Home / Mac / どちらを買う?WindowsとMacで迷っている時の検討ポイント

どちらを買う?WindowsとMacで迷っている時の検討ポイント

Pocket

gori0i9a9925_tp_v-1

パソコンを購入する場合に、WindowsとMacのどちらを買うか迷ってしまいますよね。

使いたいアプリケーションやサービスが明確で、どちらか一方しか対応していなければ迷うこともありませんが、一般的なWeb閲覧やメールが主体で、ちょっとした資料や年賀状を書くぐらいだとどちらでもいいように思います。そんなWindowsとMacどちらを買うか迷っている時の検討ポイントを考えてみます。

スポンサーリンク

1.WindowsとMacの概要

WindowsはMicrosoftが販売しているコンピュータの基本ソフト(OS)で、システム要件を備えているコンピュータ(PC/AT互換機)で動作させることが可能です。そのため、多くのメーカーからWindowsを搭載したパソコンが発売されています。

一方Mac(Macintosh)は、Appleが販売しているコンピュータの総称です。OSは専用のOS-Xが搭載されています。このOS-XはMac専用ですので、Mac以外のコンピュータにインストールすることは禁じられています。逆に、MacにWindowsをインストールすることは可能で、AppleではWindowsがインストールできるBoot Campを公開して、MicrosoftはMacユーザー向けにWindowsを販売しています。

以前はWindowsとMacでは、対応しているアプリケーションや周辺機器が違っていて、Macがハイスペックを要求していて高価だったために、棲み分けができていました。でも、現在ではアプリケーションや周辺機器の多くが両方に対応してきたのと、ハードウェアの価格が下がって一般ユーザーがパソコンの選択肢としてMacを考えられるようになってきました。

2.どちらを買えばいいのか迷っているのならWindows

パソコンのシェアを見ると、Windowsが約90%、Macが約8%、その他のPC-UNIX系が約2%となっています。

圧倒的にWindowsユーザーが多いというのは変わっていないのです。ユーザーの多さは、対応するアプリケーションや周辺機器やサポートの充実につながっています。まだWindowsしか対応していないアプリケーションは存在します。そして、今後そのようなアプリケーションを使う機会がないと言い切れないのならWindowsなのです。

また、アプリケーションがWindowsとMacの両方に対応しているとはいっても、違う基本ソフト(OS)上で動作するわけですから、全く同じとは限りません。特にMicrosoft Officeでは、Mac向けにOffice for Macとういパッケージが販売されていますが、機能は限定されています。

また、OSで使われている文字(フォント)も異なりますので、MacとWindowsでデータをやり取りした場合にはレイアウトが崩れます。

Macは、Windowsとどちらにしようか迷って購入するものではないと思います。Macは買うか買わないかの二択で、迷うとしたら機種をどれにするかしかないと思います。WindowsとMacとどちらにしようか迷っているのならWindowsです。

3.Macを買うべき人

とはいっても、Macを買うべき人は存在します。今よりもWindowsが全盛だった時にも50万円以上していたMacは売れていました。WindowsとMacは別物なのです。もともとグラフィックデザインや印刷分野ではWindowsでは仕事に使えない、ということでMacが必要でした。

今ではWindowsでもよく利用されるAdobeのPhotoshopやIllustratorも元々Mac用です。今でもこれらのアプリケーションをメインで利用するのなら、Macのハイスペックマシンを購入することをお勧めします。

また、MacはAppleの独占で競合がありませんので、細かいところにお金がかかっています。デザインにこだわるユーザーが多いこともあって、デザインの作りこみはWindowsとは比較になりません。梱包材から違います。段ボールを開けた時からMacの世界に引き込まれます。デザインにお金をかけても、他に選択肢がない以上必ず売れます。

ノートPCを持ち歩く機会が多い人にとっては、スタイリッシュなデザインもMacを購入する動機になると思います。特に、今ではWindowsを稼働させることも可能なのですから、スタイリッシュなWindowsマシンとしての購入も考えられます。割高ではありますが、魅せるためのデジタルガジェットと考えたら投資の価値はあります。

