Home / Microsoft / Windows / Windowsサーバーの概要と基本的な使い方

Windowsサーバーの概要と基本的な使い方

Pocket

win65-1
出典:Microsoft Windows Server 2012 R2

現在のコンピュータはほとんどがネットワークに接続されて運用されています。Windowsパソコンは単体でもいろいろな機能が使えます(スタンドアローン)が、ネットワークにつながることでより多くの機能が利用できます。

現在のコンピュータネットワークのほとんどは「クライアントサーバーシステム」です。作業はコンピュータネットワークでサーバーにつながったパソコン(クライアント)で行われています。普段作業しているクライアントはわかりやすいのですが、ネットワークの先につながっているサーバーとは実際にはどんなものなのでしょう。

ここでは、特にWindowsサーバーを中心に、概要と基本的な使い方を確認します。

スポンサーリンク

1.Windowsサーバーの概要

そもそもサーバーの役割とは何でしょう?

データベース、アカウント制御、ウェブサーバー、メールサーバー、プリントサーバー、役割を列挙するときりがありません。少し乱暴な言い方をすると、スタンドアローンではできないことで、ネットワークにつないで初めてできる機能はすべてサーバーの役割です。ネットワークの管理もサーバーの大切な役割です。

役割によってはクライアントと同じOSでも処理しきれますが、複数のユーザーが同時にアクセスするサーバーでは専用のOSが必要です。

Microsoftから発売されているサーバー専用OSがWindowsサーバーです。Windowsサーバーでは、一般的なサーバー機能に加えて、マイクロソフトによって開発されたユーザーとコンピュータを管理する仕組み(Active Directory)を構築することができます。

 

2.サーバーでの操作

Windowsサーバーは「GUI使用サーバー」か「Server Core インストール」を選択してインストールされます。初期設定では「Server Core インストール」となっています。

この設定はいつでも変更できますが、初期設定ではGUI(Graphical User Interface)ツールが利用できたほうが便利ですので、「Server Core インストール」で運用するにしても、初期設定が済むまでは「GUI使用サーバー」を選択することをお勧めします。

Windowsサーバーでの操作はGUIベースの「サーバーマネージャー」と、コマンドラインでの「WindowsPowerShell」で行います。サーバーの初期構成や、基本的な管理は「サーバーマネージャー」で、詳細な管理は「WindowsPowerShell」を利用します。

「Server Core インストール」を選択した状態では「サーバーマネージャー」が利用できませんので、テキストベースの「Sconfig ツール」を利用します。Windowsサーバーに管理者としてログインすると「サーバーマネージャー」が立ち上がります。「サーバーマネージャー」ではネットワーク上にある他のサーバーも管理することが可能です。

3.リモートサーバー管理ツール

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

知って得する!パソコンで大文字・小文字しか打てなくなった際の対処法

日常的にパソコンを使っていると …

Facebookでのご購読が便利です