WindowsでMacと互換性のあるzipファイルを作成する方法

LINEで送る
Pocket

パソコン③

今回、WindowsでMacと互換性のあるzipファイルを作成する方法についてご紹介します。基本的には、MacユーザーからWindowsに送られてくる、Macで作成した圧縮ファイルを、開こうとすると、文字化けすることが多くあります。既存の標準の圧縮の仕方だと、どうしても互換性の問題からそのようになってしまいます。今回は、文字化けしない互換性のあるファイルの作成する方法と、そもそも、zipファイルって何?圧縮って何?という方にもわかるよう、それぞれの説明もしていますので、聞いたことがある人も聞いたことがない人も、ご興味ある方はご覧ください。

スポンサーリンク

zipファイルとは

ファイルの圧縮形式には複数あり、それぞれの形式に対応した解凍ソフトがないと圧縮を開くことはできません。圧縮ファイルの種類はファイルの拡張子で分かるようになっています。一般的な圧縮形式は次の通りです。
●形式名:LHA、拡張子:lzh、特徴:日本で一般的 
●形式名:ZIP、拡張子:zip、特徴:アメリカや日本で一般的 
●形式名:RAR、拡張子:rar、特徴:ヨーロッパで一般的 
●形式名:CAB、拡張子:cab、特徴:Windowsで利用、Macでは使われない 
●形式名:SIT、拡張子sit、特徴:Macで利用 
●形式名:自己解凍型、拡張子:exe、特徴:Windowsの自己解凍型 
●形式名:自己解凍型、拡張子:sea、特徴:Macの自己解凍型

圧縮ファイルとは

ファイルをメールに添付して送ったり、外付けハードディスクに移動させるときなどに、ファイルの容量を小さくしたい場合にファイルを圧縮したりします。ファイルの圧縮とは、圧縮プログラムを使ってファイルのサイズをコンパクトにすることです。圧縮されたファイルのことを【圧縮ファイル】と言います。自己解凍型の圧縮ファイルはダブルクリックで開くことができますが、それ以外は【解凍ソフト】が必要になります。

ファイルの圧縮方法と圧縮解除方法について

圧縮ファイルは、圧縮されていないファイルに比べて使用する記憶域が少なく、他のコンピューターへの転送時間もより短くなります。圧縮ファイルと圧縮フォルダーは、圧縮されていないファイルやフォルダーと同じように扱うことができます。複数のファイルを1つの圧縮フォルダーとしてまとめることもできます。これにより、ファイルのグループを簡単に共有できるようになります。

「ファイルやフォルダーを圧縮(zip)するには」

①圧縮するファイルまたはフォルダーを検索します。 ②そのファイルまたはフォルダーを右クリックして【送る】をポイントし、【圧縮(zip形式)フォルダー】をクリックします。新しい圧縮フォルダーが同じ場所に作成されます。名前を変更するには、フォルダーを右クリックして【名前の変更】をクリックし、新しい名前を入力します。

「圧縮フォルダーからファイルまたはフォルダーを展開(unzip)するには」

①ファイルまたはフォルダーの展開元の圧縮フォルダーを検索します。 ②次のいずれかの操作を行います。 ●1つのファイルまたはフォルダーを展開するには、圧縮フォルダーをダブルクリックして開きます。次に、ファイルまたはフォルダーを、圧縮フォルダーから新しい場所にドラッグします。 ●圧縮フォルダーのすべてのコンテンツを展開するには、フォルダーを右クリックして【すべて展開】をクリックし、指示に従って操作します。 

※暗号化されたファイルや圧縮フォルダーに追加した場合、これらのファイルは展開時に暗号化が解除されるめ、個人情報や秘密情報が誤って漏洩される可能性があります。このため、暗号化されたファイルを圧縮することは避けてください。JPEG画像のような特定の種類のファイルは、既に高度に圧縮されています。このため、複数のJPEG画像を1つのフォルダーに圧縮した場合、フォルダーの合計サイズは元の画像をまとめた大きさとほぼ同じになります。画像を小さくして電子メールで送信する場合は、添付してそのまま送信することができます。作成済みの圧縮フォルダーに新しいファイルまたはフォルダーを追加するには、追加するファイルや圧縮フォルダーにドラッグします。

「電子メールで送信する場合」
①ピクチャライブラリを開くには【スタート】ボタン、【ピクチャ】の順にクリックします。 ②メールで送信する画像が含まれているフォルダーを開き、画像をクリックします。複数の画像を選択するには、Ctrlキーを押しながら、画像をクリックします。 ③ツールバーの【メール】をクリックします。メールプログラムがコンピューターにインストールされていない場合には、このコマンドは表示されません。 ④【添付ファイル】ダイアログボックスの【画像サイズ】ドロップダウンリストから画像サイズを選択し、【添付】をクリックします。Windowsにより、優先設定されたメールプログラムが起動し、画像が添付された新規メッセージ作成画面が開きます。 ⑤メールメッセージを作成し【送信】をクリックします。

WindowsでMacと互換性のあるzipファイルを作成する方法

Macでは標準機能でファイルやフォルダをzip形式に圧縮することができます。圧縮したいフォルダで右クリックを押すと【”フォルダ名”を圧縮】という項目が表示されます。【”フォルダ名”を圧縮】を選択すると、指定フォルダを圧縮したzipファイル【ファイル名.zip】が作成されます。特に解凍ソフトをインストールしなくてもzipファイルをダブルクリックするだけで解凍することができます。この標準機能を用いて作成したzipファイルの中に、ファイル名に日本語を使用したいものがある場合、そのファイルをWindows上で解凍すると日本語が文字化けしてしまいます。この文字化けを解消するには、次のような別の圧縮ソフトを使って、ファイルやフォルダを圧縮することにより、Windowsでも正常に確認することができるようになります。

MacWinZipper(WinArchiver)

細かい設定も必要なく、ファイルやフォルダをアイコンへドラッグ&ドロップするだけの簡単操作です。特徴としてっは次の通りです。 ●【文字化けを防止】文字コードを適切に判断してWindowsでの文字化けしないzipファイルを作成します。 ●【ファイル名を自動修正】不適切なファイル名を自動的に修正してzipファイルを作成します。 ●【暗号化】暗号化することができ安全です。 ●【zip64】にも対応しており、自動的に処理されます。 ●【詳細なログ】自動処理された詳しい内容がログに記録されるので必要なときに確認することができます。 ●【無料】フリーソフトとして無料で使うことができます。

MacZip4Win

MacZip4Winは、Windows環境で開いても文字化けせず、不要なファイルも含まないzipファイルを作成できる圧縮ソフトです。シンプルな使い方で、圧縮したいファイル、またはフォルダをMacZip4Winのアイコンにドラッグ&ドロップするだけで、zipファイルが同じディレクトリに作成されます。解凍時にパスワードが必要なzipファイルを作ることもできます。

まとめ

今回、「zipファイルとは」「圧縮ファイルとは」「ファイルの圧縮方法と圧縮解除方法について」「WindowsでMacと互換性のあるzipファイルを作成する方法」について紹介しました。特に仕事などで利用されている方は、大きなファイルなどをメール等でやり取りする方も多いと思います。または、大事なデータなどを外部のハードディスク等に移動する場合もあると思います。そういった際に、圧縮の仕方や、互換性のある圧縮ファイルの作成の仕方などを知っておくと、作業もスムーズに進みます。始めての方はぜひ、1度、試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です