Home / Windows / Windowsのデスクトップにショートカットを作成する手順

Windowsのデスクトップにショートカットを作成する手順

Pocket

win72-1
よく使うファイルやフォルダを、毎回ファイルエクスプローラで探すのは大変です。とはいっても、デスクトップにそのままファイルやフォルダを置いておくと、ごちゃごちゃになりますし、マシンのパフォーマンスも低下しかねません。

そんな時には、ファイルやフォルダの本体はしかるべき場所に保管して、デスクトップにショートカットを配置しておくと便利です。ショートカットですので、よく使う間だけ利用して、使わなくなったら気軽に削除できます。目的のファイルやフォルダを右クリックして「ショートカットの作成」からショートカットを作成して、デスクトップに「移動」してもいいのですが、もっと便利な作成方法があります。

使ってみれば便利な「Windowsのデスクトップにショートカットを作成する手順」を3つご紹介します。

スポンサーリンク

1.右クリックメニューから「デスクトップ(ショートカット作成)」へ「送る」

ファイルやフォルダを右クリックすると表示されるメニューから「送る」を選択します。表示されたサブメニューから「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します。

win72-2

デスクトップにショートカットができますので、あとはお好みの位置に移動します。この、「送る」のサブメニューは、「SendTo」フォルダの内容となっています。「SendTo」フォルダは、以前は「My Document」にありましたが、Windows Vistaから隠しフォルダになって深い階層にしまわれてしまいました。

このメニューの内容を変更したい場合は「Windows」キーを押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」に「shell:sendto」を入力します。「SendTo」フォルダが表示されますので、追加や削除が可能です。

2.「Alt」キーを押しながらドラッグ

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macだけじゃない!?Windows機種でiTunesをダウンロードする方法

iTunesは、アップル社が開 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です