Windowsムービーメーカーのインストール方法と使い方

LINEで送る
Pocket

%e5%8b%95%e7%94%bb

皆さんは動画を作成したことがありますか?

動画を作成したいと思っても、「動画作成は難しそう」と躊躇してしまうのではないでしょうか。

また、ソフトをダウンロードしようと思っても、有料なものから無料なものまで数多くの動画作成ソフトが存在します。そんな動画作成やソフト選びを迷っている方は、まずはWindowsムービーメーカーを使ってみてはいかかでしょうか。

ムービーメーカーはMicrosoftが無償で提供しているムービーソフトで、ビデオカメラやスマートフォンなどの端末で撮影した動画の編集や、結婚式や卒業式などで流すスライドショーなど作ることが出来ます。シンプルな操作方法で簡単に動画編集や作成をすることが出来るので初心者の方にオススメです。

スポンサーリンク

Windowsムービーメーカー2012のインストール方法

まず、ダウンロードするにあたっての注意点なのですが、Windowsムービーメーカー2012は「Windows7」「Windows8」「Windowz8.1」「Windows10」のみ使用可能です。不安な方はお使いのWindowsのバージョンを確認することをお薦めします。

Windowsのバージョンの方法は「Windowsキー」を押しながら「R]を押します。「ファイル名を指定して実行」というウィンドウが表示されますので、名前のところに「winver」と入力をしてOKを押すと、バージョンを確認することが出来ます。(同様にスタートボタンでも確認可能です)

また、「設定」から「PCの情報」、「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」をクリックし「システム」などの方法もあります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

公式サイトからダウンロード

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1687

Microsoft公式サイト→ダウンロード

最初に公式サイトからWindows Essentials 2012をダウンロードします。今すぐダウンロードをクリックし、「ファイルを保存」で保存してください。

ダウンロードしたファイルをダブルクリック

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1688

ファイルを保存したフォルダを開いて、ファイルをダブルクリックして下さい。ダブルクリックするとインストールを許可するウィンドウが表示されるので「はい」をクリックします。

ムービーメーカーとフォトギャラリーをインストール

インストールの準備が始まり、準備が終わると「インストールするプログラムの選択」というウィンドウが表示されます。

その中の「インストールする製品の選択」をクリックし、インストールするプログラムの選択画面で「フォトギャラリーとムービーメーカー」にチェックをいれ、「インストール」をクリックします。

インストールをクリックするとインストールが開始されるので、そのまましばらく待機してください。インストールのウィンドウ画面が完了しましたに変わったら「閉じる」を押して、インストール完了です。

ムービーメーカーの基本操作

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1689

ムービーメーカーでは他のソフトと比べ、出来る機能はさほど多くないですが、その分操作がシンプルで動画を作ったことのない方や、動画作成の知識の無い方でも簡単に動画を作成することが出来ます。

また、出来る機能は多くないといっても、動画の切り取りや繋ぎ合わせなど、動画作成において基本的な機能はあるので凝った動画を作りたい場合以外は問題無く動画を作れます。

それではまず、ピデオを読み込み、比率を決めて保存してみましょう。

キャプチャしたビデオを読み込む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1690

ソフトを起動し、「ビデオおよび写真の追加」を押します。ファイルが開かれるので、編集したいビデオを選択し、追加します。また、複数のファイルをまとめて指定して追加することも可能です。

追加されたビデオは右の画面で編集、左の画面で編集した動画を再生し、確認できます。中央のボタンが通常再生で、左右のボタンは前後にコマ送りすることが出来ます。

縦横比の選択

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1692

ムービーメーカーでは「ワイドスクリーン(16:9)」と「標準(4:3)」の2種類の縦横比があります。画面上のツールバーから「プロジェクト」を選択し、「ワイドスクリーン」か「標準」のどちらか好きな方を選んでください。

気を付けて頂きたいのが、複数の素材(ビデオや写真)を編集するとき、素材一つ一つ別々に縦横比を変えられないということです。ですので、例えばワイドスクリーンを選ぶと全体がワイドスクリーンになります。

また、動画を出力する上でワイドスクリーンと標準とでは解像度が違います。デフォルトではワイドスクリーンになっているので、どちらを選ぶべきか悩む方はワイドスクリーンの設定のままにしておけば大丈夫です。

プロジェクトの保存・上書き

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1753

同じくツールバーから「ファイル」をクリックし、「名前をつけてプロジェクトを保存」で、プロジェクトの保存のウィンドウが表示されるので、ファイル名を入力して「保存」をクリックするとプロジェクトの保存が出来ます。

