WindowsLiveムービーメーカーとは?基本的な使い方

LINEで送る
Pocket

win78-1

Windows Vistaまでに標準で付属していたWindowsムービーメーカーはWindows7から付属しなくなりました。その代わりにWindows Vistaまで付属していたアプリケーションをまとめてWindows Essentialsとして一つのパッケージにして無償で公開しています。その中にWindowsLiveムービーメーカーが含まれています。このWindowsLiveムービーメーカーは名前からしてWindowsムービーメーカーの後継かと思いますが、互換性はなく、機能は少し削られています。

Windows Essentials 2012からはWindows ムービーメーカーに改名されました。でも、昔のWindows ムービーメーカーとは別物の、WindowsLiveムービーメーカー2012がWindows ムービーメーカーに改名されたのです。以下、新しいWindows ムービーメーカーも含めて、以前のWindows ムービーメーカーと区別するためにWindowsLiveムービーメーカーと表記します。

スポンサーリンク

1.WindowsLiveムービーメーカーでの基本的な作業の流れ

WindowsLiveムービーメーカーでは、「プロジェクト」と呼ばれる作業ファイルで編集します。拡張子は「.wlmp」です。この「プロジェクト」に動画ファイルや画像ファイルや音声ファイルを読み込みます。

読み込めるファイル形式は
◆動画ファイル
wmv, asf, avi, mpg, vob, mp4, m4v, mp4v, flv, mkv, mov, qt, 3g2, 3gp, 3gp2, 3gpp, k3g, mts, m2t, m2ts, ts, tts, m1v, m2v, mp2v, mpe, mpeg, dvr-ms, mod, mpv2, mqv, wm, wtv, asx, mpa, wmx, wvx, ismv, skm, webm
◆画像ファイル
jpg, png, bmp, dib, rle, gif, ico, icon, jpeg, jpe, jfif, exif, tiff, tif, wdp
◆音声ファイル
wma, mp3, wav
です。

読み込んだファイルを使って「プロジェクト」で編集します。途中の作業ファイルは「プロジェクト」として保存できます。編集が住んで完成したら動画ファイルに出力します。使用するデバイスやアップロードするサイトによって解像度が自動調節されます。出力できる動画ファイルはMPEG-4(.mp4)とWindows Mediaビデオファイル(.wmv)です。

win78-2

2.WindowsLiveムービーメーカーにファイルを取り込む

WindowsLiveムービーメーカーを起動します。Windows10にはインストールされていても「すべてのアプリ」に表示されませんので、「Windows」キーを押して「movie maker」とキー入力して「Movie Maker」をクリックします。

win78-3

画面上にメニューが並んで、左がプレビュー画面で右が作業画面です。ファイルをドラッグして右の作業画面にドロップするか、「ホーム」タブの「ビデオおよび写真の追加」をクリックしてファイルを取り込みます。

win78-4

順番は後で変更できますので、必要なファイルをどんどん追加します。

3.編集と動画の出力

編集でどんなことができるのかイメージを知るために、「オートムービーのテーマ」を指定してみます。オートで試してみて、気に入らない部分を変更するという方針です。

「オートムービーのテーマ」右側の「▼」をクリックして「テーマ」を表示します。「テーマ」にカーソルを合わせると(マウスオーバー)、そのテーマでのプレビューが始まります
「シネマティック」を選択してみます。

win78-5

「音楽を追加するかどうか聞いてきます。せっかくですので追加します。今回はフリーBGMをダウンロードして追加しました。

win78-6

作業画面の画像の下に音楽の帯が追加されました。動画の長さに合わせて、自動で音楽を繰り返すか切り取られます。プレビュー画面の再生ボタンを押して確認します。

win78-7

動画にもともと音が入っていた場合は、音が重なります。そんな時は、作業画面の音を切りたい場所に縦棒(インジケータ)を移動させて、「音楽ツール」の「オプション」を選択します。

「分割」で分割するか、「停止位置の設定」で音楽を切ります。デフォルトでは「フェードアウト」が「普通」になっていますので、必要に応じて変更します。

win78-8

動画の編集は、「ビデオツール」の「編集」をクリックします。

win78-9

編集がすんで動画が完成したら、「ファイル」タブの「ムービーの保存」または「ムービーのアップロード」でムービーを保存します。

ムービーが完成しても、念のために最終の「プロジェクト」を保存しておきます。

まとめ

WindowsLiveムービーメーカーの基本的な使い方を確認しました。WindowsLiveムービーメーカーでは、お手軽に簡単な動画編集が可能です。複雑な動画編集は専用のアプリに任せることにはなりますが、お手軽な編集にはうってつけのアプリです。ぜひ一度使ってみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です