Home / Windows / Windowsを高速化したいときに行うべき手順

Windowsを高速化したいときに行うべき手順

Pocket

頭抱える

Windowsを使っていると、購入当時は、速度が速くサクサクと動いていたのが、1年、2年と時間が経つと、動きが急激に遅くなったりし、全くサクサクと対応しなくなることがあります。そんな時は、どんな対応をしたら購入当時のような速度に戻るのか、今回は、遅くなったWindowsをまた高速化した場合に行うべき対処法をご紹介します。

Windowsのマイクロソフトがオフィシャルに公開している方法なので、全部行えば、必ず速度改善はされます。「使用していないプログラムを削除する」「メモリを追加する」「定期的に再起動する」「視覚効果をオフにする」「ウイルスとスパイウェアを確認する」「起動時に実行するプログラムの数を制限する」「ディスクを最適化する」について記しています。まだ自宅のWindowsのパソコンで行っていない対処法などがあれば、試してみてください。

スポンサーリンク

Windowsを高速化したいときに行うべき手順・対処法

「使用していないプログラムを削除する」

パソコンの製造元の多くは、ユーザーが必要としていないプログラムを新しいコンピュータに搭載しています。このようなプログラムには、ソフトウェア会社によるプログラムのトライアル版が含めれます。

これはユーザーが製品を試して、気に入った場合に完全なバージョンや新しいバージョンへのアップグレードを購入させる目的です。不要なプログラムをコンピュータに入れたままでは、メモリ、ディスク容量、処理能力を浪費することによって速度が低下します。使用予定のないプログラムはアンインストールをすることをお勧めします。製造元がインストールしたソフトウェアと、自身でインストールしたものの不要となったソフトウェアの両方を行うことが大切です。

特にハードウェアとソフトウェアの管理と調整に関するプログラムなどが挙げられます。ウイルス検索プログラム、ディスククリーナー、バックアップツールなどのプログラムは多くの場合、起動時に自動的に実行され、バックグラウンド処理が実行されています。使わない、不要な、プログラムを削除することで、速度が上がり高速化していきます。

「メモリを追加する」

速度を向上させるには、パソコンにRAMを追加することをお勧めします。Windowsを実行しているコンピュータの動作が遅く感じられる場合は、多くの場合パソコンに十分なRAMが搭載されていないことが原因です。うぃReadyBoostw使用してメモリを増やすことでも対応可能です。

この機能を使うと、USBフラッシュドライブなどのリムーバブルメディアデバイス上の記憶域を使用して、コンピュータの速度を向上させることができます。フラッシュドライブをUSBポートに接続する方が、パソコンケースを開いてメモリモジュールをマザーボードに接続するよりも簡単です。

「定期的に再起動する」

1週間に1回はパソコンを再起動させましょう。再起動させることにより、メモリをクリアにして、サービスを確実に停止させることができリセットすることができます。パソコンで実行されている全てのソフトウェアの動作が終了します。非常に多くのプログラムを実行していて、開いたままのメール、メッセージ、Webサイトなども全てリセットすることができますので、再起動することで、高速化していきます。

「視覚効果をオフにする」

Windowsの実行が遅くなっている場合、視覚効果の一部を無効にすることによって、速度を上げることができます。視覚効果をオフにすることで見た目に弊害がでる、という場合もありますが、速度(パフォーマンス)を重視するのであれは、バランスを変える必要があります。オフにする視覚効果を選択することも、Windowsに選んでもらうこともできます。

全ての視覚効果を調整してパフォーマンスを最大にするには、
①【パフォーマンスの情報とツール】を開くには、【スタート】ボタン、【コントロールパネル】の順にクリックします。検索ボックスに【パフォーマンスの情報とツール】と入力し、結果の一覧の【パフォーマンスの情報とツール】をクリックします。

②【視覚効果の調整】をクリックします。管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

③【視覚効果】タブ、【パフォーマンスを優先する】の順にクリックして、【OK】をクリックします。

「ハードディスクをクリーンアップする」

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Macだけじゃない!?Windows機種でiTunesをダウンロードする方法

iTunesは、アップル社が開 …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です