一度保存したプロジェクトは「プロジェクトの保存」で上書き保存することが出来ます。「Ctrl」キーを押しながら「S」を押すことでクリック無しで保存することも可能です。

操作パネルの各機能について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1691

プロジェクトの保存が出来たら今度は操作パネルの各機能についてご説明したいと思います。上記にも書きましたが、右の画面で編集、左の画面でビデオの再生が出来ます。

操作パネルではストーリーボードとシークバーが表示され、ストーリーボードを編集することでビデオの分割、不要な部分の削除などが出来ます。

ストーリーボートとシークバー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1694

ストーリーボードではパネル形式で映像全体の流れを見ることができ、シークバーは現在の再生位置を表したものです。再生を押すと、ストーリーボード上でシークバーが右へ動き、今はどこの部分を再生しているのかが分かります。

また、シークバーを動かすことで、好きな場所から再生することが出来ます。

ビデオの分割

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1695

ツールバーの「編集」から、分割したい位置にシークバーを合わせ、「分割」をクリックするとビデオが分割されます。ストーリーボート上でマウス右クリックで「分割」を選択することも出来ます。

分割をしてストリートボードのフレームを分けることで、削除やフレームの間に他の映像を挿入したりすることも出来ます。

ビデオの削除

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1698

ビデオを削除する方法は2種類あります。

一つは、不要なフレームをクリックし、ツールバーの「ホーム」、編集の部分から「削除」もしくは右クリックで削除を選択して削除する方法で、複数分割して間のフレームを削除したい場合にオススメです。

もう一つは、上記の分割ツールの右隣りにある「トリムツール」を使うと、ビデオをトリミング(切り取り)することができ、一部分だけを切り取りたい場合はこちらがオススメです。

用途に合わせて使い分けると素早く作業ができます。

ムービーメーカーの高度な機能

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1699

基礎的な機能の他に、ビデオの速度調整や、特殊効果、また字幕や音の追加など少し高度な機能があります。ただ、これまでのように操作方法は至ってシンプルなので安心してください。

ビデオにBGMや字幕、特殊効果などがあるだけでもかなり雰囲気が変わってきますよね。これから説明する機能を使ってよりオリジナリティのあるビデオを作成してみましょう。

速度調節:倍速と減速

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1701

速度を変えたいフレームをクリックし、ツールバーの「編集」から速度と表記されている隣の数字を変えることで速度が変化します。デフォルトの「1x」が通常の速度で、1xより少ない数字(0.5xなど)が減速、1xより多い数字(2xなど)が倍速になります。

速度は最大で0.125x~64xまで速度を変化させることが可能で、0.125x~64xの間なら自身で入力して好きにカスタムすることが出来ます。

特殊効果

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1705

特殊効果を使うと、モザイクや回転、色をセピアやシアン、モノクロなど、動画を加工することが出来ます。効果を入れたいフレームをクリックし、ツールバーから「視覚効果」を選び、好きな効果を選択すると、その効果が追加されます。

また、特殊効果の詳細を開き、「複数の特殊効果」をクリックすると、一つのフレームに複数の効果を自由に入れることが出来ます。

アニメーションで切り替え効果

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1706

アニメーションを使うとシーンの移り変わりで使う切り替え効果を入れることが出来ます。ツールバーから「アニメーション」、左側の「切り替え効果」のところで好きなアニメーションを選べます。最初の切り替え効果は少ないですが、二度目以降から沢山の種類が表示されます。

また、切り替え効果の「再生時間」の数字を変えることで切り替わる速度を変えることが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1708

アニメーションで使えるのは切り替え効果だけではありません。切り替え効果の右側、「移動および拡大」のところのアニメーションを選択すると、映像を「下から上へ」「右から左へ」といったカメラワークの移動や、映像を「ヨリからヒキへ」「ヒキからヨリへ」といった拡大・縮小のアニメーションを加えることが出来ます。

動画に動きが加わることで印象も変わってきます。どういう風に映像を見せたいのかなどを考えてアニメーションを加えるといいかもしれません。

アイテムを移動する

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1709

フレームや音声などのアイテムはクリックしたまま移動(ドラッグ)することで好きな場所に移動することが出来ます。アイテムの挿入する場所を間違えたときや、動画などを前後させたい場合などに素早く簡単に移動できるので便利です。

