Windows8以降の便利なショートカットキー一覧

LINEで送る
Pocket

win13-1
Windowsのショートカットキーは活用すると作業時間が短縮され大変便利です。

Windowsのバージョンによって使えるショートカットキーは多少異なりますが、基本的なショートカットはどのバージョンでも利用できます。ここではWindows8以降で利用できるショートカットキーのうち、覚えておくと便利なものをご紹介します。

本記事で紹介しているショートカットキーを覚えて、日頃のPC業務をより快適なものにしていきましょう。

スポンサーリンク

1.「Windows」キーを使うショートカットキー

  • 「Windows」キー単独:Windows8シリーズではスタート画面とデスクトップ画面とを切り替えます。他のバージョンではスタートメニューを表示します。
  • 「Windows」+「D」:デスクトップ画面を表示します。もう一度押すと元開いていたウィンドウ表示に戻ります。
  • 「Windows」+「E」:エクスプローラを起動します。エクスプローラ操作が多い人は、これを覚えると作業効率がグンとアップします。
  • 「Windows」+「R」:ファイル名を指定して実行します。
  • 「Windows」+「L」:コンピュータをロックします。ロック解除にパスワードを設定しておけば、職場などでちょっと席を立つ時に便利です。

他にも、Windows10では「Windows」+「TAB」で「タスクビュー」を起動するなど、バージョンによって利用できるショートカットキーがたくさんあります。

2.「CTRL」キーを使うショートカットキー

win13-2

「CTRL」キーは単体で押しても何も機能しませんが、組み合わせて使うことで便利なショートカットキーとして使用できます。

  • 「CTRL」+「C」:選択した範囲をコピーします。
  • 「CTRL」+「X」:選択した範囲を切り取ります。
  • 「CTRL」+「V」:コピーまたは切り取った内容を貼りつけます(ペースト)。
  • 「CTRL」+「Z」:今やった操作を元に戻します。
  • 「CTRL」+「Y」:元に戻した操作をやり直します。
  • 「CTRL」+「A」:すべてを選択します。
  • 「CTRL」+「F」:検索欄を表示します。
  • 「CTRL」+「S」:今のファイルを上書き保存します。
  • 「CTRL」+「P」:印刷ウィンドウを表示します。

Macのアップルキーに似ていますね。ここに挙げたショートカットキーはどれも覚えておいて損はありません。

3.その他のキーを利用するショートカットキー

その他のキーを利用するショートカットキーもあります。

  • 「ALT」+「TAB」:アプリケーションを切り替えます。ウィンドウをたくさん開いていて、下になって隠れているウィンドウを最前面に表示することができます。
  • 「SHIFT」+「DEL」:ファイルなどを、ゴミ箱に入れずに完全に削除します。ゴミ箱に何か入っていると気になる、きれい好きにはたまらないショートカットキーです。
  • 「CTRL」+「ALT」+任意のキー:アプリケーションやフォルダやファイルなど、デスクトップなどに配置したショートカットに、ユーザーがショートカットキーを設定できます。目的のショートカットで右クリックして「プロパティ」を開いて「ショートカットキー」入力欄を選択してキーを押すと、自動で「CTRL+DEL+」が追加されて、ショートカットキーとなります。これを利用すれば、アプリケーションを立ち上げるのに、いちいち今のウィンドウを最小化する必要がなくなります。
win13-3

Windowsのショートカットキーはまだまだあります。特定のアプリケーションで有効なものや、特定の機種のみで有効なものもあります。一般に使えるものでも、機種によってはキー配置が違って使いにくいものもあります。

ショートカットキーはすべてを覚えるのは大変ですし、必要もありません。便利でよく使うものだけを徐々に覚えていけば、Windowsがどんどん便利になってきます。まずは「Windows」キーや「CTRL」キーを押すことから始めてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です