Home / Microsoft / Windows / WindowsユーザーにおすすめしたいCSVファイルエディタ

WindowsユーザーにおすすめしたいCSVファイルエディタ

Pocket

6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s

今回は、WindowsユーザーにおすすめしたいCSVファイルエディタを8つご紹介いたします。

CSVファイルやTSVファイル、エディタ、など言葉自体を初めて聞いた方も、聞いたことはあるが意味がいまいち分からない方でも分かるように「CSVエディタとは?」「TSVエディタとは?」「エディタとは?」「WindowsユーザーにおすすめしたいCSVファイルエディタ」の項目に分けています。

初めて聞く方は、1番上の「CSVエディタとは」から読み進めてみてください。何れも有名なCSVファイルエディタばかりなので、既に利用されている方もいらっしゃるかと思いますが、まだ利用されたことがない方、初めて聞かれた方は、お時間ある際にでも目を通してもらい、ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

CSVエディタとは?

CSVとは、カンマ区切りのテキストファイル形式で、Excelでそのまま開くことができます。Excelがそのコンピューターにインストールされていなくても、CSV形式がサポートされているアプリケーションソフトがあれば、ファイルを利用することができます。CSV形式はテキストファイル形式なので、メモ帳でも開くことができます。

通常Excelで保存すると、拡張子は.xlsが付きますが、これは、Excelの専用ファイルであることを意味しています。このままではこの保存したファイルをWordで読み込むことはできません。しかし、Excelで【名前を付けて保存】する時にファイルの種類の欄で【CSV(カンマ区切り)】を選択して、拡張子.csvを付けて保存すると、この保存したファイルをWordでも読み込むことができるようになります。

Wordでファイルを開く時に、ファイルの種類の欄で【すべての種類】を選択し保存してあったCSVファイルを開くことができます。逆にこのCSVファイルをWordで編集し、【名前を付けて保存】する時にファイルの種類の欄で【すべての種類】を選択し、拡張子.csvを付けて保存すると、保存したファイルをExcelで読み込むことができます。

TSVエディタとは?

文字や文字列の間にタブ記号を挿入して区切りを設けること、または、そのようにして各データを区切って管理するファイル形式のことです。TSVは、表計算やデータベースのデータをテキストファイルで保存する場合などに利用されます。カンマによってテキストデータを区切るCSV形式と共に、よく利用されるファイル形式です。

TSVもCSVも共にテキストファイルとして扱うことができるため、テキストエディタなどで手軽に編集することができ、大容量のファイルも比較的開きやすいといった利点があります。表計算ソフトで開けば、セルをピンポイントで修正したり、行や列を随意に挿入したり削除したり、といった操作も容易です。

ExcelやOpenOfficeのCalcなどでは、文書を新たに保存する場合、ファイルの種類としてCSVは選択可能であるが、TSVは直接指定できないようになっています。CSVの区切りをカンマからタブに変更することで、TSVとして出力することができます。

エディタとは?

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

prt scより使いやすい!snipping toolの3つの機能

スクリーンショット用のソフトと …

Facebookでのご購読が便利です