Windowsのデスクトップにショートカットを作成する手順

LINEで送る
Pocket

win72-1
よく使うファイルやフォルダを、毎回ファイルエクスプローラで探すのは大変です。とはいっても、デスクトップにそのままファイルやフォルダを置いておくと、ごちゃごちゃになりますし、マシンのパフォーマンスも低下しかねません。

そんな時には、ファイルやフォルダの本体はしかるべき場所に保管して、デスクトップにショートカットを配置しておくと便利です。ショートカットですので、よく使う間だけ利用して、使わなくなったら気軽に削除できます。目的のファイルやフォルダを右クリックして「ショートカットの作成」からショートカットを作成して、デスクトップに「移動」してもいいのですが、もっと便利な作成方法があります。

使ってみれば便利な「Windowsのデスクトップにショートカットを作成する手順」を3つご紹介します。

スポンサーリンク

1.右クリックメニューから「デスクトップ(ショートカット作成)」へ「送る」

ファイルやフォルダを右クリックすると表示されるメニューから「送る」を選択します。表示されたサブメニューから「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します。

win72-2

デスクトップにショートカットができますので、あとはお好みの位置に移動します。この、「送る」のサブメニューは、「SendTo」フォルダの内容となっています。「SendTo」フォルダは、以前は「My Document」にありましたが、Windows Vistaから隠しフォルダになって深い階層にしまわれてしまいました。

このメニューの内容を変更したい場合は「Windows」キーを押しながら「R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」に「shell:sendto」を入力します。「SendTo」フォルダが表示されますので、追加や削除が可能です。

2.「Alt」キーを押しながらドラッグ

ファイルやフォルダを別の場所にドラッグした時の動きは、「同じドライブ」なら「移動」で、「別のドライブ」なら「コピー」となります。

例えば、作成した文書ファイルをデスクトップからマイドキュメントまでドラッグした場合は、その文書ファイルが「移動」されます。でも、少し込み入った作業をしていると、「同じドライブ」か「別のドライブ」かをいちいち意識できませんし、「同じドライブ」でも「コピー」したい時だってあります。

そんな時には、キーを押しながらドラッグすることで、明示的に「移動」と「コピー」を使い分けることができます。「移動」したいときには「Shift」キーを押しながら、「コピー」したいときには「Ctrl」キーを押しながらドラッグします。そして、「ショートカットを作成」したいときには「Alt」キーを押しながらドラッグすることで、目的の場所にショートカットを作成できます。

win72-3

3.右ドラッグでショートカットを作成する

デスクトップにショートカットを作成したいファイルやフォルダで、マウスの右ボタンを押したままデスクトップのまでドラッグして(右ドラッグ)、何もない壁紙のところで指を話します。

win72-4

「ここにコピー」「ここに移動」「ショートカットをここに作成」「キャンセル」から「ショートカットをここに作成」を選択します。この右ドラッグはファイル操作をする場合に非常に便利です。コピーや移動でも「同じドライブ」か「別のドライブ」かを意識する必要がありませんし、ショートカットを作成するのもお手軽です。

目的のファイルがもともとショートカットだった場合は「ここにコピー」でショートカットをコピーすればいいのです。

まとめ

おすすめはファイル操作をすべて右ドラッグで行う方法です。でも、タッチパッドや画面タッチで操作していると右ドラッグは難しいかもしれません。その場合には右クリックや「Alt」キーを押しながらドラッグが便利です。

ぜひ一度試してみて、自分の環境にあった方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です