Windowsのスタートアッププログラムを無効化する方法

LINEで送る
Pocket

win15-1

Windowsは、立ち上げるだけでいくつかのプログラムが自動で起動するスタートアッププログラム(常駐プログラム)というものがあります。

ウィルス対策ソフトのように、常時稼働していてほしいサービスもある場合にはスタートアッププログラムに登録すると便利ですが、利用頻度の低いソフトウェアは、スタートアッププログラムから外しておくと立ち上げの時間の短縮につながります。

一度スタートアッププログラムを自分のWindowsの使い方に合わせて整理しておくことで、より便利にWindowsを使っていくことができます。スタートアッププログラムを設定及び無効化する場所は、Windowsのバージョンによって異なります。バージョンごとにWindowsのスタートアッププログラムの設定及び無効化の方法について見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.Windows Vista以前のスタートアッププログラム

Windows Vista以前では、今ログインしているユーザーのみのスタートアッププログラムと、コンピュータを使うすべてのユーザーのスタートアッププログラムの2種類が別々の場所に登録されています。

タスクバーにあるWindowsアイコンを右クリックします。デフォルトでは左下になります。
win15-2

「開く」を選択すると今ログインしているユーザーのみのスタートアッププログラムで、「開く-All Users」を選択するとコンピュータを使うすべてのユーザーのスタートアッププログラムを設定できます。

「Windows → スタートメニュー → プログラム」の「スタートアップ」を開きます。

win15-3

ここに入っているプログラムのショートカットが、該当するユーザーのスタートアッププログラムとして実行されています。不要なものを削除すれば、スタートアッププログラムとして無効化できます。

ここでショートカットを削除しても、プログラムが削除されるわけではありません。もしも後で必要であれば、もう一度ショートカットをここに置けばスタートアッププログラムとして有効になりますので、恐れることはありません。

2.Windows7のスタートアッププログラム

Windows7のスタートアッププログラムを設定及び無効化する方法には2つの方法があります。

1つめは「すべてのプログラム」から「スタートアップ」をクリックして、不要なプログラムで右クリックをして、「削除」を選択する方法です。

win15-4

2つめは、「システム構成」を使う方法です。この方法はWindowsの多くのバージョンで利用できます。

「windows」キーを押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を起動して、「名前」欄に「msconfig」と入力して「OK」ボタンをクリックします。

win15-5
「システム構成」ウィンドウで「スタートアップ」タグを選択します。

リストが表示されますので、不要なプログラムのチェックを外して「OK」ボタンをクリックします。

win15-6

Windows10などでは、ここでリストアップされずに、タスクマネージャーへのリンクが表示されます。

3.Windows8シリーズとWindows10のスタートアッププログラム

Windows8並びに10のスタートアッププログラムは、「タスクマネージャー」で無効化します。「タスクマネージャー」は上記の「msconfig」を利用するか、「CTRL」キーと「ALT」キーを押しながら「DEL」キーを押して、表示されたリストから「タスクマネージャー」を選択します。

「タスクマネージャー」ウィンドウで「スタートアップ」タブを選択します。

win15-1

リストから不要なプログラムを選択して「無効にする」を選択します。

まとめ

Windowsは、購入してすぐは快適に動いていても、徐々に動きが遅くなってくることがあります。原因はいろいろと考えられますが、一因としてスタートアッププログラムの肥大化が考えられます。そんな時にはスタートアッププログラムを無効化することで、余分な常駐ソフトが減って、スピードアップにつながるかもしれません。

無効化しても、プログラムをアンインストールするわけではありませんので、すぐに元に戻せます。漏れが心配ならば、スタートアッププログラムの一覧を画面キャプチャーなどで保存しておけば、元に戻すときに漏れる心配もありません。恐れる必要はありませんので、不要なプログラムから無効化してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です