タイトルの各種編集

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1710

ツールバーのホーム、追加から「タイトル」をクリックします。タイトルをクリックすると上の画像のような黒いフレーム、その下には動画を保存した時につけた名前が、また画面右側にも同じように名前が表示されます。このタイトルは、右画面で文字を入力することで自由に変えることが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1713

タイトルを追加したことで、タイトルフレームを選択したときに「フォーマット」が追加されます。フォーマットではタイトルのフォントの変更をしたり、文字の大きさや色、透明度や文字に輪郭をつけたりすることが出来ます。また、「特殊効果」を追加することで入力したタイトルを動かすことが出来ます。

タイトルの表示時間を変えたい時は中央の調整から、「テキストの表示時間」のところで数字を変えるとタイトルが表示される時間が変わります。テキストの表示時間の上にある「開始時間」の数字を増やすことでタイトルが表示が開始される時間を遅くすることが出来ます。(ドラッグして移動でも可能です)

開始時間のさらに上、「背景色」をクリックすると、デフォルトで表示された黒のフレームの色を変えることができます。文字の色、文字の輪郭の色、背景色などは自分で自由に作ることが出来ます。

字幕、説明文などのキャプションを入れる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1714

タイトルの他に字幕や説明文などのキャプションを入れたい場合は、ホームからタイトルの下の「キャプション」を選択することでテキストが追加されます。タイトル同様にキャプションにも特殊効果を入れたり、文字の色を変えたりすることが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1716

また、キャプションの下の「クレジット」から監督や主演などを追加したり、「オートムービーのテーマ」から自動でテーマを追加することも出来ます。

スナップショット機能

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1727

スナップショット機能は動画の一部を静止画として切り出すことが出来ます。切り出した静止画はファイルに保存した後、自動で右の編集画面に追加されます。また、スナップショットは画面左のプレビューウィンドウに比例するので、スナップショットを大きくしたい場合はプレビューウィンドウを大きくしてください。

スナップショットを作成したい位置にシークバーを合わせ、ツールバーのホーム、追加から「スナップショット」をクリックし、名前を付けてファイルに保存するとスナップショットが作成されます。

例えば、動画に解説を入れたいと思ってもスロー再生では難しい場合などに、スナップショット機能を使えば、動画で解説を入れたいシーンを静止させ、そこに解説を入れることが出来ます。

音の追加・編集・強調

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1728

音を追加することで、動画にBGMを加えたり、効果音などを入れることが出来ます。

音を追加したい位置にシークバーを合わせ、ホームの追加から「音楽の追加」の音符マークをクリックするとファイルが開かれます。ファイルの中から好きな音楽を選択し「開く」を押すと、音楽が追加されます。

ファイルに音楽がない場合などは、音楽の追加をクリックすると「新しい音楽をオンラインで検索」で表示されているサイトをクリックし、そこのサイトで音楽をダウンロードしてくることができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1729

音楽が追加されるとツールバーに「オプション」という項目が追加されます。オプションでは追加した音楽を分割やトリミングといった編集が出来ます。

「開始時間」は音楽が開始される時間帯のことを指し、「開始位置・停止位置」は音楽のトリミング(切り取り)を指します。また、フェードイン、フェードアウトでは「遅い」「普通」「速い」を選ぶことができ、音楽の始まりと終わりを自然に入れることが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1731

ツールバーからプロジェクトを選択すると、ナレーションやビデオ、音楽の強調が簡単に出来ます。また、「オーディオのバランス」から任意で音の調整をすることも可能です。さらに、「音楽に合わせる」を押すと自動で動画と音楽が同時に終わるよう、設定してくれます。

ナレーションを録音する

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1733

ムービーメーカーでは音楽の追加だけではなく、ナレーションとしてリアルタイムで音声を録音することができます。

ホームから「ナレーションの録音」をクリックし、「録音」を押すと録音が開始されます。録音を終えたい時は「停止」をクリックすると、ファイルが開かれるので、名前を付けて保存してください。保存されたナレーションはこれまでと同様に左の画面に表示されます。

また、ナレーションを録音するのではなく、事前に用意したナレーションを入れたい場合や、追加した音楽とは別に効果音などの音を入れたい場合などは、ナレーションの録画の隣にある「▼」を押すと「サウンドの追加」が表示されるので、そこから音を入れることが出来ます。

録音したナレーションや、追加したサウンドは、音楽の追加で追加した音楽同様、オプションから編集することが可能です。プレビュー画面で再生しながら調整してみて下さい。

ムービーの保存

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1736

一通りの作業が完了し、動画が完成したらムービーを保存します。

プロジェクトの保存との違いは、プロジェクトは「ムービーメーカー」としての保存で、ファイルを開けば再び編集することは可能ですが、プロジェクトをYouTubeにアップロードしたり、スマホやDVDで見ることは出来ません。

