Windowsのパスワードを忘れた時の対処方法

LINEで送る
Pocket

win22-1
出典:Microsoft アカウント

Windowsのパスワードを忘れてしまうと、PCにログインすることができなくなり、そのパソコンに保存してあるデータにアクセスできなくなったり、Microsoftアカウントだとそのアカウントで購入したサービスが受けられなくなったりします。

しかし、パスワードはいずれのサイトでも要求され、かつ作法が異なり、使いまわしも危険であるため油断しているとすぐに百を超えてとても覚えきれません。そのため、Windowsのパスワードも忘れてしまうことは仕方のない部分があるのです。

もしWindowsのパスワードを完全に忘れてしまった場合には、できるだけ被害の少ない対応が求められます。WindowsのパスワードはWindowsのバージョンと対象となるアカウントによって、忘れた場合の対処方法が変わってきます。どの方法でも、忘れたパスワードを復元することはできません。一度パスワードを削除して、新たに設定しなおすことになります。再セットアップは最後の手段だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

1.Windows7以前のWindowsログインパスワード

Windows7までのWindowsログインパスワードは、そのパソコンの管理者がパスワードを削除したり設定したりすることができます。

「コントロールパネル」の「ユーザーアカウントの追加または削除」から「アカウントの管理」を選択し、アカウントの一覧からユーザーを選択して「パスワードの削除」をクリックしてパスワードを削除します。

そのまま「パスワードの作成」をクリックして新しいパスワードを設定すれば完了です。

2. Windows8シリーズ以降のWindowsログインパスワード

Windows8シリーズ以降のバージョンは、通常はMicrosoftアカウントでログインしています。そして、特別に暗証番号(PIN)やピクチャパスワードを設定していなければ、Microsoftアカウントのパスワードでログインしています。

暗証番号やピクチャパスワードを設定していて、うまくログインできない場合は、まずログイン画面で「サインインオプション」を選択して通常のパスワードを選択してログインします。ログイン後に「設定」の「アカウント」を選択して「サインインオプション」から「PINを忘れた場合」などを選択します。

win22-2

PINを他のサービスでも使っている場合はもう一度設定する必要がありますとの説明を読んで「続行」をクリックします。

win22-3

Microsoftアカウントのパスワードを入力して「サインイン」をクリックします。

win22-4

新しいPINを聞かれたら、新しくPINを設定するか、キャンセルを押します。キャンセルを押すとPINが削除されます。

3.Microsoftアカウントのログインパスワード

Microsoftアカウントのログインパスワードを忘れた場合は、Microsoftアカウントサイトでのパスワード変更が必要になります。

ログインできないアカウントでは接続できませんので、別のアカウントでの接続が必須となります。また、本人認証のためにリセットするアカウント(メールアドレス)宛てのメールを受信できる環境が必要になります。

https://account.live.com/password/reset にアクセスし、「パスワードを忘れた」を選択して「次へ」をクリックします。

win22-1

リセットしたいアカウントのメールアドレスと、認証文字を入力して「次へ」をクリックします。

win22-5

「***@****.***にメールを送信」にチェックを入れて、「コードの送信」をクリックします。

win22-6

アカウントのメールアドレスに「コード」が送られてきますので、入力してパスワードをリセットします。

Windowsのパスワードを忘れてしまった時の対処法

Windowsのアカウントは、スタンドアローンの時代からネットワークログインの時代に変わりつつあると思います。

セキュリティの強度がそれほど求められないサービスではログイン時の認証処理によって、新たなログインが必要ない「シングルサインオン」に移行していくことが望まれます。現在でも、ブラウザのアカウント管理機能によって、アカウント名やパスワードを記憶させておくことが可能となっています。

ブラウザのアカウント管理機能は非常に便利ですが、本来高度なセキュリティが必要なサービスまで同様にアカウント名やパスワードを記憶させてしまうことができてしまうという問題があります。便利なことにはリスクが潜んでいるのです。

今後ますます「シングルサインオン」への移行が進むと考えられます。一つのアカウントとパスワードで利用できるサービスが増えれば増えるほど、アカウント管理の重要性が増加してきます。新たにアカウント名とパスワードを設定する場面では、自分なりにセキュリティ強度を判断して、自己防衛する必要性が増してきていると思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です