Home / Microsoft / Windows / Windowsリモートデスクトップの使い方と接続できない場合の解決策

Windowsリモートデスクトップの使い方と接続できない場合の解決策

Pocket

Windowsを実行中のコンピュータを、別のWindowsを実行中のもう一つのコンピュータから接続して、これを制御することをWindowsリモートデスクトップといいます。

そのリモート制御しているコンピュータが例えば学校などの自宅の外にあったとして、あたかもそこで操作しているように自宅にあるご自分のコンピュータから、リモート制御しているコンピュータ上で実行するプログラムや読み書きするファイルにアクセスすることが出来るのです。

本記事ではリモートデスクトップの機能の使い方とリモート・コンピュータに接続できない時の解決方法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.Windows10で自宅のPCを遠隔操作する

2

ご自宅のPCを、外出先であなたがお持ちのWindows10が入ったタブレット端末で遠隔操作する方法をご説明します。

  1. まず「スタート」の画面で、「すべてのアプリ」をクリックし、「Windowsアクセサリ」‐「リモートデスクトップ接続」と進みます。
  2. 表示された画面で、遠隔接続を行うご自宅のPCのコンピュータ名かIPアドレスを入力します。
  3. そして「接続」ボタンをクリックすればご自宅のPCに遠隔接続ができます。

そのあとの細かい設定は、「オプションの表示」をクリックすることで出来ます。

リモートデスクトップとは?

「リモートデスクトップ」とは、ネットワークを介在してご自分の手元のコンピュータから、別のコンピュータのグラフィック・ユーザー・インタフェース(GUI)やそのコンピュータのデスクトップ環境を利用してこれを操作するテクニックのことです。

世の中に存在する色んなオペレーティングシステム(OS)毎に、この機能を実現するソフトウェアがあります。例えばUNIX系であればX Window Systemであり、Mac OSであればApple Remote Desktop (ARD)であったりするわけです。そしてMicrosoft Windowsであれば、Remote Desktop Protocol (RDP)です

また特定のOSではなく、様々なOSに対応したものとしてVirtual Network Computing (VNC) というオープン・ソースとして公開されているソフトウェアもあります。

UWP版のリモートデスクトップをダウンロード

UWPとはUniversal Windows Platform の略称で、Microsoftがこれまでのリモートデスクトップのアプリとは異なり、Windows10 Mobileをサポートしたアプリとなっています。但し注意が必要なこととして、従来のリモートデスクトップでサポートされていた機能の一部が利用できなくなっていることです。ですからそれを使いたいなら、Windowsに標準のリモートデスクトップアプリを使うことが推奨されています。

このUWP版リモートデスクトップアプリは下記URLのWindowsストアから無料でダウンロードが出来ます。

Windowsストア

接続の設定

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

WindowsのZip周りをマスター!Windowsでzipを作成・解凍する方法

複数ファイルを一つのファイルに …

Facebookでのご購読が便利です