WindowsVistaを安全に初期化する手順

LINEで送る
Pocket

今回は、Windows Vistaを安全に初期化する方法についてご紹介いたします。いろいろなソフトやデータがたくさん入ってしまい、動作を軽くしたい、ウイルスが入ってしまったなど、いくつかの理由からパソコンを初期化する場合があります。初期化すると工場出荷時の状態に戻りますので、自分で追加したアプリケーションやバックアップしていない各データなどは全て消えてしまうことになります。

今回は、特に安全に初期化できるよう、dellが公表しているWindows Vistaの初期化方法をベースにしてご紹介いたします。Windows Vistaの初期化を検討している方、 Vistaを使っているが重くていらないデータなどをまとめて削除したい方などは、ぜひ、ご覧になって参考にしてみてください。

スポンサーリンク


1 (27)
photo-ac

初期化とは

パソコンの初期化はリカバリーとも言います。工場出荷時や1番最初の状態に戻すことです。初期化した場合、1番最初の状態に戻るわけですので、後からインストールしたソフト、保存していないデータ、カスタマイズした設定などは全て消えます。ウイルスに感染していた場合は、ウイルスも消えます。

初期化することのメリット、デメリット

初期化することのメリットは、不具合があるシステムなどが元に戻り、パソコンが軽く速くうごくようになります。気づかないうちに入っていたスパイウェアなどがいれば、消すことができます。デメリットとしては、各種ドライバーやソフトウェアを再度インストールし直さなければいけません。バックアップしていない場合、保存していた写真や音楽、文章などが全て消えてしまいます。セキュリティパッチなどが古くなり、最新にするまでに不安定な状態になります。

Windows Vistaの初期化について

Windows Vistaの初期化方法に関して紹介します。基本的にイメージリカバリを利用することで、従来のWindows再インストールより簡単な操作で工場出荷時の状態(初期化)へ戻すことができます。先に注意事項としては、●ハードディスクのフォーマットをおこなうと、既存のデータは全て消去されますので、事前にパックアップを取っておいてください。●周辺機器や増設機器は全て外した状態で作業をおこなってください。●ノートパソコンをお使いの場合は、ACアダプタに接続した状態で作業をおこなってください。

Windows Vista初期化する手順(dellの場合)

①パソコンの電源を入れ、デルのロゴが表示されたら「詳細ブート オプション」画面が表示されるまでF8キーを連続して押します。Windowsが起動したら、もう1度、電源を落としてやり直します。 
②「詳細ブート オプション」が表示されたら、「コンピュータの修復」を矢印キーで選び、「Enter」キーを押します。 
③「システム回復オプション」のウィンドウが開いたら、言語とキーボードの種類を選び、「次へ」をクリックします。 
④管理者権限を持つユーザー名を選びます。パスワードの設定をしていない場合は「パスワード」蘭は空欄で大丈夫です。「次へ」をクリックします。 
⑤一番下の「デル出荷時のイメージ復元」をクリックします。イメージリカバリが搭載されていない場合は表示されません。 
⑥「デル出荷時のイメージ復元へようこそ」と表示されたら、「次へ」をクリックして先へ進みます。 
⑦データ削除の確認画面が表示されます。問題がなければチェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックします。 ⑧復元作業が始まります。 
⑨「出荷時のイメージが正常に復元されました」と表示されたら、「完了」をクリックして復元作業は完了です。 
⑩パソコンの電源をこのまま切るには、「シャットダウン」を選択し、初期設定画面に進むには「再起動」をクリックします。 
⑪「再起動」をクリックした場合、パソコンは再起動し、初回起動時と同じセットアップ画面が表示されます。 

初期化後のセットアップについて

Windowsの初期セットアップとは、パソコンの納品後初めて電源を入れた時や、イメージリカバリを実施した直後に表示される設定画面のことを言います。セットアップの際に注意することは、●パソコンに接続されている周辺機器や、増設機器は全て外した状態で作業をおこなうこと、初期セットアップ完了後に、上記周辺機器や増設機器を取り付けていきます。ノートパソコンをお使いの場合は、必ずACアダプタを接続した状態で作業をおこなってください。

Windows Vista初期化後、セットアップする手順(dell、Windows Vista Home Premiumの場合)

①パソコンの電源を入れます。1分程待つと、「Windowsのセットアップ」画面が表示されますので、各項目を選択し「次へ」をクリックします。 
②「マイクロソフトソフトウェアライセンス条項」の画面が表示されます。条項内容を確認し、「ライセンス条項に同意します」にチェックを入れます。「次へ」をクリックします。 
③「ユーザー名と画像の選択」画面が表示されたら、「ユーザー名」を入力し、アカウントとして使用する画像を選択します。「パスワード」欄と「パスワードのヒント」欄は空欄でも問題ありません。入力後、「次へ」をクリックします。 ※パスワードの入力時、入力した文字は表示されず伏せ字で表示されます。アルファベットは、大文字と小文字を違う文字として区別されます。パスワードは漏洩、または忘れないように大切に保管してください。 
④「コンピュータ名」」と「デスクトップの背景」の選択画面が表示されたら、コンピュータ名を入力し、デスクトップの背景を選択して「次へ」をクリックします。 ※「コンピュータ名」とは、家庭内でコンピュータネットワークを組んだ場合に、各コンピュータを識別するために使用する名前です。初期セットアップ後に変更することもできます。 
⑤Windowsのセキュリティ設定画面が表示されたら、「推奨設定を使用します(R)」をクリックします。 
⑥「時刻と日付の設定の確認」画面が表示されたら、現在の日付と時刻を設定し「次へ」をクリックします。 
⑦「ありがとうございます」の画面が表示されたらシステムの設定は終了です、「開始」をクリックして5分程待ちます。 
⑧③で管理者のパスワードを設定した場合は、Windows Vistaのログイン画面が表示されますので、パスワードを入力し管理者権限でログオンします。 ※③でパスワードを設定していない場合は、この画面は表示されません。 ⑨Windows Vistaのデスクトップ画面が表示されたら、初期セットアップは完了です。

まとめ

今回は、Windows Vistaを安全に初期化する方法についてご紹介いたしました。そこまで時間はかからずに初期化から、初期セットアップまでおこなうことができます。初期化することで、真っさらな状態に戻りますので、今以上に機敏に動く可能性が大です。注意点としては、必ず必要なデータ(写真や音楽など含め)は、バックアップをしておくことです。以外にバックアップをとらずに初期化してしまってデータなどが全て消えてしまい困ってしまう人は多いです。後でバックアップしようと思っても、クリックしてしまったら、一瞬で消えてしまいます。必要なデータのバックアップを取ることと、周辺機器や増設機器は必ずすべて外した状態で作業をおこなうようにすること、これらは注意したうえで初期化するようしてください。

また、初期化して終わりではなく、初期セットアップが必要になります。こちらも簡単におこなえますので、必ず忘れずにしてください。初期化すると最初の状態に戻るので、気分もスッキリしてパソコンを使うことができます。いろいろな節目に初期化してもいいかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です