WindowsVistaを高速化させる手順

LINEで送る
Pocket

Windows Vistaは、WindowsXPやWindows7に比べ、起動や動作が遅いと指摘の多いOSです。理由は Vistaがマイクロソフトが今までリリースしてきたOSの中でも、デザイン重視で様々な機能などが付いており、メモリー消費量がかなり多いためです。最初から起動や動作が重いWindows Vistaですが、カスタマイズを行えば起動、動作は速くすることができます。今回はWindows Vistaの重い動作を解消して高速化する方法についてご紹介します。

1 (26)
出典:photo-ac

スポンサーリンク

Windows Vistaを高速化させる方法

それまでのWindowsに比べ、動作が遅いことでも有名なWindows Vista。ここでは、Windows Vistaの遅い動作を解消し、速くするための方法を全14種類ご紹介します。

①メモリーを増設する

非常にメモリー消費量の多いWindows Vistaは最低でも2GB以上搭載しましょう。2GB以上可能であればできる限りメモリー増設を行いましょう。Windows Vistaは発売当初パソコンメモリーが1GBしか搭載されていませんでした。今のiPhoneでも16GB以上です。1GBだと処理速度を上げるのには限界がありますので、メモリーの搭載量自体を上げることが遅い速度を改善するために非常に重要な要素となります。

②Windows Aeroをオフにする

Windows Aeroは、Vistaから搭載された機能でグラフィックに関する機能になります。ウィンドウを半透明にし表示したり、立体的に並べて切り替えたりすることができます。これまでCPUが行っていたグラフィック処理をグラフィックチップに任せCPUの負担を軽くし、その分、全体のパフォーマンスを上げるために搭載された機能でした。しかし、グラフィックチップの性能が十分でない場合は、逆に重荷になり、全体のパフォーマンスを落とす原因となりました。Windows Aeroをオフにすることで、遅い動作を速くすることができます。

③いらないプログラムを削除する

使用していないソフトは削除しましょう。また、メッセンジャー系のプログラムは使う時のみ使用するようにしましょう。Windows Vistaにある標準のWindowsサイドバーやWindowsDefenderもオフにすることができますので、極力使わないものはオフにしておくようにしましょう。パソコンに導入したソフトの中には、Windowsと同時に起動して常駐するものがあります。同時起動なため、すぐに利用することができますが、起動に時間がかかってしまいますし、常にメモリー容量を消費する原因となります。常駐ソフトを確認し、使わないものは解除、もしくは削除しましょう。

④ファイルのインデックス作成をオフにする

Windows Vistaでは、フォルダウィンドウやスタートメニューの検索ボックスにキーワードを入れると、素早くファイル検索できるようになっています。便利な機能ですが、この機能を実現するために、バックグラウンドでは定期的にファイルのインデックスが作成されています。インデックス作成中は全体のパフォーマンスが下がり、動作が遅くなる原因の1つになります。遅い動作を速くするためにインデックス作成はオフにしましょう。

⑤Windows Defenderも使わない場合はオフにする

Windows Defenderは、スパイウェアを監視する機能を持ちます。セキュリティのために役立つ機能ですが、他にセキュリティソフトを導入している場合は、同じ機能を持っていたりしますので、負担を減らし全体のパフォーマンスを上げるためにも、機能が不要な場合はオフにすることで遅い動作を速くすることができます。

⑥機能重視の設定へ変更する

Windows Vistaの設定を変更します。パフォーマンス優先から機能重視の設定へ変更します。
背景画・壁紙なども無くしましょう。余計な機能を使わないことで動作が軽くなります。

⑦セキュリティソフトを変更する

セキュリティソフトというのはウイルスなどからパソコンを守ってくれるソフトですが、実は1番メモリーを消費し、重い動作の大きな原因になっています。さらに、ソフトによっては自動でスキャン、アップデートが始まり、Windows Vistaの動作をさらに遅くしていきます。どのセキュリティソフトもセキュリティ対策には大きな差はありませんので、軽いソフトに変更することで、遅い動作を速くすることができます。

⑧HDDアクセスを抑制する

Windows Vistaは、前OSのWindowsXPと比べてHDDへのアクセスが非常に多く行われるようになっています。このHDDへのアクセスを減らすことにより、重い動作を軽くすることができます。

⑨クラシック表示にする

Windows Vistaには、画面表示をWindows98のようにする機能があります。Windows Vistaクラシックです。様々な視覚効果も全てオフにできるので、Windows Vistaクラシック表示にすることで、遅い動作を速くすることができます。

⑩パソコンのクリーンアップ

Windows Vistaのメンテナンス機能でもある、ディスククリーンアップ、ディスクデフラグチェックディスクを定期的に実行することでWindows Vistaの速度低下などを防ぎ、遅い動作な
どを解消する動きの1つになります。

⑪デフラグのタイミング

ハードディスク内にデータがどんどん保存されるため、読み書きに時間がかかります。Windows Vistaでは、デフラグを自動でしてくれますが、実行中は全体のパフォーマンスが下がります。自動をオフにすることで遅い動作を速くするこができます。

⑫アップデートする

Windows Vistaを使っているとマイクロソフトより定期的にアップデートが提供されます。Windows Vistaは特に更新プログラムが多いため、パフォーマンスの改善やセキュリティ向上のためにアップデートは必要です。よく使用しているAdobeのソフトやブラウザーもアップデートを行うことで、より快適に使えるようになります。特にインターネットエクスプローラーはアップデートを行うことで、インターネットへの接続速度が速くなります。

⑬Ready Boost

Ready Boostは、接続したUSBメモリーにメインメモリーの領域を拡張する機能です。
利用可能なUSBメモリーには十分な空き容量と転送速度が必要です。製品パッケージにWindows Vista対応と書いてある製品が必要です。メモリー増設ができない場合や、メモリー増設した後も改善されない場合は、Windows Vistaの機能Ready Boostを使うことで遅い動作を改善することができたりします。

⑭ユーザーアカウント制御による確認を省きます

Windows Vistaは、パソコンに侵入したプログラムや第三者が設定を変更することを防ぐ機能として、セキュリティ機能のユーザーアカウント制御を搭載しています。セキュリティ面で見ると非常に大切な機能ですが、確認画面が煩わしく感じることがあります。使用者が決まっている場合は、ユーザーアカウント制御の機能もオフにすることで、遅い動作を速くすることができます。

まとめ

これまでのWindowsOSに比べて、動作が遅いことで有名なWindows Vista。様々な新機能が搭載された変わりに起動・動作速度が大変遅くなっています。1番の大きな理由はメモリー容量が少ないという点です。発売当初はなんと、1GBしか搭載しておらず、いくら動作を速くするための対処を施しても、メモリー容量自体が少ないので、どうしようもありません。ご利用中のWindows Vistaのメモリーを確認し、搭載量が多いかどうかを確認することが1番大事です。この根本的なメモリー対策を行ってから、紹介した14種類の速度対策方法を実行してみてください。既に実行しているものもいくつかはあるかと思いますが、できれば全ての14種類試してみてください。全部一気には難しいと思いますが、いくつか実行することで確実に今よりは処理速度が上がり、起動・動作が速くなります。Windows Vistaの動作の遅さでいつもイライラすることが多かった方、いくつか速くなるための方法を試した方などは、ぜひ、ご覧になって、1つでも多くのことを実行してみてください。目に見える結果が現れるはずです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です