Home / Windows / Windowsのデスクトップをカスタマイズできるツール一覧

Windowsのデスクトップをカスタマイズできるツール一覧

Pocket

今回は利用者の多い、Windowsのデスクトップデザインを自由にカスタマイズできるようになるソフトウェアを紹介します。多くの人が毎日利用するパソコン、Windows。決まった画面や最初から搭載されているデザインだと新鮮さがだんだん無くなってきます。自由にデスクトップをカスタマイズすることで、まるで違うパソコンを操作しているような世界へ切り替わります。Windows10も良いのですが、以前からのOSを好きで利用している方が多いですので、過去のOSにも対応しているものも含め、カスタマイズツール20選をご紹介いたします。ぜひ、気になるものがあれば1度使ってみて、いつもと違う雰囲気のパソコンに仕上げてみてください。

1 (21)
出典:photo-ac

Windowsのデスクトップをカスタマイズできるツール一覧

今回はデスクトップを自由にカスタマイズできるツール20選を紹介します。

Rainmeter

サードパーティーによる数千種類のスキン(ガジェット的なツール)を利用できます。
メモリーやCPUの利用率などのシステム上方やRSSフィード、天気予報な多様な情報をデスクトップで一覧できるようにしたり、To-doリストやメモをデスクトップ上で、いつでも表示・編集できたりするデスクトップカスタマイズソフトです。世界中のサードパーティーがスキンを提供していて、数千種類のツールから自分のニーズに合うものを探すことができます。

Sideslide

よく利用するツールやファイル、Webサイトなどを自由自在にデスクトップ上に配置し、好きなようにグループ分けすることができます。アプリケーションだけでなく、よく見るサイトやよく使うファイルも集約することができます。グループはカラーリングして、分かりやすく、RSSリーダーやメモ、リマインダーなども備わっています。

s TabLauncher

ドックタイプのアプリケーションランチャーです。アイテムをタブで分類・整理することができます。タブでアプリケーションやファイル、フォルダ、リンクなどをグループ分けして管理することができます。使用したい時だけ表示され、タブ型なので、分類できるのが便利です。

ObjectDock

よく開くフォルダ、アプリケーションなどをドラッグ&ドロップで登録しておき、クリックひとつで起動できる、Mac風のアイコン配列がスタイリッシュなランチャーです。メモリ消費量は8MBと軽く、フォルダ、アプリケーションをクリック1つで簡単に開くことができます。

TTClock

タスクトレイをカスタマイズできるWindowsのソフト。標準時計デザインなどに抵抗がある人などに良いかもしれません。Windowsのタスクトレイに表示される時計の見た目をカスタマイズできます。

LongBar

よく利用するフォルダーやアプリケーションのデスクトップサイドバー用ソフトです。見た目もオシャレです。アップデート、メモ、システム統計などを画面の横にタイル表示できます。

Fences

デスクトップをキレイに整理することが目的のツールです。デスクトップ上にフェンスを作成し、ショートカットをエリア毎に分けることができます。

Samurize

数多くのプラグインが用意されていて、機能性の拡張も自由に行うことができます。ユーザー提供によるプラグインが増えています。多くの人に使われているデスクトップカスタマイズソフトの1つです。デフォルトで表示されるメーターは非常にシンプルですが、多様なデザインのメーターをインターネット上から探して利用することができます。自分自身で思う通りのデスクトップデザインを構築することができます。

Bump Top

3Dの部屋を上からのぞいているような空間をデスクトップとして利用できるソフトです。斬新で今までにない操作感を楽しむことができます。

Rocket Dock

WindowsをMacのOSXのようなドック形式にカスタマイズすることができるツールです。ウィンドウのプレビューも最小化してドックに置けますので、見たい時にすぐに開けるため大変便利です。

Ave Desk

Dockletと呼ばれるプラグインと連携することにより、デスクトップ上にいろいろな情報を表示するためのソフトウェアです。付箋、カレンダー、時計、天気、HDD,CPU使用率など様々な情報を表示することができます。デスクレットには美しいデザインのものが多く、デスクトップを視覚的に美しく心地よいものへしてくれます。

SysMetrix

様々な情報をデスクトップに表示できるツールです。時計、日付、メモリ使用量、シャットダウン、再起動の操作などができます。スキンも数多く提供されています。14種類のテーマが付属しており、時計タイプ以外にもデジタル機器メーターのようなデザインにも変更することができます。インターネット上には多くのテーマが公開されており、好みの表示情報やデザインを探すことができます。

DesktopSidebar

Windows Vistaに搭載されているサイドバー風の、様々な情報を表示することができるデスクトップサイドバーです。株価、RSSリーダー、メールチェッカー、メッセンジャー、メディアプレーヤーなどを表示することができます。

Transform XP to Vista

WindowsXPを、Windows Vista風にするためのアプリケーションツールです。ウィジェットを追加したり、 Vista風にスタートメニューを設定したりすることができます。

窓立て2

ウィンドウを立体表示することができるソフトです。立体化したウィンドウは透明度を設定できるほか、傾き角度や位置なども自由に変更することができます。また、優先度の高いウィンドウは、立体化から除外する設定にもできますので、便利に使うことができます。

Lupina

デスクトップ上に様々なツールを表示することができるアプリケーションです。クリップボード拡張機能やメモリ掃除機能、メールチェック機能等の付加機能などがあります。

Deskloops

アプリケーションウィンドウを切り替えるツールです。ドーナツ状に仮想デスクトップを配置しています。ウィンドウのサムネイルを表示させれば直接移動することもできます。

Y’z shadow

タスクバーやウィンドウに影を付けることができるツールです。メニューバーなどの透明化ができます。

CursorFX

マウスカーソルのデザインを変更できるカスタマイズソフトです。標準で用意された13種類のデザインから好みのものを選択することができます。デザインは標準のもの以外に、カーソルテーマ配布サイトに用意されたデザインをダウンロードして使うこともできます。

Seven Remix XP

WindowsXPのデスクトップをWindows7風にカスタマイズできるソフトです。Windowsマークのスタートボタン、半透明色のタスクバーなどWindows7のスタイリッシュなデザインに変更することができます。

まとめ

今回はWindowsのデスクトップデザインを自由にカスタマイズできるツール20選をご紹介いたしました。ご自身のパソコンのWindowsOSによっては利用希望のツールとOSが適さない場合もありますので、ご自身のWindowsOSとツールが適合するかどうかは必ず1度チェックして、進めてください。どのツールもスタイリッシュで自由度が高く、オシャレなデザインに変更することができます。せっかく自分のパソコンとして使っているのですから、標準のデザインだけでは物足りないですよね。たまに気分転換でデザインを変えたり、戻したり、今日はMac風ですとか、明日はWindows7風ですとか、日によって変えてみるとおもしろいですね。スマホのトップ画面を変える感覚でパソコンのデスクトップデザインも都度、変更していくことで、いつもより少しだけパソコンを開くことが楽しくなるかもしれません。初めてご存知になった方は、ぜひ、1度チャレンジしてみてください。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

e23cddedba00c063db7feb19728aee7e_t

iPhoneでテザリングを設定する方法と注意点

意外と知られていないテザリング …

Facebookでのご購読が便利です