Windowsパソコンがフリーズした時に強制終了する方法

LINEで送る
Pocket

Windowsパソコンでは、時々全く反応しなくなる、フリーズとかハングアップとか言われる事態に遭遇します。全く反応がなければ強制終了しか方法がないと考えがちですが、windowsの強制終了までは必要がない場合もありますし、windowsでは強制終了できない場合もあります。そして、それぞれでパソコンに与えるダメージが変わってきます。

スポンサーリンク

Windowsを強制終了する前に

例えばWindows7や8.1からWindows10へのアップグレードでは、途中でフリーズしたのかと思うぐらい画面変化がない状態が続きます。通常のWindowsアップデートでも、スペックの低いパソコンでは時間がかかることが少なくありません。また、3次元CADやCG処理では長時間反応しないこともあります。このような場合は、「そのまま待つ」ことが最良の対応です。できることなら電源を入れたまま数時間放置して、変化を待つことが大切です。

重い処理の心当たりがなければ、タスクマネージャーで応答なしのアプリケーションがないか確認します。キーボードの「CTRL」キーと「ALT」キーを押しながら「DEL」キーを押します。これでも反応がなければwindowsの強制終了しかありません。

以下、画像はwindows10ですが、他のバージョンでも基本は同じです。
gazou1

表示された画面から「タスクマネージャー」をクリックします。タスクマネージャーを起動しただけでフリーズ状態が解消されることも少なくありません。

タスクマネージャーは利用した履歴に応じて「簡易表示」か「詳細表示」で表示されます。左下を選択すると切り替わります。
gazou2

gazou3

ここで、プログラム名の後(詳細表示では「状態」欄)に「応答なし」と表示されているプログラムがあれば、それがフリーズの原因です。「応答なし」のプログラムはタスクマネージャーで強制終了させます。しかし、その場合保存していないデータは消えます。

少しでもデータを救済したい場合は、画面をキャプチャしておくか、デジカメなどで画面を撮影しておきます。タスクマネージャーの簡易表示で、対象のプログラムを右クリックして、「切り替え」を選択すると、対象のプログラムが最前面に表示されるかもしれません。
gazou4

プログラムを終了させるには、対象のプログラムを右クリックして「タスクの終了」を選択します。

「応答なし」の表示がない場合は、CPUやメモリーの使用量を確認しながらプログラムを終了させていきます。それでもだめな場合はwindowsの強制終了となります。

Windowsの強制終了

ここまでくると通常の方法ではシャットダウンできませんが、ソフトウェア、ハードウェア、データにできるだけダメージが残らない方法での強制終了を選択します。強制終了の方法としてダメージの少ない順に、windowsの操作での強制終了、ハードウェアでの強制終了、電源を断っての強制終了となります。

キーボードやマウスで操作できる場合は、windowsの「シャットダウン」を利用します。通常の「シャットダウン」はできなくても、タスクマネージャーを選択する画面まで表示できるのなら、その画面の電源アイコンを利用できます。また、マウスが反応しなくても、キーボード操作でシャットダウンが可能です。

Windows10やwindows7であれば、キーボードのウィンドウズキーを押して、スタートメニューを表示させたら、矢印キーで電源のシャットダウンを選択します。

Windows8シリーズなら、ウィンドウズキーを押しながら「I」キーを押して設定チャームを表示させて矢印キーで電源を選択します。

キーボード操作でシャットダウンできない場合は、ハードウェアでの強制終了となります。CD、DVD、ブルーレイディスクなどが入っていたら、取り出せるのなら取り出しておきます。USBメモリーなども、アクセスランプが消えていて取り外せそうなら外しておきます。

ハードディスクのアクセスランプが消えているのが理想ですが、点滅したり、点灯したままの場合は、最悪ハードディスクが使えなくなることもあります。

ハードウェアでの強制終了は、電源が切れるまで電源ボタンを長押しします。

数分間電源ボタンを押し続けても変化がない場合は、電源を断っての強制終了となります。デスクトップパソコンならば、電源コードを抜きます。ノートパソコンなどで、バッテリーが搭載されている場合は、電源コードを抜いてバッテリーを外すか、リセットボタンを押します。

強制終了した後は

強制終了したら、何かしらのダメージは残っています。見た目には上手に強制終了したように見えても、余分なファイルが残っていたり、強制終了した記録が残ったりしています。ハードウェアが壊れていることもあります。

強制終了したら、まずは外せるものは外します。USBメモリーや、メモリーカード、外付けのUSB機器などです。そして、もしもフリーズする前に増設した機器があれば、それも外します。一番疑わしいのがメモリーです。

調子が良ければまた追加していけばいいのです。

フリーズするというのは、何か原因があります。原因の特定までは必要ありませんが、まずは基本的な構成で、ダメージを確認することが大切です。

フリーズは、異常事態です。そして、強制終了は緊急処理です。異常事態が起こって、緊急処理で対処したことを念頭に復旧作業を行うことが大切です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です