Home / Microsoft / Windows / Windows8以降の便利なショートカットキー一覧

Windows8以降の便利なショートカットキー一覧

Pocket

win13-1

Windowsのショートカットキーは活用すると作業時間が短縮され大変便利です。Windowsのバージョンによって使えるショートカットキーは多少異なりますが、基本的なショートカットはどのバージョンでも利用できます。ここではWindows8以降で利用できるショートカットキーのうち、覚えておくと便利なものをご紹介します。

本記事で紹介しているショートカットキーを覚えて、日頃のPC業務をより快適なものにしていきましょう。

スポンサーリンク

1.「Windows」キーを使うショートカットキー

92e76c8db3f08e826d6c1fcbd5f717f4_s

Windowsのキーボードの左下にはWindowsマークが表示されたキーが付いています。これは単体で押すとスタートメニューを開く役割を担っていますが、ショートカットキーとしても多くの役割を担っている重要なキーです。Windowsキーを使用したショートカットにはどのようなものがあるのか、早速見ていきましょう。

Windowsキー + 数字

01b87b864f8967f08b674bc81170b2c1_s

Windowsキーと数字を合わせて押すことによって、Windowsのタスクバーにピン留めされているソフトを起動することができます。数字は左から何番目のソフトを起動するかを意味しています。

タスクバーには普段使うことの多いソフトをピン留めしておくことが多いかと思いますが、マウスではなくキーボード上で起動の操作をできることによって、より素早く効率的に利用することができるようになります。ぜひこちらのショートカットキーを覚えておいてくださいね。

Windowsキー + A

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

Windows + Aのショートカットでは「アクションセンターの表示」を実行することができます。アクションセンターはWindowsから何らかの通知があった時にその内容を確認できる領域になっており、また現在の通信環境や現在の画面の明るさなど、Windowsの環境がどのような状態に置かれているのかを表示してくれます。

Windowsキー + B

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
Windowsキー + Bのショートカットでは通知領域へのフォーカスを実行します。通知領域とはWindowsの右下にある音量や電源、WindowsUpdate情報などの通知アイコンが並んでいる領域のことを指します。

Windowsキー + shift + C

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

prt scより使いやすい!snipping toolの3つの機能

スクリーンショット用のソフトと …

Facebookでのご購読が便利です