Windowsの起動が遅いときの対応方法

LINEで送る
Pocket

テスト1
パソコンを使っているとどうしてもトラブルはつきものです。特に「Windowsの起動が遅い」と感じたことはありませんか?これは時間と共に起こりうるやむを得ない状況ではありますが、対処できるものなら対処したい!ですね。

気温などの使用環境により多少起動が遅くなることもあるようですが、急いでパソコンを立ち上げたい!などの時にはイライラしたりストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

今回はその対処方法としていくつかご紹介いたしますので、ぜひパソコンをより身近に知って頂くためにもさっそくトライしてみて下さい。

スポンサーリンク

考えられる原因と対策

原因1.常駐プログラム

常駐プログラムが多い
テスト2
パソコンを使っていると画面の右下にある「タスクトレイ」と呼ばれる部分にたくさんのアイコンが表示されていませんか?

▲マークをクリックするとさらにたくさんのアイコンが表示されていたら、それは「常駐プログラムが多い」ということです。ウィルスソフトなどのセキュリティソフトやスカイプ、メーカーによるソフトなどが表示されていることもあります。

ここに表示されているものはすべてパソコンが起動してすぐに立ち上がるソフトです。デスクトップが表示される前に起動するので、ここにたくさんのプログラムがあればあるほど、デスクトップ画面が表示されるまでの時間が長くなる。ということです。

対策
ずばり、不要な常駐プログラムは解除します。常駐プログラムのアイコンにマウスポインタをのせて少し待つと、そのアイコンの名称が表示されます。

  • スピーカー
  • インターネットアクセス
  • 充電(ノートパソコンの場合)
  • ウィルスソフト(有効なもの)
  • 使用頻度の高いソフトなど

人にもよりますが、最低限上記のものがあれば後は不要と考えてよいのではないでしょうか。

アイコンを右クリックすることで「起動時の設定」を行うことができるものもあれば、そうでないものもあります。右クリックで解除できないものについてはシステム構成を利用する必要がありますので、しっかりとした手順を把握し、間違いのないよう操作することが重要です。

原因2.周辺機器の接続とソフトウェア

USBやCD・DVD
パソコンを起動する前に確認しておきたいのが、USBを使用しての接続状態。追加した周辺機器のドライバーなどがあったり、CDやDVDなどがドライブに入っていたりすると、パソコンの起動時に読み込みが始まるので、起動が遅くなる原因となることがあります。

対策
前回の使用時に何かしらのドライバをインストールした、CD・DVDを取り出し忘れたなどはありませんか?不要なドライバなどがあれば、この機会にアンインストールすることも必要になるかもしれません。

「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」(または「プログラムのアンインストール」)をクリックし、アンインストールします。くれぐれも必要なプログラムやソフトウェアを削除しないように十分気を付けて操作を行ってください。

原因3.何らかの原因によるパソコンの不具合など

パフォーマンスの低下
パソコンは消耗品です。厳密にいえば、ハードディスクやメモリなどが消耗していきます。
毎日たくさんのデータを処理したり、記憶したり削除したりと便利に活躍してくれるパソコンですが、使用年数に応じてデータがバラバラになってしまって読み込みに時間がかかったり、たくさんのデータが格納されればその分負担も大きくなります。

パソコンの性能にもよるので、必要があればメモリを増設する・パソコンを買い替えるということも一つの手段ですが、まだまだ活躍できるパソコンについては次のような操作を行ってみましょう。

対策
Windowsの機能には「デフラグ」や「ディスククリーンアップ」などは、バラバラのデータをきれいに整頓したり、不要なデータファイルは削除したり圧縮することで容量を増やし、パソコンへの負担を軽減させることができます。また、表示画面の設定を行う「視覚効果を調整」などの機能があります。いずれも「スタート」→「コントロールパネル」から設定することができるので、行ってみるとよいかもしれません。

原因4.ウィルス・スパイウェア

ウィルス・スパイウェア
考えたくはありませんが、原因の一つに挙げられるでしょう。知らずに受け取ったメール・誤ってクリックしてしまったインターネットサイト・大丈夫だと思って接続したフラッシュメモリ。ウィルスはいつどこから侵入するかわかりません。ウィルスソフトを入れているからといって安心するのは厳禁です。

対策

会社であれば、すみやかに情報システムの管理者へ報告することが必須です。個人的なパソコンであれば、排除可能であれば感染したファイルやフォルダを排除することで他への感染を防ぐことができるものもありますが、万が一感染を食い止められなかった場合、最終手段としてパソコンの初期化が必要になります。大丈夫と思っていても日頃の注意も必要。大切なデータは必ずバックアップを取るように心がけましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です