Windowsでスクリーンショットを作成する方法

LINEで送る
Pocket

win14-1

Windowの画面に表示された内容をそのまま画像として保存することを、スクリーンショットと呼びます。ブログを書いたり、ソフトなどの使い方をまとめたり、質問をしたりと言ったときは、画面をそのまま画像として見せると非常に便利です。

Windowsには標準でスクリーンショットを取るためのツールが備わっています。特に特別なアプリケーションは必要ありません。それぞれ目的に応じて使い分けると便利です。

スポンサーリンク

1.お手軽に画面の一部を自由に切り取れる「Snipping Tool」

Windows Vistaから「Snipping Tool」が標準となっています。「Snipping Tool」は、画面の一部や特定のウィンドウをお手軽に切り取れる、ありがたいツールです。

「すべてのアプリ」などから、「Snipping Tool」をクリックします。「Snipping Tool」は「Windows アクセサリ」などに入っています。見つからない場合は「Snipping Tool」で検索します。

win14-2

「Snipping Tool」が表示されます。切り取りたいウィンドウを前面に表示させて、「Snipping Tool」に戻ります。

win14-3

「Snipping Tool」で切り取り方法を選択して、切り取り範囲を指定します。

win14-4

切り取りが終わると、キャプチャー画面が表示されます。「ツール」の「オプション」を選択すると、切り取り領域に枠線を追加することもできます。

win14-5

「ファイル」の「名前を付けて保存」でファイル形式を指定して保存します。

2.「Snipping Tool」で撮れない画像は「プリントスクリーン」で

「Snipping Tool」は便利ですが、すべての画面の画像が撮れるわけではありません。この記事で使用している画像も1枚を除いて「Snipping Tool」では撮れないのです。

そんな時に使えるのが、「プリントスクリーン」です。キーボードをよく見なおしてみると「PrtScn」とか「PRTSC」とか書かれたキーがあります。二段になって「FN」キーとかを押さないと使えないことも多いです。「SysRq」などと一緒になっている場合が多いです。

win14-6

押してみましょう。変化はありません。では、そのままWindows標準の「ペイント」を立ち上げてみます。立ち上がったら「CTRL」キーを押しながら「V」キーを押してみましょう。「ホーム」タブの「貼り付け」でも同じです。

画面の画像が表示されたかと思います。びっくりです。

このままでは全画面の画像ですので、必要な領域を「Snipping Tool」で切り取ると、扱いやすくなります。

また、「ペイント」を使っていますので、「ペイント」の機能を使って図形を描いたり、文字を書いたりといった簡単な修正が可能です。

この記事で使っている画像の多くは、「プリントスクリーン」で「ペイント」に貼りつけて、「ペイント」で四角を書き込んだりして、「Snipping Tool」で切り取って画像にしています。

3.最後の手段はデジタルカメラ

「プリントスクリーン」でも撮れない画面もあります。「プリントスクリーン」では、あくまでもWindowsの「クリップボード」にコピーしますので、Windowsが動いている時でないと使えないのです。

でも、そんな画面イメージがほしい時もあります。そんな時は潔くデジタルカメラで撮影します。

win14-7

光沢ディスプレイだと、撮影者や撮影場所が反射して映り込むことがありますので、何か覆いが必要かもしれません。また、表示によってはコントラストが強すぎて明るさの調整も必要かもしれません。

さらに、デジカメ写真ではキャプチャー画像のようにはいきませんので、「フォトギャラリー」などのフォトレタッチソフトでの加工が必要になるかもしれません。

デジタルカメラはあくまでも最終手段です。

Windowsに標準で「Snipping Tool」が付属するようになって、Windowsでの画面キャプチャーは非常に便利になりました。余計なソフトをインストールしなくても、手軽に画面を切り取ることが可能になりました。

「プリントスクリーン」やデジタルカメラを利用することになっても、最終的に「Snipping Tool」で切り取ることで、思う画面が手軽に画像ファイルにできます。

「Snipping Tool」と「ペイント」のショートカットを作成したら準備は完了です。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です