Windowsでスクリーンキーボードを使用する方法

LINEで送る
Pocket

Windowsでは、「スクリーンキーボード」という画面上にキーボードを表示させる機能があります。画面をみながらタップなどで文字入力を行うことができるため、初心者の方にも非常に簡単に文字入力を行うことができます。

通常のキーボードではなくスクリーンキーボードをWindowsで使用したいという人のために、スクリーンキーボードの設定方法をご紹介します。どうぞ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.スクリーンキーボードを表示する

バージョンによって異なりますが、「簡単操作」に「スクリーンキーボード」の項目があります。「コントロールパネル」で「簡単操作」を検索します。

win12-1

「簡単操作」のメニューを選択します。

win12-2

「スクリーンキーボード」をクリックします。

win12-3

「スクリーンキーボード」が表示されました。

win12-4

2.スクリーンキーボードの設定

スクリーンキーボードを使いやすくするために、詳細の設定を行っていきましょう。
「スクリーンキーボード」の「オプション」キーを押します。

win12-5

「オプション」ウィンドウが立ち上がります。

win12-6

「クリック音を使用する」にチェックを入れるとキーを押したときにクリック音が鳴ります。

「画面上での移動をしやすくするようにキーを表示する」にチェックを入れると「スクリーンキーボード」の右の列に「ナビ表示」「上に表示」「下に表示」「固定表示」「透過表示」が表示されます。

「ナビ表示」では、キー部分が非表示となって、1行に表示されることで、画面が広く使えます。

元に戻すには「全て表示」をクリックします。

「テンキーを有効にする」にチェックを入れると「スクリーンキーボード」右にテンキーが表示されます。

「キーをクリックする」ではクリックでキー入力されます。

「キーをポイントする」ではすぐ下の「ポイント時間」で指定した時間キーにカーソルを合わせているとキー入力されます。

「キーをスキャンする」ではキーが順番にハイライトされていくので、目的のキーがハイライトされたときに指定したアクションを取ることでキー入力されます。

win12-8

「予測入力を使用する」と「サインイン時にスクリーンキーボードを開始するかどうかを指定」して「OK」ボタンをクリックします。

「スクリーンキーボード」では「ファンクションキー」も利用できます。「スクリーンキーボード」の「Fn」をクリックすると、数字キーがファンクションキー表示に代わります。
win12-10

3.スクリーンキーボードのショートカットを作成する

「スクリーンキーボード」を立ち上げるのに、都度「コントロールパネル」などからたどるのは面倒です。使う頻度が高い場合には、デスクトップ等にショートカットを作成しましょう。

「すべてのアプリ」などから「スクリーンキーボード」を探します。Windowsのバージョンによって収納場所が違いますが、「Windowsアクセサリ」か「Windows簡単操作」などにあります。

「スクリーンキーボード」で右クリックすると「スタート画面にピン留めする」とか「タスクバーにピン留めする」などのメニューが表示されます。デスクトップにショートカットを作成したい場合は「ファイルの場所を開く」を選択します。

win12-9

表示されたフォルダから「スクリーンキーボード」をデスクトップに「CTRL」キーを押しながらドラッグしてコピーして、ショートカットを配置します。

WindowsPCでスクリーンキーボードを利用する方法のまとめ

「スクリーンキーボード」を利用すると、ハードウェアとしてのキーボードが使えない環境でもキー入力することができます。Windowsタブレットでの利用はもちろんですが、マウス操作だけでキー入力できるという機能を利用したくなる時は少なくありません。

例えば、ハードウェアのキーボードが何らかのトラブルで調子が悪い時や、パワーポイントなどのプレゼンテーションの途中で手元にワイヤレスマウスなどしかない時や、テーブルの上に乗せたパソコンを怠惰に楽しんでいる時などは、マウス操作だけでパソコンを扱いたくなります。

マウス操作だけでキー入力する方法を覚えておくと、Windowsがもっと身近なものになるのかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です