WindowsUpdateの更新プログラムを削除する方法

LINEで送る
Pocket

1

今回は、Windows Updateの更新プログラムを削除する方法についてご紹介いたします。

基本的には、更新プログラムにより、コンピュータのセキュリティを強化できるため、極力、更新プログラムは削除しないことをお勧めいたします。

今回、「更新プログラムを削除する方法」「インストールした更新プログラムが問題の原因となってるか分からない場合」「更新プログラムが削除できない場合」「更新プログラムの削除は成功したが、自動的に再インストールされた場合」「更新プログラムを削除できたか確認する場合」の5項目について、1番信頼性の高いWindowsの配給元でもあるマイクロソフト社が公表している操作手順をベースに、ご紹介いたします。

丁度、更新プログラムを削除するか迷っていた方、また、今後可能性のある方などは、お時間のある際にでも、ぜひ、ご覧ください。細かい詳細、不明点などに関しては、マイクロソフト社ホームページ、または、サポート窓口へ直接お問い合わせください。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

WindowsUpdateの更新プログラムを削除する方法

ここでは、Windows Updateの更新プログラムを削除する方法についてご紹介します。

更新プログラムを削除する方法・インストールした更新プログラムが問題の原因となってるか分からない場合・更新プログラムが削除できない場合・更新プログラムの削除は成功したが、自動的に再インストールされた場合・更新プログラムを削除できたか確認する場合、のそれぞれの項目に分けています。

全部を読む必要はありませんので、該当するところから読み、確認しましょう。

更新プログラムを削除する方法

①【インストールされた更新プログラム】を開くには、【スタート】ボタン、【コントロールパネル】、【プログラム】の順にクリックし、【プログラムと機能】の【インストールされた更新プログラムを表示】をクリックします。 

②削除する更新プログラムをクリックし、【アンインストール】をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。 必要な場合は、コントロールパネルの【Windows Update】に移動して、再度更新プログラムをチェックすることにより、後で更新プログラムを再インストールすることができます。 

※更新プログラムを削除できない場合は、更新プログラムをグループポリシーによって管理しているネットワークに、コンピュータが接続されている可能性があります。

その他の場合にも、オペレーティングシステムとのセキュリティ関連の領域に適用されているために、その更新プログラムを削除できない場合があります。削除できない更新プログラムが問題の原因になっていると思われる場合は、システム管理者またはマイクロソフトのサポート窓口へ問合せしてください。

インストールした更新プログラムが問題の原因となってるか分からない場合

更新プログラムによりコンピュータのセキュリティを強化できるため、問題の原因となることが明らかでない限り、更新プログラムを削除しないことをお勧めします。解決策をチェックして、コンピュータに発生した問題に関する情報を探してみてください。詳細については、Windows Updateの履歴をチェックしてください。 

①【Windows Update】を開くには、【スタート】ボタンをクリックします。検索ボックスに【更新プログラム】と入力し、結果の一覧の【Windows Update】をクリックします。 

②左のウインドウで、【更新履歴の表示】をクリックします。 

③更新プログラムについての詳しい情報を表示するには、その更新プログラムをダブルクリックします。更新プログラムの詳細について、オンラインのニュースグループまたはコミュニティで検索することもできます。オペレーティングシステムのセキュリティ関連の領域に適用される更新プログラムの場合は、その更新プログラムは削除できない可能性があります。

コンピュータがネットワークに接続されている場合は、更新プログラムを削除する前に、システム管理者または、マイクロソフトのサポート窓口へ問合せしてください。

更新プログラムが削除できない場合

更新プログラムをグループポリシーによって管理しているネットワークに、コンピュータが接続されている可能性があります。このようなネットワーク範囲の設定により、ユーザーが更新プログラムを削除できない場合があります。

その他の場合にも、オペレーティングシステムのセキュリティ関連の領域に適用されているために、その更新プログラムを削除できないか場合があります。削除できない更新プログラムが問題の原因となっている可能性がある場合は、システム管理者もしくは、マイクロソフトのサポート窓口へ問合せしてください。

更新プログラムの削除は成功したが、自動的に再インストールされた場合

コンピュータが接続されているネットワークで、グループポリシーの接続により、各コンピュータにインストールする更新プログラムが決められている可能性があります。

このようなネットワーク範囲の設定のため、更新プログラムを削除しても、必要な更新プログラムが再インストールされている場合があります。自動的に更新プログラムをインストールするようにWindowsが設定されている場合もありますので、Windowsに更新プログラムをインストールさせたくない場合は、推奨設定を非表示にする必要があります。 

①【Windows Update】を開くには、【スタート】ボタンをクリックし、検索ボックスに【更新プログラム】と入力、【Windows Update】をクリックします。 

②ウィンドウで【更新プログラムの確認】をクリックします。 

③該当する更新プログラムがWindowsによって検出された場合は、次の作業を行います。●非表示にした重要な更新プログラムがある場合は、重要な更新プログラムが提供されたことを示すリンクをクリックします。●非表示にしたオプションの更新プログラムがある場合は、オプションの更新プログラムが提供されたことを示すリンクをクリックします。 

④インストールしたくない更新プログラムをクリックし、【更新プログラムを非表示にする】をクリック。これにより、更新プログラムをチェックしても、その更新プログラムは自動的に選択およびインストールされることはありません。

更新プログラムを削除できたか確認する場合

更新プログラムを削除できた場合、その更新プログラムは【インストール済のみの更新プログラム】に表示されなくなっています。【インストールされた更新プログラム】を開くには、【スタート】ボタン、【コントロールパネル】、【プログラム】の順にクリックし、【プログラムと機能】の【インストールされた更新プログラムを表示】をクリックします。

まとめ

更新プログラムに関しては、セキュリティ強化が1つの目的で、行っているものなので、極力は削除しない方が良いですので、まずは削除しなくて良い方法と本当に削除しないといけない状態なのか、確認した上で実行しましょう。その上で、どうしても削除を検討する場合は、事前に1度マイクロソフト社のサポート窓口に問合せをして可能性の高い原因をはっきりとさせましょう。

その後に、更新プログラムを削除するのかどうかを検討しても遅くはありません。それぐらい更新プログラムに関しては、極力、削除することを避けた方が良いです。確認に確認を重ねたうえで、慎重に対応するぐらいの感覚で丁度良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です