Windows環境でLinuxを使用する方法とWinowsとの違い

LINEで送る
Pocket

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e2%91%a3

Linuxをご存知ですか。WindowsやMacOSにはさまざまな特徴を持っており、多くの企業・個人に使われているOSです。LinuxはWindows環境でも使うことができます。Windowsではなく、Linuxを使うことで、どんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、「Windows環境でLinuxを使用する方法とWinowsとの違い」について紹介いたします。Linuxに興味がある方や、今使っているWindowsに不満がある方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.Windows環境でLinuxを使用する方法

25d6512d76e98e2349772bbae628e5fd_s

Windows環境でもLinuxを使用することができます。Linuxを使用することで、Windows時とは違うメリット・特徴が生じます。ここでは、Windows上でLinuxを使用する方法について、紹介いたします。

1.仮想化ソフトを動かしLinuxOSを起動する

Windows環境でLinuxを使用する方法として、Windows上で仮想化ソフトを動かし、Linuxを起動する方法があります。まずは、VMware Playerインストーラーのダウンロードを行います。

  1. VMware Playerインストーラーのダウンロードをします。VMware Playerのサイトから「VMware Workstatione12Player for Windows64-bit pperating systems」のダウンロードを行います。
  2. ダウンロードしたインストーラーを開きます。
  3. 「VMware Workstatione12Playerセットアップ」画面が開きますので、次へ進めます。
  4. 「使用許諾契約書」画面になりますので、問題がなければ「使用許諾契約書に同意します」にチェックをし、次へ進めます。
  5. 「カスタムセットアップ」画面になりますので、問題なければ、そのまま次へ進めます。
  6. 「ユーザーエクスペリエンス」画面でも、該当があるようであればチェックをし次へ進めます。
  7. 「ショートカット」画面では、VMware Workstatione12Playerのショートカットをデスクトップかスタートメニューのプログラムフォルダのどちらかに作成ができます。希望する方にチェックを入れ、次へ進めます。
  8. 「VMware Workstatione12Playerのインストール準備完了」画面になりますので、「インストール」をクリックします。
  9. 「VMware Workstatione12Playerをインストール中」という画面が表示されますので、少し待てばインストールが完了します。
  10. 「VMware Workstatione12Playerへようこそ」の画面が表示されればインストールが完了し、無事起動できたということです。

VMware Workstatione12Playerのインストールが完了した後は、Ubuntuのインストールを行います。Ubuntuのインストール方法は下記のとおりです。

  1. Ubuntuをダウンロードするために、Ubuntu Japanese Teamの「Ubuntu Desktop 日本語Remixのダウンロード」で、ISOイメージのダウンロードを行います。
  2. Ubuntu をインストールするために、VMwareに仮想マシンを作成します。
  3. 「VMware Workstatione12Playerへようこそ」の画面で、「新規仮想マシンの作成」を選択します。
  4. 「新規仮想マシンウィザード」画面が表示されますので、「インストーラディスクイメージファイル」にチェックをし、参照部分に、インストールしたUbuntuを選び次へ進めます。
  5. 「簡易インストール情報」画面でフルネーム、ユーザー名、パスワード、確認の項目を入力をし、次へ進めます。
  6. 「仮想マシンの名前」画面で、仮想マシン名、場所を選択して次へ進めます。
  7. 「ディスク容量の指定」画面で、ディスク容量を選択して次へ進めます。

上記方法で、Ubuntuの起動ができるようになります。これにより、Windows上で仮想マシンを使い、Linuxが起動できます。

2.LinuxのWinowsとの違い

LinuxとWindowsでは違いがたくさんあります。どんな点が違うのか?ここでは、LinuxとWindowsの違いについて紹介いたします。

1.Linuxはオープンソース

Windowsに限らずOSは有料のものが多いです。しかし、Linuxはオープンソースであり無料です。オープンソースなため、プログラムの中身も見れるので自在にカスタマイズができます。Linuxであれば、自分の好きなように調整でき、オリジナルのカスタマイズをして使っていけます。

2.Linuxは無料

Windowsに限らずですが、OSは有料で意外に高いものが多いです。そのため、OSなしのパソコンなどは非常にリーズナブルな価格で販売されています。バージョンにもよりますが、WindowsOSは、15,000〜2,5000円程度します。Linuxの場合はOS代がかかりませんので経済的です。バージョンアップしたとしても無料です。

3.Linuxはたくさんの種類がある

Linuxはオープンソースで利用者がオリジナルのカスタマイズをしますし、多くの人がOSの開発に携わります。そのため、次々に新しいバージョンのLinuxが誕生しており、たくさんの種類があります。WindowsOSと比べても、Linuxは非常に種類が豊富です。

4.軽快な操作が可能

Linuxは、よほどカスタマイズしてさまざまな機能を搭載しない限り、非常に軽快に操作できます。元々が余計な機能が搭載されていませんので、サクサク軽快に操作できます。WindowsOSを使っていて「もっとサクサク動かいないかな?」と困る場面は少なくありません。Linuxであれば、あまりの軽さに古い低性能なパソコンにインストールしてもサクサク動かせるので快適です。

5.安定性がある

Linuxは多くの企業でサーバーなどにも使われいることもあり、無料と言えども安定性が高いです。セキュリティ機能やネットワーク機能などがしっかりと考えられて構築されています。Linuxに関しては、無料=安定性がない、ということはありません。

6.インストールが必要

WindowsOSの場合は、パソコンを買うと大抵最初からWindowsOSがインストールされていますので、購入後に別途インストールなどする必要がありません。しかし、Linuxの場合は、自分でインストールをしなければいけませんし、特に初心者の方にとっては、インストール方法が若干複雑で難しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「Windows環境でLinuxを使用する方法とWinowsとの違い」について、紹介いたしました。Windows環境でも仮想化ソフトを動かすことで、Linuxを起動でき使えます。Linuxは、オープンソースであるため自分の使いやすいようにカスタマイズでき、無料であることが大きなメリットです。

さらに、Windowsよりも軽く軽快に操作ができます。安定性もあり、セキュリティも高いので興味がある方にはオススメです。ただし、インストールが若干複雑な点と、Linuxを使いこなせるようになるまでに、多少の時間がかかる可能性があります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です