Home / Microsoft / Windows / Windowsリモートデスクトップの使い方と接続できない場合の解決策

Windowsリモートデスクトップの使い方と接続できない場合の解決策

Pocket

4

まずWindows7の場合は、リモートデスクトップの機能が使用可なヴァージョンが決まっており、ホストとして使用可能なのは、Windows7 Professional/Ultimateで、クライアントとして使用可能なのはWindows7 Professional/Ultimate/Home Premiumとなります。

リモート接続の許可

ホスト側で、「スタート」‐「コントロールパネル」‐「システムとセキュリティ」へと進み、「システム」の左側の「リモートの設定」へ移動し、「システムのプロパティ」から「リモート」のタブを選び、「リモートデスクトップを実行しているコンピュータからの接続を許可する」を選択します。

リモートコンピューター名を検索するには

リモート接続をしたホスト・コンピュータの名前(リモートコンピュータ名またはホスト名)が分からない場合に、これとの接続をするには、そのパソコンのIPアドレスを知る必要があります。

そして、その接続先のホスト名は、Windowsに標準で備え付けられているnbtstatコマンドを投入することで可能となります。詳細な使い方は、下記URLをご参照ください。

WindowsでIPアドレスからホスト名(コンピューター名)を見つける方法(nbtstatコマンドを使ってNetBIOS名を特定する)

Windowsファイアウォールでリモートデスクトップ機能を許可する方法

ファイアウォールは外部からホスト・コンピュータへの不正アクセスを防止する機能です。このホストへのリモートアクセスを許可するためには、ホスト側で、「スタート」から「コントロール」へ移動し、「システムとセキュリティ」を選んで、「Windowsファイアウォールによるプログラムの許可」をクリックします。

そして「許可されたプログラムおよび機能」のところで、「リモートデスクトップ」にチェックが付いているかを確認します。

もし、これが付いていない場合は、「設定の変更」をクリックし「リモートデスクトップ」の「ホーム/社内(プライベート)」と「パブリック」にチェックをつけて、「OK」ボタンを押下します。

ユーザーアカウントのパスワード設定方法

ユーザーアカウントのパスワードの設定は、「スタート」から「コントロールパネル」へ移動し、「ユーザーアカウントの追加または削除」を選びます。

続いて、「ユーザーアカウント制御」の画面が表示されますから「続行」をクリックします。もし標準ユーザーアカウントでログオンしている時は、管理やアカウントのパスワードを入力し、「OK」ボタンを押下します。「変更するアカウントを選択してください」と表示されたら、変更するアカウントを選び、「パスワードの変更」が出来ます。

作業コンピューターでリモートデスクトップを開始する方法

作業コンピュータ(クライアント)からリモートデスクトップを始めるには、「スタート」から「すべてのプログラム」‐「アクセサリ」‐「リモートデスクトップ接続」を選択します。

次に「リモートデスクトップ接続」の画面が表示されますから、ホスト側のコンピュータ名かIPアドレスを入力し「接続」をクリックすれば完了です。

4.リモートデスクトップ接続ができない場合

Windowsリモートデスクトップの接続ができなくなる原因は、いろいろと考えられます。

一番考えられるのは、ホスト側でのファイアウォールがこの機能の受け入れを規制している場合です。それ以外では、「コントロールパネル」にある「システムのセキュリティ」の設定が正しく行われていない場合があります。

ファイアウォールに原因がある場合

どのWindowsのバージョンでも「システムのプロパティ」でリモートデスクトップの接続を許可しているのに、つながらないケースです。この時に一番可能性のあるのが、ファイアウォールの設定が、外部ネットワークからの接続を拒否している場合です。

この対処方法としては2つあり、1つ目はファイアウォールの設定を外部(パブリック)ネットワークからの接続を許可する方法です。

  1. 「コントロールパネル」‐「システムとセキュリティ」へ移動し「システムとセキュリティ」のダイアログで「Windowsファイアウォール」を選び、「Windowsファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可」をクリックします。
  2. 次にその一覧が表示されますから「リモートデスクトップ」を見つけて、右側の「パブリック」のチェックボックスが外れていたら、それを付けます。最後に「OK」ボタンを押下して完了です。

もう1つの方法は、ファイアウォールの設定をプライベートネットワークに変更することです。デフォルトでファイアウォールの設定がそうなっているからです。詳しい方法は下記URLをご参照ください。

Windows 10 のネットワーク設定をプライベートネットワークに変更する

電源オプションに原因がある場合

これまで説明してきました「システムとセキュリティ」でのリモートデスクトップの接続の許可がなされているのにつながらないケースがあるとすれば、電源オプションの警告が出ている可能性があります。

これは、電源が常時通電されていないモードなどの場合に発するもののようで、その場合は、で「コントロールパネル」‐「ハードウェアとサウンド」‐「電源オプション」へと移動し、「プラン設定の変更」をクリックして、設定されているプランの「プラン設定の変更」をクリックします。

そして「コンピュータをスリーブ状態にする」の設定を「適用しない」に変更すれば、この問題を回避できる可能性があります。

ネットワーク・ルーターに原因がある場合

以上の原因以外に、ホスト側とクライアント側の間のネットワーク・ルーティングを司る「ネットワーク・ルーター」が問題を抱え込んでいる場合があります。

例えば、このルーターにTCP/IP通信のプロトコル・レベルでサービスを遮断する機能があり、「リモートデスクトップ」サービスの通信を出来なくしている可能性はあり得ます。

この場合は、ルーター側でのコンフィガレーション・データの設定状況を調べる必要があります。ですから、お使いのネットワーク環境が自宅ではなく、ある組織により管理されているのであれば、そのネットワーク管理者に一度ご相談をしていただくことになります。

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

WindowsのZip周りをマスター!Windowsでzipを作成・解凍する方法

複数ファイルを一つのファイルに …

Facebookでのご購読が便利です