Home / Microsoft / Windows / Windowsで動画編集をするためのオススメソフト

Windowsで動画編集をするためのオススメソフト

Pocket

撮りためた子供の映像を編集したいとか、プレゼンテーション用にちょっとした動画を作成したいとか、展示会への出張報告を動画にまとめたいとか、ちょっとした動画編集をする機会は少なくありません。

単純な切り貼りだけではなくて、音声を入れたり、キャプションやタイトルなどの文字を入れたり、クレジットを入れたりといった作業はWindowsパソコンでも可能になっています。

とは言っても、高画質の動画を高度に編集するためには、ハイスペックのコンピュータが必要になりますし、専用の映像ソフトが必要になります。

TVCMや、商品を紹介するために何度も利用するプレゼン用動画のように、お金をかけてでも高品質な動画はプロに任せるとして、ちょっとした動画編集はパパッと自分でできるようにしたいものです。

ここでは、ビジネスに使っているWindowsマシンで、できるだけお手軽に、基本的な動画編集をするためのオススメソフトをご紹介します。

スポンサーリンク

1.Windowsムービーメーカー

Microsoftから、便利なアプリをひとまとまりにして無料で一括してダウンロードできるように「Windows Essentials」として提供されています。Windowsのバージョンによっては初めからインストールされている場合もあります。

「Windows Essentials」には、動画編集ソフトの「Windowsムービーメーカー」も含まれています。

「Windows Essentials」はそもそもWindowsに含めたかった機能を、大人の事情で別のアプリケーションとして提供しているという側面もあります。当然Windowsとの親和性は抜群です。まずは、「Windowsムービーメーカー」を利用してみて、足りない機能があれば他のソフトを試してみるというスタンスをお勧めします。

「Windows Essentials」でダウンロードして、必要なアプリだけ選択してインストールすることも可能です。

「Windows Essentials」からダウンロードする場合
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials

「Windowsムービーメーカー」からダウンロードする場合
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/movie-maker

2.「Windowsムービーメーカー」の概要

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

知って得する!パソコンで大文字・小文字しか打てなくなった際の対処法

日常的にパソコンを使っていると …

Facebookでのご購読が便利です