Home / Microsoft / Windows / Windowsが立ち上がらない時の原因と対策

Windowsが立ち上がらない時の原因と対策

Pocket

win39-1

Windowsが立ち上がらない。それは突然やってきます。昨日まで動いていたパソコンが立ち上がらなくなってしまいます。

そんな時に慌てて対処すると、本当にシステムを壊してしまうことになりかねません。まずは、落ち着くことが一番です。

スポンサーリンク

1.ハードウェアのトラブルとその対応

Windowsは、通常の「再起動」や「シャットダウン」では完全に電源が切れていない場合があります。Windowsの機能としての「再起動」や「シャットダウン」ではWindowsの管理下にありますので、Windowsは止まっていないのです。

完全に電源が切れないと、メモリーにゴミが残ったままです。このゴミが原因で立ち上がらない場合には、一度このゴミを取り除いてやらなければいけません。

メモリーのゴミを取り除くには、一度完全に電源を切る必要があります。完全に電源を切るには、まず電源コンセントを抜きます。

ノートパソコンなどでバッテリーを内蔵している場合には、バッテリーを外します。バッテリーが外せない機種では、どこかに必ず「リセットスイッチ」がありますので、取扱説明書などを参考にそれを押します。

ほかに外せる周辺機器があればすべて外します。USBメモリーなどの外部機器や、CDやDVDなどのメディアがあれば取り外します。最小限の構成で、コンセントをつないで立ち上がるか確認します。

以前は立ち上がらない原因の8割ぐらいはフロッピーディスクが入ったままになっていることでした。今はさすがにフロッピーディスクというのは見かけませんが、それでもBIOSの起動順が変更されている場合は、他のメディアを抜くことで解消されます。

ハードウェアのトラブルでは大きく分けて、電源からマザーボードまでのトラブルと、メモリーやHDDなどのトラブルと、キーボードやマウス、ディスプレイなどのインタフェース系のトラブルに分類できます。

一度すべての接続を確認して、最小構成で立ち上げてみることで、原因の特定が可能になります。

win39-2

2.ソフトウェアのトラブルとその対応

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Windowsタスクマネージャーの機能とは?起動方法と活用法

Windowsには非常に多くの …

Facebookでのご購読が便利です