Home / Microsoft / Windows / Windows10へのアップグレードが無料になった意味

Windows10へのアップグレードが無料になった意味

Pocket

Windows10へのアップグレードは2016年7月28日まで期間限定で無料となっています。そして、Windows8.1 with bingは、パソコンメーカー向けに無料で提供されていました。

つまり、Windows8.1 with bingがインストールされたパソコンを購入してWindows10にアップグレードすると、Windows10は無料で手に入ることになります。ユーザーにとってはありがたいことですが、なんだかうまい話には裏があるような気もして不気味です。

そこで、Windows10へのアップグレードが無料になった意味について考えてみます。

スポンサーリンク

1.Windows 10はWindowsの最後のバージョン

Microsoftによると「Windows 10はWindowsの最後のバージョンになる」そうです。そして、「Windows as a Service」とも言っています。

これは、今後新たなWindowsを製品として公開するのではなく、今後はWindows10をベースにアップデートで新機能を開発する方針だと受け取れます。そしてWindows7とWindows8シリーズからは無償でアップグレードが可能です。

MicrosoftとしてはWindows Vistaのサポート期限(2017年4月11日)を過ぎたら、Windowsユーザーは全員Windows10を使っているという状況にして、サポートの手間を省きたいように思えます。ただし、Windows10の無償サポート期間は2025年10月14日までと発表されています。

 

今後Windows10の新たなビルド(リリース時はビルド10240)が発表されたときにサポート期間が延長されるのか、それともWindows以外の新たなOSを発表するのかわかりませんが、Windows10は今までのWindowsとは違って、特別なWindowsだと位置付けているようです。

win68-3

2.窮地に立たされているWindows

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

知って得する!パソコンで大文字・小文字しか打てなくなった際の対処法

日常的にパソコンを使っていると …

Facebookでのご購読が便利です