルをどんどん追加します。

3.編集と動画の出力

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【Windows10】パソコン画面が真っ暗になる意外な原因3つ

現在、パソコンをお使いの方であ …

Facebookでのご購読が便利です