Windowsでよく使用するソフトウェアを起動時に自動起動させる方法

LINEで送る
Pocket

パソコン③

今回は、Windowsでよく使用するソフトウェアを起動時に自動起動させる方法について、ご紹介いたします。よく使うソフトウェアやプログラムは、Windowsを起動させて、再度のそのプログラムなどを起動させるのは面倒に感じてしまうこともあります。

今回は、よく使うソフトウェアやプログラムなどをWindowsの起動時に併せて自動起動させる方法についてです。これにより、ちょっとした動作ですが、起動させる動作が不要となり、生産性が上がります。また、煩わしさから解放されます。

自動起動に関する「Windowsの起動時に自動的にプログラムを自動起動させる方法」と、自動起動にしていたが、やっぱり自動起動を解除したくなった場合の「Windowsの起動時に自動的にプログラムを自動起動をしないようにする方法」についてもご紹介します。

自動起動にして、最初は使いやすく良かったけども、時間が経つと使うプログラムなども変わるため、自動起動を解除する方法もしっておかなくてはなりません。両方を知っておくことにより、スムーズに操作することができるようになります。毎日扱うパソコンだからこそ、ちょっとした動作を省略できるようにし、どんどん効率化を図れるようにしましょう。最近Windowsを使い初めた方などは特に、ご覧ください。

スポンサーリンク

Windowsの起動時に自動的にプログラムを自動起動させる方法

コンピューターの起動後に、Webブラウザや電子メールプログラムなど、常に同じプログラムを起動する場合は、Windowsの起動時に、それらのプログラムが自動的に起動するようにすると大変便利です。スタートアップフォルダーに配置されたプログラムまたはショートカットはWindowsの起動時に自動的に実行されます。

「操作手順」
①【スタート】ボタンをクリックしm【すべてのプログラム】をクリックし、【スタートアップ】フォルダーを右クリックして【開く】をクリックします。 

②ショートカットを作成する項目を含む場所を開きます。 

③項目を右クリックし、【ショートカットの作成】をクリックします。新しいショートカットが元の項目と同じ場所に表示されます。 

④ショートカットをスタートアップフォルダーにドラッグします。以上で、Windowsを起動させるとプログラムは自動的に実行されるようになります。また、ファイルのショートカットをスタートアップフォルダーにドラッグすることによって、ワードプロッシングドキュメントのような個別のファイルを自動的に起動させることもできます。

Windowsの起動時に自動的にプログラムを自動起動をしないようにする方法

常駐プログラムを解除するには、次の手順を順番に実行します。

①スタートアップフォルダーから常駐プログラムのショートカットを削除する 

②システム構成を使用して常駐プログラムの設定を解除する。

手順①:スタートアップフォルダーから常駐プログラムのショートカットを削除する

【スタートアップ】フォルダーにあるプログラムのショートカットは、Windowsの起動時に自動的に起動します。

次の手順に従って自動的に起動する必要のないプログラムのショートカットを削除してください。 
※【スタートアップ】フォルダーからプログラムのショートカットを削除しても、実際のプログラムは削除されませんが、ウイルス対策ソフトウェアのショートカットを削除した場合、ウイルス対策ができなくなり、ウイルスに感染するなどのセキュリティ上の問題が発生するため削除しないでください。 

①【スタート】ボタンをクリックし、【すべてのプログラム】をクリックして、【スタートアップ】をクリックします。 

②Windowsの起動時に、自動的に起動する必要のないプログラムのショートカット名を右クリックし、メニューから【削除】をクリックします。 

③【このショートカットをごみ箱に移動しますか?】とメッセージが表示されるので、【はい】ボタンをクリックして削除します。 

④コンピューターを再起動し、再起動後、手順2で削除した常駐プログラムが起動していないことを確認します。手順1を実行しても、自動的に起動する必要のないプログラムが、起動している場合は、次の「システム構成を使用して常駐プログラムの設定を解除する」を実行してください。

手順②:システム構成を使用して常駐プログラムの設定を解除する

①【スタート】ボタンをクリックし、【プログラムとファイルの検索】ボックスにmsconfigと入力して、検索されたmsconfig.exeをクリックします。 

②【システム構成】画面の【スタートアップ】タブをクリックします。 

③リストボックス内の【スタートアップ項目】の中から、自動的に起動する必要のないプログラムを見つけて【スタートアップ項目】の横にあるチェックボックスのチェックをオフにし【OK】ボタンをクリックします。 

※【スタートアップ項目】も一覧には、Windowsやその他アプリケーションの動作に必要な項目も含まれています。それらを解除すると、コンピューターの一部の機能が使用できなくなることがあります。

チェックをオフにする場合は、常駐プログラムの内容を確認のうえ、解除してください。また、製造元に【Microsoft Corporation】と表示されているものは、なるべくチェックをオフにしてないでください。(一部、解除しても安全なものもあります)

④【システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。再起動の前に開いているファイルを全て保存し、すべてのプログラムを閉じてください】とメッセージが表示されたら、起動しているすべての画面を閉じて、【再起動】ボタンをクリックします。 

⑤コンピューターの再起動後、手順3で解除した常駐プログラムが起動していないことを確認します。

プログラムを自動起動することによるデメリット

Windowsの起動時にプログラムを自動的に起動するようにした場合のデメリットとして、パソコンの動作やシャットダウン時に動作が遅くなる可能性があります。あまり自動的に起動するソフトを増やしすぎたりすると、パソコンのパフォーマンスが落ちる原因になる場合もありますので、定期的に自動起動のソフトが本当に使うものかどうか、自動起動でメリットになっているかどうかを、確認する必要はあります。

まとめ

今回は、「Windowsの起動時に自動的にプログラムを自動起動させる方法」と、自動起動にしていたが、やっぱり自動起動を解除したくなった場合の「Windowsの起動時に自動的にプログラムを自動起動をしないようにする方法」についてご紹介しました。

それぞれ、ちょっとした動作ですが、自動で起動することで、大変便利になります。また、その都度、よく使うソフトなどは変わってきますので、時期や使用頻度に合わせて、Windowsと一緒に自動起動するソフトも変えていくとより効率的です。

スマートフォンなどもそうですが、慣れてくるとちょっとした1動作がストレスに感じることもあります。自動起動によって、そのストレスが緩和されたり、作業時間の短縮に繋がるようであれば、ぜひ、取り入れるべきです。

最近になってWindowsを使い初められた方や、自動起動について初めて知った方などは、ぜひ、積極的に取り入れてみてください。劇的に変わるということではありませんが、毎日の数秒が1動作が短縮されますので、結果として、時間を短縮させることができます。

ただし、本当に使うソフトなのかどうかを定期的に確認はしていきましょう。不要なものを自動起動にし、そのままにしておくと、パソコンのパフォーマンスが落ちる原因にもなりかねません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です