WindowsをMacにインストールして使用する方法

LINEで送る
Pocket

Macのパソコンを使用して作業をしていると、Windowsを使いたくなる場面に出会います。今回はMacにWindowsをインストールして使用する方法についてご紹介します。ExcelやWordなどのインストールする方法もありますが、今回はMacのOSもWindowsのOSも両方使える方法についてです。細かい詳細等、気になる部分がありましたら、AppleHPをご覧ください。

1 (18)
出典:photo-ac

スポンサーリンク

BootCampを使ってWindowsをMacにインストールする方法

BootCampを使ってWindowsをインストールする方法についてご紹介します。
BootCampを使うと、MacにMicrosoftWindowsをインストールできます。インストール後は、Macを再起動してOSXとWindowsを切り替えることができます。まず、次の必要なものが全て揃っているか確認してください。●IntelベースのMac●MicrosoftWindows8(64ビット版)以降のMicrosoftWindowsインストールメディアまたはディスクイメージ(ISO)●Apple製キーボードとマウスまたはトラックパッド、またはUSBキーボードとマウス●起動ドライブ上に55GB以上の空きディスク容量●一部のMacモデルでは、さらに16Gb以上の空のUSBフラッシュドライブ。 以前のバージョンのWindowsをインストールする場合は、お使いのMacでそのバージョンがサポートされているかどうかを確認してください。Windowsを始めてインストールする場合は、フルインストール用の(アップグレード用でない)ディスクまたはディスクイメージをお使いください。

①システム条件を確認する

Windowsのバージョンによっては、特定のプロセッサが必要なものや、他のバージョンよりハードドライブ容量とメモリ(RAM)の要求が高いものがあります。インストールするWindowsに付属しているマニュアルを参照して、必要な環境を判断してください。その後、システム情報で、お使いのMacの構成内容を確認してみてください。

②Windowsディスクイメージを入手する

Windowsを購入された場合、ディスクイメージファイル(ISO)としてダウンロード配布されるか、またはインストールディスクかUSBフラッシュドライブの形態で提供されます。WindowsをDVDで入手した場合は、BootCampで使えるように、そのDVDからディスクイメージを作成しておく必要があります。WindowsをUSBフラッシュドライブで入手した場合は、MicrosoftからISOをダウンロードできます。

③BootCampアシスタントを開きます

BootCampアシスタントは、MacにWindowsをインストールする手順を案内してくれます。BootCampアシスタントを「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダから開きます。画面の指示に従い、起動ディスクのパーティションを自動的に作成し直して、Windowsの関連ソフトウェアドライバをダウンロードします。インストール中に空のUSBフラッシュドライブを接続するように案内されたら、接続してください。

④Windows用パーティションをフォーマットする

アシスタントが完了すると、Macが再起動して、Windowsのインストーラが開きます。Windowsのインストール先を指定する画面で「BOOTCAMP」という名前のパーティションを選択し、「フォーマット」をクリックしてください。

⑤Windowsをインストールする

画面の指示にしたがってWindowsのインストールを最後まで進めてください。

⑥コンピュータを再起動する

Windowsがインストールされると、OSXとWindowsの切り替えができるようになります。OSXの場合はシステム環境設定の「起動ディスク」パネルを、Windowsの場合は、システムトレイの「BootCamp」項目をそれぞれ使用して、起動ディスクを選択し、コンピュータを再起動します。

Windows10をMacにインストールして使う方法

BootCampを使って、OSXYosemite以降がインストールされている対応モデルのMacにWindows10をインストールします。

システム条件

Windows10を使うには、BootCampでサポートソフトウェア(ドライバ)をインストールする必要があります。このソフトウェアは、BootCampアシスタントを使うと自動的にダウンロードできます。BootCampでは、対応モデルのMacで64ビット版のWindows10を使うことができます。Windows10は、ISOファイル及びUSBフラッシュドライブの形態でMicrosoftから入手ができます。MacにWindowsをインストールするには、64ビット版のWindows10インストーラのISOファイルが必要です。USBフラッシュドライブ版を購入の場合は、MicrosoftからISOをダウンロードして、フラッシュドライブに付属していたWindowsインストールキーを使うことができます。始めてWindowsをインストールする場合は、必ず(アップグレードインストーラではなく)フルインストール用のWindowsインストーラをお使いください。