つまり、グラフィック系のアプリケーションを使う人や、多少お金をかけてもスタイルにこだわる人はMacを買うべき人だといえます。

以下、より具体的にWindowsとmacを購入する際のメリット・デメリットについて考察していきます。

Windowsのメリット、デメリット

5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_s

Windowsのメリットとデメリットについてご紹介致します。Windowsにはいったいどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

Windowsのメリット

それではWindowsのメリットを順にご紹介致しましょう。

ハードウェアの種類が豊富

MacがAppleという一つのメーカーからのみの発売であるのに対して、WindowsはNECや東芝、レノボ、Mouseなど、いろいろなメーカーから発売されています。スペックもデザインもさまざまで、いろいろな種類のWindowsの中から選ぶことが出来るため、選択肢が多いと言えます。

利用可能なソフトウェアが多い

最近ではMacのユーザーも多くなってきたため、WindowsとMacの両方で使えるソフトウェアが多くなってきましたが、WindowsはPCができた当時から日本で普及していたため、やはりソフトウェアの数が多いです。そのため、いろいろなジャンルのソフトウェアをインストールすることができます。

Windowsのデメリット

では、Windowsのデメリットにはどんなものがあるでしょうか?

ウイルスに弱い

まず、Windowsを使う一番の心配として、ウイルスに弱いということがあります。Macのユーザーが多くなってきたといっても、やはりユーザーの絶対数としてはWindowsのほうが圧倒的に多いです。そのため、ウイルスの数もWindowsに向けてのものが多いため、Windowsはウイルスに弱いと言われるようになりました。

しかし、セキュリティーソフトの数も多いため、ちゃんとインストールしていればウイルスに対する心配はそこまでしなくても良いでしょう。

バージョンアップが多い

windowsのデメリットのひとつに「バージョンアップが多い」ということがあります。しかもデフォルトの設定が「自動的にバージョンアップする」になっていると、夜中の使ってない時などに自動的にバージョンアップしてしまうので、騒音で目が覚めて知ったという方もいるようです。

このような自体を防ぐには、設定を「手動でバージョンアップする」に変えておきましょう。

Macのメリット、デメリット

pc_woman

それではMacのメリットとデメリットをご紹介致します。

Macのメリット

常にPCで作業するエンジニアやデザイナーたちに言わせても、「Macは起動が早い」というのがまず第一のメリットに挙げられます。PCで仕事をする人たちにとっては、マシンが起動する時間ももったいないもの。その点、Macは起動が早く、前に開いた時の続きの仕事がすぐにできます。

また、「デスクトップを切り替える」ということができますので、まるで複数のモニターで作業しているような感覚になれます。

さらに薄くて軽く、パワフル、そしてデザインがいいなどのメリットも魅力的なメリットとして挙げられます。そういえば、コワーキングスペースやカフェなどで作業している人はMacを使っている人が多いと感じませんか?持ち運びに便利でスタイリッシュなのも魅力です。

操作がシンプル

もともとMacを作ったAppleの創設者スティーブ・ジョブズは、Macを「お母さんでも使えるパソコン」をコンセプトにして作ったそうです。誰にでも使える機能としてGUIを採用し、難しいプログラムを打たなくても、アイコンのクリックひとつで作業ができるようにしたのです。

その精神は現在のMacにも受け継がれていて、MacはWindowsに比べて操作がシンプルだと言われています。

ウイルスに強い

Macのユーザーが増えてきたのはまだここ10年にも満たないほどで、それまではグラフィック系などデザイン系や医療系の一部の方しか使わないパソコンでした。なぜなら、ソフトがMac用しかなかったからです。

しかし、iPhoneの登場でApple社もメジャーになり、PCもMacのユーザーが徐々に増えていきました。それに伴って、Mac用のウイルスも増えてきたと言われていますが、まだまだWindowsに比べるとウイルスに感染する確率は低いです。といっても、セキュリティーソフトなどを入れて、ちゃんとMacをガードしておくに越したことはありません。

Macのデメリット

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

あなたはMacは大丈夫?ウィルス感染チェック方法と事前対策まとめ

「Macはセキュリティが高くウ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です