Home / Microsoft / Windows / Windowsが起動しない時に行うべき項目

Windowsが起動しない時に行うべき項目

Pocket

win35-1
Windowsマシンの電源を入れて、起動を待つ代り映えのしないいつもの時間。のはずが緊急事態に一変させるWindowsのトラブル。Windowsが起動しない。

頭の中では「データはどこに保存したか」「バックアップはいつとったか」「代わりに使えるパソコンはあるか」などとどうやって乗り切るかを考えてしまいます。

でも、まずは本当に起動しない状態なのか、起動しないとしたら何が原因なのか、その原因にどう対処すると一番被害が少ないのかを調べましょう。

スポンサーリンク

1.ハードウェア的に問題がないか調べる

まずは、本体につながっているケーブル類を一度すべて外してみます。USB機器、LANケーブル、電源コードなど外せるものはすべて外します。CDやDVDなどのメディアが入っていたらそれらもすべて取り出します。

また、最近増設したメモリーやHDDなどがありましたら、それらも外します。増設してから十分に時間がたっているメモリーやHDDはトラブルの原因である可能性は低くなりますので、後で確認します。

ノートパソコンは、バッテリーが外せるなら一度外して10秒ほど待って再度セットします。バッテリーが外せない場合はどこかに「リセットスイッチ」がありますので、取扱説明書やメーカーのWebなどで確認して、しっかりと押します。最近ではぱっと見てわかりにくい場所に「リセットスイッチ」がある場合も少なくありません。

win35-2

win35-3

今のWindowsは、起動スピードを上げるために、シャットダウンしても完全には電源が切れていません。通常のシャットダウンではトラブルの原因となるメモリー内のごみが、残っている場合が多いのです。

電源周りは一番トラブルが多い場所ですし、対処が簡単でもありますので、必ず確認してください。

一度すべて外したら、購入時の最小構成でつないでみます。ノートパソコンなら電源コードだけつないだ状態です。デスクトップなら本体に電源とキーボードとマウスとディスプレイだけつながっている状態です。

最小構成でWindowsが正常に起動するか試してみます。正常に起動したら増設したハードウェアを徐々につないでいきます。USB機器だけは電源が入った状態で、それ以外は一度電源を切って増設です。

2.最小構成でも起動しない時

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

知って得する!パソコンで大文字・小文字しか打てなくなった際の対処法

日常的にパソコンを使っていると …

Facebookでのご購読が便利です