①Windows10のインストール

Macに始めてWindowsをインストールする場合は、次の手順で実行してください。 1、お使いのMacがWindows10に対応しているかを確認します。 2、ソフトウェアアップデートがないか確認し、OSX、Macファームウェア、及び、BootCampアシスタントを最新の状態にします。 3、「ユーティリティ」フォルダからBootCampアシスタントを開きます。 4、BootCampアシスタントを使って、Windowsの新しいコピーをインストールします。

②Windows10のアップグレードインストール

お使いのMacに以前のバージョンのWindowsが既にインストールされている場合は、次の手順でWindows10にアップグレードできます。 

「64ビット版のWindowsからアップグレードする方法」

既にインストールされている64ビット版のWindows7または8.1をWindows10にアップグレードできます。Windowsパーティションに10GB以上の空き容量が必要です。Windows8.0をお持ちの場合は、Windows8.1にアップデートしてからWindows10にアップグレードしてください。 1、お使いのMacがWindows10に対応しているか確認します。 2、MacをOSXから起動します。 3、Macのデスクトップが表示されたら、Appleメニューから「App Store」を選択します。「App Store」ウインドウの「アップデート」タブをクリックし、ソフトウェアアップデートがないか確認をします。OSXとMacファームウェアが最新の状態であることを確認します。 4、現在インストールされているバージョンのWindowsからMacを起動します。 5、Apple Software Update for Windows をアップグレードします。 7、インストールが完了したら、もう1度Apple Software Update for Windowsを開き、利用可能なアップデートをインストールして、BootCamp用のWindowsサポートソフトウェア(ドライバ)を最新の状態にします。ドライバをインストールする過程で、Macが1回または数回再起動することがあります。ドライバのインストールが終われば、WindowsにログインしてMacでWindows10が使えます。 

「32ビット版のWindowsからアップグレードする方法」

Macに32ビット版のWindowsがインストールされている場合は、既存のWindowsのパーティションを削除して64ビット版のWindowsをインストールできるように、重要なファイルのバックアップを作成する必要があります。 1、Windowsパーティションにある重要なファイルをバックアップします。 2、BootCampアシスタントを使って既存のWindowsパーティションを削除します。 3、BootCampアシスタントを使って64ビット版のWindows10をMacにインストールします。 4、Windowsのインストールが終わったら、重要なファイルをコピーしてWindowsドライブに戻します。

Windows10で使用できる機能

BootCampアシスタントで入手でkる最新バージョンのWindowsサポートソフトウェア(ドライバ)を適用すると、Windows10でMacの次の機能を使うことができます。●USB3●MacBook(Retina、12-inch、Early2015)のUSB-C●Thunderbolt●内蔵SDまたはSDXCカードスロット●内蔵SuperDriveまたはAppleUSBSuperDrive●Apple製のキーボード、トラックパッド、マウス Macの内蔵ドライブにWindows10をインストールできます。BootCampアシスタントを使って、Windowsと互換性のあるドライブにパーティションを作成できます。FusionDriveを搭載したMacにWindowsをインストールする場合、WindowsパーティションはFusionDriveの(SSDではなく)機械式ハードドライブ部に作成されます。MicrosoftBitLockerには、BootCampボリュームとの互換性がありません。Windowsをインストールした後、最新バージョンのiTunesforWindowsをインストールして、音楽を聴いたりビデオを再生したりすることができます。iTunesStoreから購入した音楽やビデオを再生するには、WindowsでiTunesを認証する必要があります。Windows10からMacを起動したときに一部の機能が使えない場合は、BootCampアシスタントを使ってBootCampサポートソフトウェアを再インストールしてください。

まとめ

MacでもWindowsを使えることで大変便利になります。Windows10の使用も可能で、1台のパソコンで2台のパソコン分の能力を保持することになります。いくつかシステム的な条件はありますが、Macをお使いの方で、Windowsも使えた方が作業効率も上がる方などは、ぜひ、取り入れてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です