逆にムービーの保存は再び編集をすることは出来ませんが、ムービーとして完成させることで、他の端末で視聴したり、動画としてアップロードすることが出来ます。

表示サイズ・ビットレート、ファイルのサイズを決める

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1737

ムービーメーカーでは、「コンピューター用」、AndroidやiPhoneなどの「デバイス用」、YouTubeやFacebookといった「ウェブサイト用」など既存の設定が用意されています。また、一番下の「カスタム設定の作成」をクリックすると、自分の好きな設定で保存し、設定に追加することが出来ます。

それぞれを簡単に説明すると、ピクセルが表示される大きさ、ビットレートが一秒あたりの画質・音質の情報量、フレームレートは一秒あたりのコマ数になります。

ビットレートが多ければ多い程、高画質高音質になり、フレームレートが多ければ多いほど滑らかな動作になります。ただし、フレームレートを上げ過ぎると画質が落ちるので、高画質を保ちたのであれば、ピットレートも上げる必要があります。

当然ビットレートが多いとファイルのサイズも多くなるのでカスタムする場合は注意してください。

初心者の方は慣れるまでいまいちピンとこないと思うので、特に指定したいデバイスがない場合は、設定欄の一番上に表示される「このプログラムの推奨設定」で保存すれば、自動でその動画の最適と思われる設定を選んでくれるのでまず問題はないと思います。

電話とデバイスの設定

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1743

電話とデバイスの設定では既存のもので9種類あります。上の画像はその各種の「名称」「表示サイズ」「ビットレート」「ファイルの推定サイズ(1分あたり)」を表にまとめたものになります。これは、カーソルを合わせることで見ることが出来ます。

タブレットの設定

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1744

タブレットの設定では5種類あります。

WEBサイトの設定

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1745

WEBサイトの設定では8種類あります。

用途を考えて、どのサイズが必要か、どの端末やサイトで見るかなどを考えて選ぶといいと思います。

オーディオの設定

カスタム設定の作成の上の「オーディオのみ」を選択すると、動画の音声のみが保存されます。ビットレートは192.200kbpsになります。

Youtubeにアップロードする方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1746

YouTube直接アップロードしたい場合は、ツールバーのホーム、共有から「YouTube」のボタンをクリックします。すると、「ムービーメーカー」のウィンドウが開かれるので、適当なサイズを選択します。

サイズを選択すると「YouTubeへのアップロード」というウィンドウが開かれるので、YouTubeのユーザー名とパスワードを入力してYouTubeへサイトインします。

サイトインが完了したら、動画のタイトル、説明、タグを入力し、カテゴリーと許可を選んで「アップロード」をクリックします。(パブリックは公開、プライベートは非公開になります)

アップロードをクリックすると、ムービーの保存、アップロードの順にウィンドウが開かれるので、完了するまで待ってください。アップロードはサイズの大きいものだと時間がかかるので注意してください。

YouTubeへのアップロードが完了すると、その旨のウィンドウが表示されるので、閉じるを押して完了です。

注意してほしいのは、Google側がログインをブロックしていてYouTubeにサイトイン出来ない場合があります。アカウント名やパスワードが合っているのにサイトイン出来ない場合は、Gmailを確認してみて下さい。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1752

Gmailに「ブロックされたログインについてご確認ください」というメールが届いていたら、そのメールを開き、「安政の低いアプリへのアクセスを許可」をクリックし、アクセスをオンにするとYouTubeへサイトインすることが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-1749

YouTubeだけでなく、他のWEBサイトへも直接アップロードができるので便利ですね。

まとめ

ムービーメーカー以外でも無料で使うことの出来る動画ソフトは沢山あります。動画ソフトなどで有名なAviUtlと比べると出来ることは少ないと思います。しかし、それらのソフトは機能が豊富なかわりに操作が複雑で、初めて動画を作成しようとしたときに、難しくて途中で挫折したり、手を付けづらいかと思います。

ムービーメーカーは大体の操作が操作パネルをワンクリックするだけのものも多く、簡単な操作で初心者でもサクサクと動画を作成することが出来ます。また、慣れてくると単純なアニメーションを作ったり、少し凝った動画を作るなど、ムービーメーカーでも出来ることは多いです。

皆さんもこの機会に是非、ムービーメーカーで動画作成してみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です